あなたの健康はお金で買えますか・・・? 小児癌サバイバーの心臓病リスクを低めるためには?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

小児癌サバイバーの心臓病リスクを低めるためには?  

小児癌サバイバーの子供達の心臓を守ってあげて!米心臓協会が小児科医達に注意を呼びかけました。

18歳以下で放射線治療や化学治療を受けた子供たちが、大人になって心臓病になる可能性が、通常の数倍以上高いことは以前から知られていました。

しかし子供の時期でも、既に心臓病のリスクが高くなっているという新しい研究結果が、米心臓協会で発表されました。

研究の対象は、白血病や癌性腫瘍のために化学療法を受けた、18歳未満の男子と女子319人。診断から5年以上たった子供たちです。

子供たちが同じような年齢の208人の兄弟と比較された結果、10%近くの動脈機能の低下や、早期心疾患などが確認されました。

研究の結果、化学療法に含まれる、どの薬が心機能を弱めているかという特定はできなかったということです。

しかし、化学療法が子供にとって、心臓病のリスクを高めるのは事実です。

小児科医は癌治療が終わった後も、子供たちの心臓に細心の注意を払わなければいけない、と心臓協会は警告しました。

小児癌サバイバーの子供たちにとって、お医者さんはスーパーヒーローです。

治療が終わっても、子供たちの成長をずっと見守ってくれるスーパードクターでいてほしいですね。
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/15 17:31 ) Category ■健康・・医療対策・医の常識非常識 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR