fc2ブログ
       

【今日のストレス明日の病気】伸び悩む売り上げ…部分的“完全ハゲ”が!「脱毛」  


小さなイタリアンレストランを経営するRさん(38)。不況のあおりで経営が思わしくない。そのせいか最近、“毛”も思わしくない。伸び悩む売り上げ、伸びる前に抜ける毛髪…。どっちが先に、ギブアップ?

 独立開店から数年。妻とアルバイトの3人で切り盛りできる小さな店だが、初めは好調だった。

 ところが、この1年ほどで客足はガタ落ち。不況の影は深刻で、以前は会社帰りによく訪れたOLたちも、最近では来てもランチという状況。

 店の家賃、食材の仕入れ費に加えて、自宅マンションのローンに子供の学費と、考えただけで頭が痛い。妻はランチが終わってから夜までパートに出るようになったが、現状では焼け石に水だ。

 そんな中で、彼の“頭”に異変発生。この半年で急速に薄くなってきたのだ。全体的にではなく、頭頂部から後頭部にかけて、部分的な“完全ハゲ”が散発している。

 「洗髪のたび、タオルで拭くたび、そしてブラシでとかすたびに、ごそっと抜け落ちていく。鏡で見えにくい部分なので、最初は無視していたんですが、今では触ると地肌の感触。その面積も日に日に大きくなっているようで…」

 なんとも気の毒になる話だ。この状況を水戸済生会総合病院副院長で皮膚科医の飯島茂子医師が解説する。

 「典型的な円形脱毛症。頭皮に栄養を送る血管が、ストレスなどが原因で攣縮(収縮)して血流不足に陥ると、その血管が支配する部分の髪の毛が抜け落ちてしまう。これが円形脱毛症。最初は10円玉大で、徐々に大きくなる。

人によってはそれがいくつかでき、一つひとつのハゲが大きくなって、つながってしまうこともあります」

 生薬で免疫機能を高めたり、頭皮に刺激を与える治療が行われるが、ストレスを解消しない限り根本的な解決は難しい。

 「脱毛という現象自体がストレスになっているので、すぐに治すのは難しい。時間をかけて改善していく姿勢が大切です」と飯島医師。

 こういう時は発想の転換。いっそのことスキンヘッドにしてひげでも生やせば、イタリアンのマスターっぽく見えるかも。お金のかからないことから試してみて、悩むなら店のことで悩んでください。そっちが解決すれば、髪はおのずと生えてくるでしょう。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ