fc2ブログ
       

関節が痛むのに、運動したほうがいいの? 専門医の答えは?〈dot.〉


加齢とともに増えていくのが腰や股関節、ひざなど「運動器」の痛みです。運動器とは、骨や関節、筋肉など、からだを動かすための部位のこと。運動器の痛みの治療は、「保存療法」と「外科的療法(手術)」に大別され、多くの場合、まずは保存療法をおこないます。好評発売中の週刊朝日ムック『首腰ひざのいい病院2020』では、千葉大学病院痛みセンター・センター長の大鳥精司医師と愛知医科大学病院学際的痛みセンター長の牛田享宏医師に取材しました。

 運動器の痛みの保存療法には、「薬物療法」「運動療法」「物理療法」などの種類があります。痛みを完全になくそうとすることより、痛みとうまく付き合いつつ、動けるからだやQOL(生活の質)の維持を目指すことが大切になります。

 千葉大学病院痛みセンター・センター長の大鳥精司医師はこう話します。

「痛みがある場合、薬物療法で痛みを抑えることから始めます。痛みが落ち着き、動かせるようになったら運動療法を始めるのが一般的です。痛みが軽い場合は運動をするだけで改善することもあります」

 運動器の痛みの治療に用いられる薬にはいくつかの種類があります。現在は主に、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)、解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)、神経障害性疼痛治療薬(プレガバリン)、弱オピオイド系鎮痛薬、抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などが使用されます。

 そのなかでも、比較的鎮痛効果が高く、安全性も高いとされているNSAIDsとアセトアミノフェンが第一選択薬です。ただし、痛みの原因によっては別の薬を使用することもあり、第一選択薬で痛みが改善されない場合には、別の作用をもつ薬、強い作用の薬に切り替えることもあります。

 どの薬を選択するかは、痛みの原因や症状の強さ、炎症の有無などにより異なりますが、医師がさまざまな状況を考慮して判断します。薬物療法とならんで保存療法の要となるのが運動療法です。運動療法とは、骨や関節を支える筋肉を鍛えることで、関節への負担を軽くしたり、痛みを軽減したりする治療法のこと。運動には、筋力強化に加え、関節の動きをよくしたり、筋肉をほぐして血行を促進したりというメリットもあります。

 一般的におこなわれる運動療法には、関節の動きをよくするための「可動域訓練」、筋肉をほぐすための「ストレッチ」、筋力を強化するための「筋力訓練」などがあります。全身運動として、ウォーキングや水中歩行などの有酸素運動も有効です。

 愛知医科大学病院学際的痛みセンター長の牛田享宏医師はこう話します。

「例えば腰痛を改善したいとき、腰だけでなく土台となる足や上半身も強くなければ腰を支えることができません。また、心肺機能を維持することも重要です。いくら痛みがなくなっても、心臓や肺が働かなければ元気に動くことはできないからです。そのためにも全身運動は非常に大切と考えられます」

 では実際、どのような運動をどの程度したらいいのでしょうか。

「日常の身体活動と病気予防の関係についての調査研究では、一日平均8千歩程度歩き、中強度の運動を20分程度している人が最も成績がよいというデータがあります。中強度の運動とは、ちょっと脈が速くなり、手が汗ばむ程度の運動といえます。最も手軽な全身運動としておすすめなのは、歩くこと。一日20分、真面目に早足で一生懸命歩くという習慣をつけるといいでしょう」

 あわせて、筋肉をほぐすストレッチも有効で、筋力アップのためには「ゆっくり動かすことで筋肉に負荷をかけるスロー運動がおすすめ」と牛田医師は言います。慢性疼痛ガイドラインでも、太極拳やヨガなどは慢性腰痛に対して痛みを軽くし、身体機能を改善する効果が期待できるとされています。

「よくいるのが『運動したら痛くなったからやめた』という人。運動習慣のない人が運動をしたら、最初は筋肉痛が出るのが当たり前。そこでやめてしまっては筋肉がつきません。痛かったら1~2日は休んでもいいですが、また続けましょう」(同)

 運動器の疾患や運動のしかたによっては痛みが悪化してしまうこともあるため、不安な場合は早めに整形外科医や理学療法士に相談しましょう。

(文・出村真理子)

◯監修
千葉大学大学院医学研究院整形外科学教授
千葉大学病院痛みセンター・センター長
大鳥精司医師

愛知医科大学医学部教授
愛知医科大学病院学際的痛みセンター長
牛田享宏医師

※週刊朝日ムック『首腰ひざのいい病院2020』から
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ