あなたの健康はお金で買えますか・・・? 高齢者のがん検診 過剰な検査でかえって命縮めることも
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

高齢者のがん検診 過剰な検査でかえって命縮めることも 

 定年後の幸福度はお金の損得だけでは測れない。しかし、決断ひとつで人生の最終章がガラリと変わることもある。

 たとえば健康面では、がん検診を受けるべきか、受けないべきか。

 定年後は病気が心配になり、毎年欠かさずがん検診を受けているという人も多いだろう。だが高齢者の場合、検査によって過剰な手術や治療を受けることになり、かえって命を縮めることもある。新潟大学名誉教授の岡田正彦医師は言う。

「前立腺がんなど、余命から考えると治療をしない選択をするケースも多い。検査で発見されてしまったがために、体力がない高齢者が手術や抗がん剤治療を受けると、かえって早く亡くなることも少なくない」

 実際にアメリカでは70代以上の「平均余命10年未満へのがん検診は控えるべき」という指摘が学会からもなされているという。

6種類以上を服用すると副作用リスクが急上昇

 薬を飲むか、飲まないかも、高齢者にとっては大きな決断だ。高齢になると高血圧や高脂血症、糖尿病、腰痛などさまざまな持病を抱え、服用する薬の種類も増える。

「『この薬は胃が荒れるから』といってそれぞれの持病の薬に加えて胃薬など副作用対策の薬を処方されるなどしていくと、種類がどんどん増えていきます。実際に75歳以上の高齢者で10種類以上の薬を服用していた人は27.3%に上るという統計がある(厚生労働省2014年12月の診療記録集計)。

 しかし、東大病院老年病科の研究(2012年)によると、70歳以上75歳未満の高齢者で6種類以上薬を飲んでいると副作用を起こす割合が10~15%にまで高まることが分かっています」(池袋セルフメディケーション社長で薬剤師の長澤育弘氏)

 とくに負担がかかるのが肝臓だという。

「薬を代謝する肝臓の機能は20歳をピークとすると、70歳時にはその6割、75歳だと5割にまで落ちている。その分、副作用が出やすくなるだけでなく、薬を飲みすぎることで肝臓に負担がかかり、さらに肝機能が落ちていく。“よく効いて眠れるから”といって睡眠効果のある薬を飲み、ふらついて転倒事故を起こすケースも多い」(同前)

 もし自分が薬を多く処方されているようなら、医師や薬剤師に相談しよう。


関連記事

◆病院◆クリニック◆リハビリセンター◆マッサージ◆サロン(アロマ ネイル 美容その他)◆レストラン◆ビジネス派でここで決まり!◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2019/07/06 11:52 ) Category ■がんへの備え・治療費など | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR
トリカゴ