あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「出てるよ!」を無くす鼻毛脱毛とは?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

「出てるよ!」を無くす鼻毛脱毛とは?  

●いつの間にか出ている鼻毛脱毛したい!

気になる女性とデートにこぎつけ、プランもしっかりと立てたにも関わらず、女性はずっと浮かない顔不思議に思い、トイレで鏡を見てみると、鼻毛が出ていた。

経験はなくても、ゾッとするようなエピソードだとは思いませんか。実際、いつの間にか出ていた鼻毛に恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないかと思います。

鼻毛カッターなどで処理をするのは面倒ですし、毎日するわけではないのでつい忘れてしまうことも多いでしょう。いっそのこと鼻毛を脱毛したい!という方もいらっしゃると思いますが、鼻毛の脱毛は他の部分と違って注意が必要です。

●鼻毛の脱毛はリスクが高い

鼻毛の生えている鼻の内部は、とてもデリケートで、脱毛による刺激で粘膜が傷ついたり、炎症を起こしたりしてしまう可能性が高く、鼻毛の脱毛を行うのは非常にリスクが高いです。

鼻の内部は暗く狭いため、熟練した技術を持つ医師でも皮膚を傷つけるリスクはゼロではありません。

また、鼻毛は呼吸の際に体の中に入り込もうとするゴミやウイルスを通さないためのフィルターの役目を担っています。

この鼻毛を脱毛してしまうと、このフィルターがなくなってしまいますので、様々な呼吸器系の疾患のリスクが高まります。これらのリスクから、脱毛クリニックでも、鼻毛脱毛だけは行っていないところが多いのです。

●どうしても脱毛したいなら

上記のようなリスクにより、正直、鼻毛は脱毛せず、鼻毛カッターなどでこまめに処理することをオススメしたいのですが、どうしても脱毛したい、という方も中にはいらっしゃると思います。

どうしても、という場合には、外に出やすいところに生えている鼻毛のみ針脱毛やレーザー脱毛により脱毛する、という方法が最も安全です。

これなら鼻の粘膜を傷つけてしまうリスクも最小限で済みますし、フィルターの役目をする鼻毛も残すことができます。

ただし、この方法でも施術を行ってくれるクリニックは少ないと思います。どうしても鼻毛を脱毛したい場合にはクリニックとしっかりと相談をし、リスクを認識した上で施術を行う必要があるでしょう。

鼻毛は外見的には恥ずかしい存在かもしれませんが、私たちの体にはなくてはならない役割を果たしています。ただ恥ずかしいから脱毛する、というのではなく、うまく付き合っていく方法を考えるのが最良の策なのではないでしょうか。
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/09/19 18:03 ) Category ■おしゃれ'(日焼け・頭皮ケア・薄毛・脱毛・縮毛矯正 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR