あなたの健康はお金で買えますか・・・? 春の眠気に打ち勝つ3つの方法
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

春の眠気に打ち勝つ3つの方法  

ここ数日、全国的に春の訪れを感じるような温暖な気候が続いています。

「春眠、暁をおぼえず」という言葉もあるように、この時期は寝起きが悪くいつまでも頭がボーッとしていたり、昼間に強い眠気がやってきたりといった症状に悩まされる人も多いようです。

この季節にやってくる「睡魔」の正体と、その対処法についてご紹介しましょう。

◆この時期は「睡魔」がやってくるのが普通
春先に訪れる「睡魔」の正体でもっとも考えられるのが、自律神経の乱れに起因するものです。

「三寒四温」という言葉もあるように、この時期は気候や気圧の変化の「振れ幅」が大きいため、自律神経は対応するのに大忙し。

寒いときは緊張をつかさどる「交感神経」が優位になっていますが、暖かくなると心身をリラックスに導く「副交感神経」が優位になるという理由で、比較的気温が暖かくなる昼間に眠気がやってきてしまうのです。

ほかにも、眠気の原因としては身体の新陳代謝が活発になることがあげられます。

春先に全身の代謝や皮膚表面の血流などが活発になるため、逆に脳の血流は減ってしまうそうです。

そのため脳が酸素不足になり、眠くなってしまうというわけです。ただし、これらの症状は春先には一般的に起こることであり、特に心配する必要はないもののようです。

◆この時期の眠気には「日光浴」「仮眠」「ナッツ」で対処
とはいえ、仕事中に襲ってくる強烈な眠気や寝起きのツラさはなんとか改善したいもの。この時期の「睡魔撃退法」におススメの3つを抑えておきましょう。

●朝起きたら日光浴をする
朝起きて日光浴をすることで、覚醒をうながすホルモンである「セロトニン」が分泌され、体内時計をリセットしてくれます。これは、夜にスムーズな眠りにつくためにも有効な方法です。

●30分以下の仮眠を取る
どうしても眠いときは15分~30分の仮眠を取ってスッキリしましょう。ただし、30分以上の仮眠は「本格的な睡眠」になってしまい、寝起きにボーッとしてしまう可能性があるためNGです。

●ビタミンB1を摂る
自然な方法でスッキリと目覚めるには、ビタミンB1を摂るのがオススメです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えたり、脳に栄養を送るサポートをしたりしている栄養素なので、不足すると眠気やだるさの原因になってしまうそうです。

ビタミンB1を多く含む食品には豚肉や豆類などがあげられますが、この時期はオフィスでも手軽に食べられるナッツ類でビタミンB1を摂取するのもよいでしょう。

※「春眠、暁をおぼえず」=春の夜は短く、また気候もよいので、つい寝過ごしてしまうという意味。
関連記事

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/11/23 00:20 ) Category ■睡眠・不眠・眠気・いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR
トリカゴ