あなたの健康はお金で買えますか・・・? 二日酔いになってしまった時の対処法
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

二日酔いになってしまった時の対処法  

・はじめに

二日酔い・・・頭痛や体のだるさ、吐き気など、本当に辛いものです。少しでも二日酔いの症状を軽減し、はやく回復したい!今回は、筆者がインターネットで調べた、二日酔いになってしまった時の対処法をご紹介します。

・どうして二日酔いになるの?

お酒を飲むと、アルコールは吸収されて血管を通って肝臓へ集められ、酵素によってアセトアルデヒドに分解され、さらにアセテート(酢酸)と水素に分解されます。

アセトアルデヒドを分解する能力が低いタイプの人や、処理能力が追いつけないほどの大量の飲酒によって、アセトアルデヒドが体内に残ってしまったときに「二日酔い」の症状が現れます。

アセトアルデヒドを早く分解することと、肝臓の機能を高めることが、二日酔いから回復するポイントになります。

・二日酔いになってしまった時の対処法

1: 水分を補給する

アルコールの摂取によって脱水症状になっているので、水分を多く摂るようにしましょう。脱水状態では、アルコールの代謝も遅くなってしまいます。

2: 適度なカフェインを摂る

十分に水分補給したら、利尿作用のあるカフェインを含むコーヒーや緑茶を飲んで、老廃物をはやく排出させましょう。カフェインはアセトアルデヒドの代謝も促進します。

3: ビタミンCを摂る

果物やサプリメントで、アセトアルデヒドの分解を促進してくれるビタミンCを摂りましょう。

4: タウリンを摂る

タウリンの多く含まれる食品は、魚介類です。しかし水溶性で煮たり焼いたりすると多くが失われてしまうので、一度の食事で必要量を摂るのは難しいものです。二日酔い対策としては、ドリンク剤が有効でしょう。

5: 軽い運動や入浴をする

二日酔いの症状が少し落ち着いたら、軽く体を動かしたり入浴をして、血流をよくしましょう。アルコール分解がさらに早まります。

・やってはいけないこと

1: 迎え酒

再びアルコールの作用によって、感覚が「麻痺」するので治ったように感じるかもしれませんが、さらに酷い二日酔いが待っているだけです。アルコール依存症にも繋がりますから、やめましょう。

2: サウナ

飲酒直後に、水分も十分に摂らないままサウナに入ったり、入浴することは危険ですからやめましょう。アルコールではなく、水分が体から抜けてしまいます。

・おわりに

アルコールの分解能力には個人差があります。自身の適量を知り、飲みすぎないお酒の席での過ごし方を考えて、上手な飲み方を身に付けたいですね。
関連記事




( 2018/07/17 04:53 ) Category ■二日酔い・アルコール依存症・禁煙・急性膵炎 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR