あなたの健康はお金で買えますか・・・? 医療保険の保険料で女性のほうが得をする理由
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

医療保険の保険料で女性のほうが得をする理由  

前回は、医療保険は「入院日数に比例して給付金額が決まる」ことを説明しました。また、一般的に「女性のほうが男性よりも入院日数が長い」傾向があることもお伝えしました。

つまり、保険会社の立場から見れば、将来、入院給付金をより多く払う可能性があるのは女性ということになります。

そう考えると、医療保険の保険料は女性のほうが高くなるのが当然のように思えますね。しかし、実際はそうとは限らないのです。これはなぜでしょうか?

◆医療保険のシミュレーション
最近では、ウェブページ上で保険料や保障内容をシミュレーションできる保険会社が増えてきました。保険加入を検討するにあたって、実際に試したことがある人もいるでしょう。

ウェブページ上で医療保険のシミュレーションする場合、個人情報は性別と生年月日(または年齢)だけを入力すればよく、あとは保障内容を選ぶだけでOK。

ここでは、この機能を利用して、同じ年齢の男女で医療保険の保険料を比較してみました。

◆医療保険の保険料の男女比較
前提条件を、男女ともに同じ年齢で保障内容も同じ(女性特約などはなし)、入院日額は入院1日あたり5,000円、保険料の払い込み期間と保障期間は終身(=生涯)──としました。

また、契約した時の保険料は生涯変わることがないものとします。まずは25歳の場合を見てみましょう。

●X生命:女性1,597円/男性1,382円

●Y生命:女性1,539円/男性1,439円

●Z生命:女性1,550円/男性1,515円

◆25歳では女性の保険料のほうが高い
いずれも女性のほうがやや高いことがわかります。男女差が最も開いているのはX生命で、その差は215円です。

前回お伝えしたように、入院日数の平均は「男性31.3日、女性34.2日」。女性のほうが入院日数が長いことを踏まえると、この差は妥当と言えるでしょうか? 今度は、もう少し上の35歳の場合で比較してみます。

●X生命:女性1,822円/男性1,942円

●Y生命:女性1,784円/男性1,824円

●Z生命:女性1,870円/男性2,000円

◆35歳になると男性のほうが高くなる
35歳になると、今度は3社とも女性のほうが保険料が割安になりました。これはなぜでしょうか? この逆転現象が起こる理由のひとつに、保険会社が行った女性に対する市場調査が挙げられます。

「お得な商品を購入したい」とほぼ100%の人が回答しているのです。また、公式なデータはないものの、女性は30歳代半ばから「医療保険の加入を検討したい」というニーズが高まる傾向にあることを保険会社は把握しているようです。

私自身も日頃のファイナンシャルプランナーの活動で、そのような傾向を感じています。

◆女性の保険加入は35歳まで待つべき?
このような事実を知って、20代の女性の方は「医療保険への加入は、女性のほうがお得になる35歳まで待ったほうがいいかしら?」と思うかもしれません。しかし、この保険料は契約した時の額が生涯続きます。で

すから、今度は同じ保険会社で女性の25歳と35歳を比較してから、もう一度検討することをお勧めします。

<著者プロフィール>●大泉稔(おおいずみ・みのる)
ファイナンシャルプランナー。株式会社fpANSWER代表取締役、大泉稔1級FP技能士事務所主宰。1級FP技能士、生命保険大学課程、1種証券外務員。明星大学日本文化学部言語文化学科を卒業後、公務員、タクシー会社事故処理係、社会保険庁ねんきん電話相談員などを経て現在に至る
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/14 09:37 ) Category ■医療・保険法律等相談室 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR