あなたの健康はお金で買えますか・・・? ノーパン睡眠健康法 ストレス、冷え、ホルモンバランスに効果
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

ノーパン睡眠健康法 ストレス、冷え、ホルモンバランスに効果  

世の中には様々な健康法があるが、そのなかに「脱パンツ睡眠」というものがある。つまり、ノーパンで睡眠するというものだ。

『「脱パンツ睡眠」がなぜ健康にいいのか』の著者で五輪橋産婦人科小児科病院院長の丸山淳士さんは、パンツによって一種の“拘束状態”にある人体は、交感神経が働いて緊張状態を作り出すという。丸山さんが解説する。

「夜間睡眠時にパンツをはいて寝ることで、当然睡眠は深度が浅くなり、性ホルモン、成長ホルモン分泌にも少なからず影響を与え続けます。

 40代女性では卵巣などの働きもピークを超えますので、脳下垂体からの刺激ホルモンの量も多くなりますが、パンツのストレスで疲弊している脳からは必要充分な刺激ホルモンを分泌することができなくなります。

疲労も改善されず女性ホルモン分泌も減少し、トラブルの元凶となります。

 無拘束での睡眠がベストであり、体温は人体から発する熱を空気の層で包む方が効率よい温かさを保つことができます。

皮膚は体温調節のアンテナになっていますので、一部でも閉鎖されていると温度、湿度調節がうまくいかなくなります。

シーツはいわば“肌着”。シーツに体全体を包んだ方が絶対に温かく、また、ホルモン類の分泌が盛んになり、体全体の清潔を保つこともできます」

関連記事

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/11/24 00:45 ) Category ■睡眠・不眠・眠気・いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR
トリカゴ