fc2ブログ
       

帯状疱疹が各世代で増加中 基礎疾患のある人と高齢者に重症化リスク


 乳児への水疱瘡ワクチンが定期接種となったことで、広い世代に帯状疱疹が増加中だ。帯状疱疹は神経節に潜伏している水痘・帯状疱疹ウイルスが免疫の低下により、活発化して発症する。激しい痛みと身体の左右どちらかに赤い斑点や水ぶくれが帯状に現われる。抗ウイルス薬で治療を行なうが基礎疾患のある人や高齢者は重症化リスクが高く、帯状疱疹後神経痛を患うこともある。

 帯状疱疹は80歳までに7人に1人が発症するといわれ、身体の左右どちらかの皮膚にピリピリした痛みを感じ、その後数日して赤い斑点や水ぶくれが帯状になって現われる。水ぶくれは、やがてかさぶたになり、痛みも消える。ただし、水ぶくれが破れると他人に感染させることもある。

 原因は子供の頃に罹る水疱瘡だ。水痘・帯状疱疹ウイルスは神経節に潜伏し続けるが加齢や過労、糖尿病やがんなどの慢性疾患により、免疫が低下するとウイルスは活動を活発化させて発症する。

 ちなみに水疱瘡と帯状疱疹の流行は逆相関にある。2014年に水疱瘡ワクチンが乳児に定期接種されるようになると水疱瘡に罹る子供は激減したが、同時に各世代に帯状疱疹が増え出したのだ。

 NTT東日本関東病院皮膚科の五十嵐敦之部長に聞く。

「水痘・帯状疱疹ウイルスは脊髄神経に潜んでいますが、宿主であるヒトの免疫が低下すると再び活動を始めます。そして、宿主がダメになるとウイルスも死に絶えるので、他人に感染し、新しい宿主を獲得しようと動き出します。水疱瘡に一度罹った大人は水疱瘡の子供と接触することにより、免疫力は上がりますが、ワクチン接種で子供の水疱瘡が激減したため、免疫力の再活性化が起こらず、帯状疱疹が増えているのです」

 帯状疱疹は重症化すると帯状疱疹後神経痛の原因となる。糖尿病などの基礎疾患のある人や高齢者は重症化リスクが高い。他にも顔面に赤い斑点が生じた場合は視力や聴力、味覚などの感覚に影響が出たり、表情筋にマヒが起こるなどの症状が出る。

 帯状疱疹の全身治療薬は現在、5種類の抗ウイルス剤が承認され点滴か内服で用いる。痛みが出ただけでは帯状疱疹の確定診断は難しいが、それでも赤い斑点が出てから48時間以内に服用すれば高い治療効果を得られる。強い痛みがある場合は神経ブロックを併用する。発症したら安静を保ち、水ぶくれは柔らかいガーゼなどを当て、他人にうつさぬように予防する。

「2016年に帯状疱疹予防に水疱瘡ワクチンが使えるようになりました。弱毒化したウイルスを用いた生ワクチンで、50代以降に1回接種すれば最低5年は帯状疱疹を予防できます。さらに2020年には不活化ワクチンが登場し、がんや膠原病で免疫が低下した、生ワクチンを使用できない方にも接種可能となりました」(五十嵐部長)

 不活化ワクチンとはウイルスの感染能力を失わせたものを原料に作成したワクチンのこと。2か月間隔で2回筋肉注射すると予防効果は50~69歳で97.2%、70歳以上でも89.8%と高く、帯状疱疹後神経痛の予防効果も88.8%だ。ワクチン接種は自費だが、自治体によっては助成制度が敷かれている。

取材・構成/岩城レイ子
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ