あなたの健康はお金で買えますか・・・? 美人はみんなやっている!「春先の冷え」には「●●を冷やさない」が、もはや常識!
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

美人はみんなやっている!「春先の冷え」には「●●を冷やさない」が、もはや常識!  

寒さも少しずつやわらいできました。そう、もうすぐ春です! ショーウインドウにはもう春物もたくさん並んでいますし、春らしいファッションを楽しみたくなりますよね。

…でも、この時期はまだまだ油断は禁物。まだそれほど気温が上がっていないのに、いきなり薄着になると身体を冷やしてしまいます。かといって、真冬じゃあるまいし、ブクブク着ぶくれするわけにもいかないですよね。

ではどうすればいいのでしょう。今日は改めて、「冷え」と「春先の対策」についてお話します。

◆冷えるとすべての身体の活動が鈍くなる
そもそも、身体が冷えるとなぜよくないといわれるのでしょう。いちばんの理由は、身体が冷えると「内臓が冷える」からです。

「内臓が冷える」ということは、「内臓の血行が悪くなる」ということ。内臓はすべて、血液によって栄養や酸素を補給されているので、血行が悪くなるとすべての生命維持活動が鈍くなってしまうのです。

「生命維持活動が鈍くなる」といわれてもなかなかピンと来ないかもしれませんが、つまりそれだけ老けやすく、病気になりやすい身体になるということなのです。

◆「冷え」が引き起こす具体的なトラブルとは
身体が冷えることによって引き起こされるトラブルは数えきれないほどあります。たとえば「便秘」。腸の働きが鈍くなると老廃物がたまりやすくなりますから、ニキビやしみ、肌あれなど「肌トラブル」も増えてきます。  

おまけに代謝も落ちてしまうので、「痩せにくい体質になる」のです。冷えの影響が子宮や卵巣に及ぶと、「生理痛」や「生理不順」、ひいては「卵巣や子宮のトラブル」にもつながりかねません。

それから…これはまだ正確に実証されているわけではありませんが、冷えが慢性化すると「うつ病」や「精神不安」になりやすいと主張する研究者もいます。

◆春こそ「あったか下着」と「腹巻」を活用しよう
では、これからの季節はどうすればいいのでしょう。いちばんいいのは「インナー類を活用する」ことです。いちばん手っ取り早いのは「高機能あったか下着」を活用することですが、これはもう、冬から実践している人も多いですよね。

冬が終わって春になっても、もうしばらく着続けましょう。それに加えて、これからの季節に特におすすめなのが「腹巻き」です。腹巻というと古臭い!と思う人もいるかもしれませんが、最近は薄くて見た目もオシャレ、しかもアウターに響かない腹巻がたくさん発売されています。

高機能あったか下着に腹巻をプラスすれば、かなり身体は冷えにくくなりますから、厚手のジャケットを着なくても寒さを感じることはありません。

◆カイロは「ただ貼ればいい」ってわけじゃない
「今日はあったかいだろうと思って薄着で外出したら意外に寒かった」なんていうときもありますよね。そういうときはコンビニでカイロを買って貼りましょう。 貼る場所にもコツがあります。

「片側の首のつけ根(背骨のいちばん上)」と「尾てい骨のあたり(背骨のいちばん下)」最低でもこの2か所。漢方学的には、この2か所から冷えが身体に入り込むとされているからです。日ごろから生理痛や下腹部の張りなどに悩まされている人は、この2か所に加えて下腹部にも貼るといいでしょう。

「カイロは熱くなりすぎるから苦手」という人は、ちょっと高いですが最近流行りの蒸気温熱タイプのシートもおすすめです。

◆「美人は足首を冷やさない」が、もはや常識
意外に見落とされがちですが、「足首を冷やす」のも女性とっては厳禁。足首には婦人科系のトラブルや美容・ダイエットに効くツボが集中しているからです。

対策としていちばんいいのは「靴下を履く」こと。靴下がイヤな人はレッグウォーマーでももちろんOK。

「え~! 靴下とかレッグウォーマーとかダサい」と思うかもしれませんが、菊川玲さんやベッキーさんなど、実は女性芸能人の多くは楽屋裏では必ず靴下を重ね履きしています。ベッキーに至っては、夏でも3~4枚の靴下を履いているという噂もあるほど。つまり「美人であればあるほど靴下を履く」のが常識なのです。

電車に乗ったり街中を歩いたりしているときはなかなか難しいかもしれませんが、せめてオフィスや家でのくつろぎタイムには絶対に靴下を履くようにしたいものです。

「今日は夜桜を見に行く」「夜遅くまで飲み会がある」などなど、「いかにも冷えそうなシチュエーションに行く予定がある日」は、パンプスではなく靴下をごまかせるブーツを履いていきましょう。

関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/10/21 12:47 ) Category ■女性の「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・下肢静脈瘤・経皮毒 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR