あなたの健康はお金で買えますか・・・? 人にはなかなか聞けない。見張りイボとイボ痔の違い
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

人にはなかなか聞けない。見張りイボとイボ痔の違い  

いぼ痔とは

「痔」は、肛門周辺の病気の総称なので、さまざまな種類のものがありますが、男女ともに、もっとも多いのが「いぼ痔(痔核)」です。

私たちは、ふだん意識をしていなくても、肛門から便が漏れ出たりすることはありません。これは、肛門の周囲を筋肉が取り囲んでおり、排便をするとき以外は、肛門を閉じているからです。しかし筋肉だけでは、肛門をぴったりと閉じることができないので、肛門とその奥にある直腸のつなぎ目周辺には、毛細血管が網目状に集まった「静脈叢(じょうみゃくそう)」という組織があり、隙間を埋めるクッションの役割をしています。いぼ痔とは、排便時のいきみなどによって、この静脈叢がうっ血し、腫れ上がった状態のことです。

いぼ痔の種類

肛門と直腸のつなぎ目は、ギザギザした歯のような形をしていることから「歯状線」と呼ばれています。いぼ痔の「いぼ」ができる場所が、この歯状線よりも直腸側のものを「内痔核」、歯状線よりも肛門側のものを「外痔核」といいます。

内痔核

内痔核は、自律神経に支配されていて、知覚神経がない直腸粘膜が膨らんでできるので、痛みはありません。しかし、直腸粘膜はやわらかいので、排便のときに、便にこすられて傷つき、出血しやすいという特徴があります。また、いぼが大きくなってくると、いきんだときに、肛門から飛び出すようになるのも厄介です。飛び出したいぼは、排便が終われば自然と中に引っ込みますが、症状が進むに連れて、指で押し込まないと戻らなくなり、最終的には、常に飛び出した状態になってしまいます。

外痔核

外痔核は、知覚神経が通っている肛門側の皮膚にできるので、ほとんどの場合、痛みをともないます。特に肛門周辺に、豆粒大の大きさの血栓ができる「血栓性外痔核」になると、排便時やスポーツなどでいきんだときに、激しい痛みを感じます。

見張りいぼとは

痔に関連するいぼには、もう1つ「見張りいぼ」というものもあります。痔によってできるいぼなので、いぼ痔が原因だと思うかもしれませんが、見張りいぼは、「切れ痔(裂肛)」によってできるいぼです。

切れ痔は、便秘などでかたくなった便を無理にいきんで出したときに、歯状線の外側にある肛門の皮膚が切れたり、裂けたりすることで起こります。切れ痔になっても、出血はそれほど多くはありませんが、排便で便が傷口を通るたびに、激しい痛みを感じます。このため、排便を我慢してしまい、余計に便秘になって、便が硬くなるという悪循環に陥ることがあるのです。

すると、排便のたびに、傷口が深く、大きくえぐれていくので、そこに便が溜まりやすくなり、細菌感染や炎症を起こしてできるのが「見張りいぼ」という突起です。
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/08/18 00:49 ) Category ■便秘・痔・膀胱炎・下痢・便失禁・過敏性腸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR