あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【がんに打ち克つレシピ】イチゴのカプレーゼ ビタミンC、アントシアニンなど高い栄養価
fc2ブログ

【がんに打ち克つレシピ】イチゴのカプレーゼ ビタミンC、アントシアニンなど高い栄養価

毎年この季節になると、子供たちがとっても楽しみにしている“おいしいイベント”があります。シーズン真っただ中のイチゴ狩りです! 私の住む静岡県は全国有数のイチゴの産地として知られ、「章姫(あきひめ)」や「紅ほっぺ」といったブランドは全国区の人気を誇っています。

 ここでちょっと豆知識。イチゴ狩りに出掛けるなら、晴れの日が続いた直後が狙い目。活発な光合成を繰り返しているので、甘みとコクが一層プラスされます。

 ということで今回は、イチゴをふんだんに使った「切って盛り付けるだけ」の簡単ディッシュ。豊富なビタミンCをはじめ、腸内の乳酸菌を増加させるペクチン、発がん性物質を抑制するアントシアニンと呼ばれるポリフェノールなど、イチゴの持つ高い栄養価をシンプルに吸収できます。

 もうひとつ、メーン食材に選んだのがブロッコリースプラウト。ブロッコリーの新芽のことで、カイワレ大根のような見た目が特徴です。現在、世界中で「次世代のスーパーフード」として注目されており、日本のスーパーなどでも頻繁に見かけるようになりました。しかも安いんです。

 強力な抗酸化作用があり、がんの予防につながる自己免疫力アップの効果が期待されています。

 旬のイチゴに世界が注目するスプラウトを組み合わせたディッシュ。こよいの食卓の名脇役に活用してみてください!

 【材料】2人分
 イチゴ 10個
 スプラウト 50g
 モッツァレラチーズ 100g
 [A]アマニ油 大さじ1
    レモン汁 大さじ1
    塩 適量
    ブラックペッパー 適量

 【作り方】
 1 イチゴは縦半分に、モッツァレラチーズは7mm半月型に切る。イチゴにモッツァレラチーズをサンドし、スプラウトを添え盛り付ける。
 2 1に[A]をそれぞれふりかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ。ボートレースリポーターを経て、現在は食育指導士、食空間コーディネーター、“超”時短調理研究家として活躍。ボートレースのトップ選手で胃がん闘病中の夫・今坂勝広を食でサポートしつつ、浜松市で「ラウラウキッチンスタジオ」を主宰。そのかたわら、オリジナル多機能お重「koquaコクア」も考案。3児の母。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
admax
="">
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ