あなたの健康はお金で買えますか・・・? 手足の冷え性!その原因と対処法とは?
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

手足の冷え性!その原因と対処法とは?  

●末端冷え性の原因

冬場になると、「布団に入っても足先が氷のように冷たくて、なかなか寝付けない」なんてことがあります。そんな人は、「末端冷え性」を持っているかもしれません。

末端冷え性とは、手足の末端部分にうまく血液がまわらず、冷たくなってしまう症状のこと。その最大の原因は、体温を維持するための「熱」を十分につくり出せなくなっていることだといわれています。

私たちの体温を調節しているのは「自律神経」です。自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経があり、それぞれが、バランス良く交互に働くことで、健康を維持しています。

寒さを察知したときに優位に働くのは交感神経で、皮膚表面や末端部分の血流を悪くし、手足の先を冷たくすることで、体の中心部分の体温を正常に維持しようと働きます。

ところが、栄養不足や運動不足、基礎代謝の低下などで、体の中に熱量が不足していると、脳が熱を逃がさないようにと過剰防衛するようになり、交感神経ばかりが過敏に反応するようになるのです。

●末端冷え性を改善するには?

末端冷え性の人は、とにかく冷えきっている手先や足先などを温めようと思うかもしれませんが、それだけでは、根本的な解決にはなりません。熱をつくりやすい体にし、不足している体全体の熱容量を上げることが大切です。

そのためには、効率良く熱の材料になるタンパク質を積極的に摂取すること。タンパク質は、肉類や赤身の魚、卵、乳製品、大豆製品などに豊富に含まれています。

また、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げるために、運動をする習慣をつけましょう。ウォーキングやスクワットなど、軽い運動から始めてください。

また、働きすぎている交感神経を休めるために、意識的に副交感神経を優位に働かせる時間を持つことも大切です。

副交感神経は、リラックスしているときに活発になるので、少しぬる目のお湯にゆっくりと浸かったり、気持ちが落ち着くような音楽を聴いたり、深呼吸をしたりするなど、自分なりのリラックス方法を持ちましょう。

副交感神経が活発になれば、血管が拡がって、血流も良くなります。

(この記事の監修: 赤坂ビューティークリニック 院長 / 青山秀和 先生)
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/10/21 12:50 ) Category ■女性の「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・下肢静脈瘤・経皮毒 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR