fc2ブログ
       

花粉症をどうしても根治させたい…舌下免疫療法を検討する


【身近な病気の正しいクスリの使い方】#7

だいぶ暖かくなってきました。春に気になる身近な病気といえば「花粉症」が挙げられます。日本人の花粉症の有病率は26・5%ともいわれるため、4人に1人がこの時季に憂鬱な日々を過ごしていることでしょう。

花粉症とはアレルギー性鼻炎や結膜炎の一種で、アレルゲンが体内に入ることで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといったアレルギー症状(炎症反応)を引き起こす病気です。スギ花粉によるものが代表的で、3月ごろから表れ始めますが、最近では地球温暖化の影響で時期が早まっているようです。

他にもヒノキやブタクサによる花粉症がスギの後にやってきます。北海道ではスギ花粉はまれな一方、シラカバによる花粉症が多いといったように、花粉症は植生によって土地柄があります。

花粉症の治療は、主に抗アレルギー薬による対症療法です。内服、点鼻、点眼など投与経路はさまざまですが、いずれにせよアレルギー症状を抑える薬を使います。抗アレルギー薬は副作用として眠気が起こることがあるので注意が必要です。

根治が不可能だった花粉症も、近年、舌下免疫療法(減感作療法)が開発され、治るようになってきました。「シダキュア」という薬はスギ花粉エキスを錠剤にしたもので、少しずつ体内にアレルゲンを入れることで体を慣らしていき、花粉症の根治を目指す治療です。治療は少しずつ進めることになるため、治療期間が最低でも2年以上かかりますが、煩わしい花粉症から解放されることを考えると、腰を据えて治療に取り組むのもよいかもしれません。

対応しているアレルゲンの種類はスギやハウスダスト(ダニ)に限定されており、治療を始めるには病院を受診する必要があります。花粉症を根治したいという方は、まず病院で相談してみて下さい。

(神崎浩孝/医学博士、薬剤師)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ