あなたの健康はお金で買えますか・・・? 全国的に冷え込む今が春に移り変わる「立春」?カラダの冷えを克服するポイントは?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

全国的に冷え込む今が春に移り変わる「立春」?カラダの冷えを克服するポイントは?  

2月4日の「立春」は、この日を境に季節が春になっていくと言われる日です。しかし現実には、2月初旬は東京を中心に全国的に最も気温が低くなり、冷え込みが厳しい時期です。

冷え性の人に限らず、万病の元になる「カラダの冷え」は、健やかな毎日を過ごすためにも克服したいもの。身体を内と外から温めることで、「冷え」を撃退する方法をご紹介します。

◆「温め効果」の高い食材とは
身体を内側から温めるといえば、やはり食べ物。冬には色の濃い野菜や根菜を摂るのが良いとよく言われますが、根菜のすべてが身体を温めるとは限りません。

例えば、大根やゴボウはそのままでは逆に身体を冷やすとも言われているのです。

ただし、加熱することでその性質は緩和されるので、スープや煮物などにするといいでしょう。根菜は食物繊維を多く含むため、腸内環境を整える効果もあります。

◆カブとショウガの温めパワー
また、根菜の中で、それ自体の「温め効果」が高いことで知られているのが「カブ」と「ショウガ」です。カブはビタミンCやカリウム、消化酵素であるジアスターゼなどを含み、昔から「胃腸の冷え」を改善する食材と言われてきました。

また、ショウガはそのままでも温め効果の高い食材ですが、身体を芯から温めるには「乾燥ショウガ」がオススメ。ショウガをスライスして、天日に1日(室内干しの場合は3~5日くらい)干すだけで、温め効果が飛躍的にアップします。

◆「丹田」を温める
身体を外側から温める場合に注目したいのが、おヘソから指3本分ほど下におりた、お腹の中心にある「丹田」(たんでん)というポイント。丹田は、気やエネルギーの集まる場所と言われており、ヨガや気功、武道などでも重要とされています。

ここでお勧めしたいのが、その丹田に使い捨てカイロを貼って温める方法です。

おヘソの下の丹田の位置に市販のカイロを貼るだけの簡単な方法ですが、全身への「温め効果」が絶大なだけでなく、内臓を活性化させることから「むくみ」や「便秘」の解消にも役立ちます。

また、続けることで体温や基礎代謝が上がることから、ダイエットにも効果があると言われています。なお、低温やけどを避けるために、カイロを貼る際は下着やTシャツなどを挟み、肌に直接触れないようにしましょう。
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/10/20 23:14 ) Category ■女性の「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・下肢静脈瘤・経皮毒 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR