fc2ブログ
       

異常な盛り上がりを見せる中学受験でわが子をつぶす父親たちの傾向


コロナ禍の在宅勤務も相まって、子どもの中学受験に父親が積極的に関わる家庭が増えている。だが、中には熱心になりすぎて、かえって子どもの足を引っ張るケースも相次いでいるという。中学受験に詳しい安田教育研究所の安田理氏が、父親による受験参画の問題点をレポートする。

 * * *

 受験の“天王山”と言われる夏休み。不要不急の外出は避けなければならず、親子して家にいる時間が増えている。そんな中、周りから聞こえてくる声は、

「中学受験が異常に盛り上がっている」

「模試の状況を見ると、2022年度入試はさらに受験生が増えそうだ」

 といったものばかり。そんな危機感もあり、このところ講演会や合同相談会で目立つのが父親の姿だ。

平日の受験相談会に詰めかける父親
 長年中学受験の保護者向けに講演しているが、ひと昔前は目の前に座っているのはほとんどが母親だった。筆者も2人の子どもを中学受験させているが、当時は母親任せで、子どもの受験で会社を休むことなどありえなかった。

 だが、安田教育研究所を設立し、いろいろな新聞社・雑誌社の取材を受けている折に、記者自身の子どもの話を聞いていると、近年は2月1日・2日の受験集中日はふつうに会社を休む父親が多いそうだ。

 今年6月、渋谷のヒカリエで開かれていた合同相談会をのぞいた。平日にもかかわらず大企業のサラリーマンタイプの父親が詰めかけていたことに驚いた。リモートワークで家にいるから出てきやすいのだろう。

 同じ6月には、逗子の塾で、神奈川南部の私学の校長・教頭4名の先生とパネルディスカッションを行った。平日にもかかわらず参加者は父親・母親半々で、しかも終了後に質問したのはすべて父親だった。この塾ではかれこれ10年近くこうした機会を持っているが、これまではこんなことはなかった。

 パネルディスカッションの実施日は子どもの模擬試験の日だったため、来ている保護者は小5・小6が中心。だが最近は、子どもがまだ入塾していない小1・小2の保護者が参加するケースも増えている。子どもが小さいうちから受験に参画しているのである。

 今年受けた父親の質問には、「将来法学部に進ませたいと思っているのですが、慶應の普通部に進めば大学では問題なく法学部には行けるものでしょうか?」など、かなり突っ込んだ内容のものがあった。父親らしい質問であった。

「エクセル父さん」に足りないもの
 合同相談会で受験相談を受けることもあるのだが、エクセルで学校比較表を作成して持参してくる父親もいる。

 縦軸に学校名、横軸に各模試の偏差値、大学グループ(国公立、早慶、MARCH)ごとの合格者数、英数の授業時間数、長期休暇中の講習日数などの欄を設けた表を作成してくる。中には自分で項目ごとに5段階評価し、総合点を付けてくる父親も。

 6角形のレーダーチャートまで作成してきたケースもあった。子どもについても、模試での各科の偏差値推移を折れ線グラフにしてくるなど、受験対策の“凝り方”は母親では見られなかった現象である。客観的な数字で学校を評価することが好きで、また得意でもある。

 しかし、こうしたことに関心が集中していて、大切なことが漏れている。1つは数字にしにくい学校ごとの「生徒の育て方」や「価値観」であり、もう1つは「わが子に向いているのか」「わが子にどう育ってほしいのか」という子どもへの視線だ。

 いま多くの学校では、生徒がこれからのグローバル化社会、デジタル化社会を生きていくうえで必要なスキルを身に付けさせようと、「英語教育」「ICT(情報通信技術)教育」「STEAM教育(※注)」といった分野に力を入れている。そしてこれは保護者にも歓迎されている。が、これらは遅かれ早かれそのうちみな“標準装備”となるだろう。

※注/Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)といった教育分野の総称。

 筆者のように長年いろいろな学校と接してきた者からすると、真の学校の魅力は数字で表現されるもの、スキルの優劣ではないところにある。

「自校の生徒をきちんと見つめている」「思春期の難しさをきちんと理解している」「生徒の将来を考えて手を打っている」「いま歓迎される『面倒見』ではなく、主体性を育てるために『自立・自律』を促している」……など、日常的に工夫を積み重ねている学校に好感が持てる。父親にもぜひそうした目で学校を見てもらいたいと思う。

 また、これは父親に限らないが、受験生活が始まるといきなり学校探しを始めてしまう。しかし、肝心なことはその前にわが子を見つめることだろう。

「これまで育ってきた中で、わが子はどんなことに興味があり、どんな方向に伸ばすことが向いているのだろうか?」「これからの時代、わが子に持ってもらいたい資質はどんなものか?」「自分の人生経験の中で尊敬できる人はどういう人だった?」……など、わが子を視野に入れ、育て方に視点を置いてほしいということだ。

 まだ時間のある夏休みにこの2点についてご両親で考えてもらいたい。

高校野球の監督になってしまう
 会社の部下は部下といってもあくまで別人格。100%思うように動かすことはできない。だが、母親が強くなっているといっても家の中では父親はまだ“家長”。自分の思うように動かせる世界である。

 受験にあたり、ひたすら練習し、努力するのは子ども。子どもが父親を評価する場面はないが、子どもの成績は月例テスト、模擬試験のたびに親の目にさらされ、チェックされるというまったく不公平な状態といえる。

「2年以上塾に通っていて、こんな問題もできないのか。今まで何していたんだ!」

「こんな点では入れる学校なんかないぞ!」

「勉強しないんだったら受験なんか止めてしまえ!」

 父親に罵倒されても、子どもは成績が思わしくないという引け目があるから反発できない。

 そして父親が学習計画や段取り、日々の過ごし方まで口を出すようになる。自分が指示し、子どもはその通り動く。それで成果が出ると、醍醐味を感じてますますハマる。高校野球の監督は一度やると辞められないというが、まさにその状態になるのが中学受験に関わる父親の特徴だ。

職場での情報交換に一喜一憂する父親たち
 以前は子どもの受験は職場では隠していた。まったく休まない、遅刻もしないのだから周囲にも気が付かれない。だが、今は職場でふつうに情報交換する。

 地方出身で首都圏の中学受験事情に疎い父親が中学受験を経験している父親に聞くのはもちろん、息子は経験していても娘の経験がない父親が女子の受験について、進学校に入れている父親は付属校に入れている父親に……必要に駆られてというより、話題にすること自体を楽しんでいたりする。

 教材の進み具合、出来具合についてまでやり取りしているという話を聞いたときは、「それでどうするの?」と思ってしまった。子ども同士が父親の代理戦争をしているような状況まで見られたからだ。

 筆者が企業にいた時の話だが、教育関係の仕事をしていたので社内の誰それの子が「〇〇中に受かった」、「××学園に入学した」という話はよく耳にしていた。当時は概して仕事熱心でなく早くに帰宅していた人の子のほうが難しい学校に合格していた。

 今でも強烈に覚えているケースがある。

「△△さんのところ、上が桜蔭で、下が今年開成に合格だなんてすごいですね。奥さん、よほど優秀なんですね」と陰で噂されていたことだ。

 塾のママ友の間では子どもの受験結果が判明してから口を利かなくなったという話をよく耳にするが、進学先が別になれば口を利かなくても済む。だが、会社ではそうはいかないだろう。社内ではあまり情報交換しないほうがいいのではないかと思ってしまう。中高時代の友人、大学時代の友人のほうが無難ではないだろうか。

中学受験経験者の父親が陥りやすい「悪循環」
 もっとも最近は自分自身も中学受験経験者という父親が多くなっている。数十年以上も前に中学受験しているくらいだから恵まれた環境で育ち、成績もよかった人たちだ。といって今ほど長期間、長時間の勉強は必要ではなかったため、父親の実母がつい口を滑らせてしまう。

「お父さんは塾に週3日くらいしか行かなかったけど〇〇中(御三家)に一発で受かったわよ」

 いまや週5日、日曜も特訓講座に通っている子ども、母親にすれば当然面白くない。父親も当時とはまるで状況が違うことを理解していない。「自分の子どもなんだからできないのは努力が足りない」としか思わない。

 受験校も自分の卒業校レベルを思い描く。視野に入っているのも会社の同僚たちと世界が狭いから、世の中にはものすごく幅のある学校が存在することを知らないし、関心が向かない。子どもは親とは違うことを認めずに一直線で子どもに当たると子どもはつぶれてしまう。

 母親は、子どもの公園デビューの日から自分の子どもと他人の子とを常に同じ視野に入れながら子育てしてきている。そうした中で、よその子のすごさを感じたりして、自分の子どものスケール観、現実みたいなものも何となく感じている。

 だが、父親はふだん他人の子と接する機会がないから、わが子しか見ていない。自分同様優秀なはずだと思い込んでいる。また自分自身が仕事ができる人間と思っているから、受験においても仕切ってしまう。

 その結果、子どもの主体性、積極性が育たないことになる。ここが育っていない子どもは自発的に動かないので、父親はさらにイラつき、焦るという悪循環に陥るのである。

父親が決めた学校はすべて不合格
 最後にとある塾の先生から聞いたケースを紹介してこの稿を終わりにしたい。

「お父さんが受験校まですべて決めていました。ところが、お父さんが決めたところは2月1日、2日、3日とすべて落ちてしまいました。

 お父さんは激怒し、もう受験させるつもりはないと言い出しました。お母さんはこのままでは子どもの人生にとって良くないと、3日の夜に塾に相談に見えました。ここまで来たら、お子さんの意思が重要です。お子さんに判断させたらどうでしょうとアドバイスしました」

 翌日、子どもは「もう1校だけ受けさせてください。そこもダメだったら公立に行きます」と父親に頭を下げて頼んだ。そして自分で選んだ学校を5日に受験。結果は……見事に合格だったそうだ。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ