l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「決断できる人」をつくる睡眠の改善とは?
FC2ブログ

「決断できる人」をつくる睡眠の改善とは?

睡眠負債という言葉を聞いた事があるでしょうか。

わずかな睡眠不足がまるで借金のようにじわじわ積み重なることによって、命に関わる病のリスクを高めたり、日々のパフォーマンスを低下させることがあります。ある研究では、毎日6時間の睡眠が2週間続くと、2晩徹夜したことと同じ脳の状態になることが判明しました。 睡眠時間を改善するだけで健康を守り、仕事を攻める力が作りだせることをご存知でしょうか?

健康を守るための睡眠

睡眠不足は、心臓発作、脳卒中、二型糖尿病、肥満などが発生しやすく、東北大学の研究では平均睡眠時間が6時間以下の人は、7時間寝ている人に対して乳がんのリスクがおよそ1.6倍になることが分かりました。睡眠が足りないと、ストレスホルモンのコルチゾールが体内で過剰分泌されるので、ストレスが高くなります。感情的になったり、免疫力が低下して肌のハリを保つコラーゲンも破壊するため、外見も老けてみえ、自分の体を守る事が出来づらくなるのです。

更に、睡眠不足は空腹感が強くなり、満腹感を感じさせるホルモンのレプチンが減少するのでなかなか満腹になりません。1日に6時間未満しか眠らない人は、7時間から9時間眠る人と比較して、30%も肥満になる可能性もあるそうです。健康を守る睡眠とは、「それらの健康被害を食い止めるためには睡眠が大切」という重要性を感じ、睡眠時間の確保を生活のリズムに取り込むことです。.

仕事を攻めるための睡眠

私は企業の組織力向上の研修の一環として、メンタルヘルスケア(心の健康推進)の研修を行っています。心の健康維持のためには睡眠が必須ですので、睡眠に関する教育をするのですが、6時間以上の睡眠をとっている人は、ほとんどが判断力、集中力、コミュニケーション能力、作業遂行能力が増したと自己認識がある人でした。

もともと、医学的レベルでは何の問題も抱えていない人でも、睡眠時間の違いで脳の認知の機能にかなりの影響が出てしまいます。仕事を攻めるための睡眠とは、達成感のある仕事をするために睡眠不足による認知の影響を理解して、睡眠時間の確保を生活リズムに取り組む事です。

人間が何らかの行動をする時、前工程としてこの方向に進もうと思う決断力が必要です。決断力は、睡眠不足により大きく左右されてしまいます。決断力の鈍りにより、ビジネスや日常生活に弊害が出ることがあります。 睡眠を十分にとっただけでも判断力は高まりますが、即座に判断出来る人はある種の回路が脳内に整備されていて、瞬時に判断できるのです。その回路を鍛えるステップを作りましたので、ぜひ試してみてください。

瞬時に判断できる脳内の回路を作る方法

1、今、決断できてないことを決断し、前に進んだとしたらどんなに良い事が起こるか「良いことリスト」を出す。

2、決断できないことをそのままにしてしまう「言い訳リスト」を出す。

3、良いこと、言い訳リストを見て、それらが心に締める割合を10点満点で点数をつける。今日は良い事が7点。言い訳が8点。昨日は良い事が6点、いいわけが9点など。日々のストレス度や睡眠の度合いでスコアが変わるので、良い睡眠がとれた日のスコアに丸で印をつける。

4、1ヶ月間、丸をつけた睡眠がとれたときの決断の平均値と、睡眠が悪い時の決断の平均値を見比べてみる。

5、4の結果、睡眠の質が高いのに、言い訳のリストのスコアが高い場合は新たな行動をやめると決断しても良い。

決断は前に進むことだけが決断ではありません。やめて立ち止まることも決断の一つです。決断出来る人は1から5の回路を自動的に感覚的に脳内でこなしているのです。悩み続ける人は睡眠不足により、内容を吟味し、分類、集計し、判断する脳の機能が低下しているのです。

仕事を攻めるには睡眠が不可欠

ビジネスパーソンにとって仕事を攻めるために脳の機能を活性化させる睡眠は、不可欠なのです。私は、過去に「遊び方改革って何?忙しい人こそ知ってほしい遊びの効能」という記事で「遊び方」については提唱しましたが、その際に睡眠の重要性については語っていませんでした。基本的に睡眠は人間の機能をメンテナンスし、再起動させるスイッチですので、是非遊び方改革の一ページに入れてください。

遊び方改革を仕事の活力に還元させる質の高い睡眠のポイント

1、遊びに没頭するあまり、睡眠時間を削ってはダメ。7時間睡眠を確保。

2、睡眠時間を確保する事が基本であるが、確保できなければ瞬間的眠りであるマイクロスリープを電車の中やトイレなどでとる(乗り過ごしや熟睡に注意)

3、日中、体を動かし、体を疲れさせる事が大切。仕事をしすぎでの脳の疲労は、あれやこれやとぐるぐる考えて、脳を覚醒させてしまう。脳が疲れている時は、運動で体をも疲労させることにより、質の良い睡眠が得られる。

4、寝る前の飲酒はダメ。脳が麻痺するほど飲めば、眠りを誘発し眠くはなるが、アルコールが分解されて出るアセトアルデヒドという物質が交感神経を刺激し、眠りを浅くしてしまう。

5、寝る前のベットでのスマホはダメ。脳波は場所と行動をセットで記憶するため、ベットではスマホを見るところ、脳を覚醒させるところと認識し>てしまい、ベットに入っても眠れなくなってしまう。

6、寝る前は体を暖かくするためにカフェインの入っていない暖かな飲み物を飲み、光を暗くして、脳から眠りを誘発するメラトニンというホルモンを出しやすくする準備をすると良い(寝具は朝、体が痛くないと感じるものを選ぶ)。

7、寝ダメは睡眠の質の向上にはならない。長時間寝ているとその分遅くまで起きていられるため、体内のリズムは狂いがちになり、更に悪化すると昼夜逆転してしまう恐れもある。土日に昼夜逆転した生活をしてしまうと月曜日、朝なかなか起きれないで一日中だるく、仕事を攻める力が欠ける恐れがある。

睡眠時間と睡眠の質を一度見直してみてください。健康を守り、仕事を攻める力をより高めることが可能になります。遊び方改革の基礎力育成の一助として、是非睡眠改善のススメをご活用ください。
関連記事
自宅で簡単ケラチントリートメント
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
トリカゴ
   
カテゴリ