あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【太って見えるのは…たるみが原因かも?】加齢による「下半身たるみ」を引き締めるエクササイズ2選
fc2ブログ

【太って見えるのは…たるみが原因かも?】加齢による「下半身たるみ」を引き締めるエクササイズ2選

久しぶりに鏡に全身を映してみたら、「なんだか前より体型が崩れたかも…」とがっかりした経験はありませんか?今日は、40代からのダイエットについてのお話です。
-------------------------
40代になり、久しぶりに鏡に全身を映してみたら、「なんだか以前より体型が崩れてきたかも……」とがっかりした経験はありませんか?

食べ過ぎが原因と勘違いし、焦りから食事を減らしていませんか? 実は、これが【老け】に追い討ちをかけているかもしれません。

ダイエットの落とし穴でもありますが、体型が崩れて加齢を感じさせるようになったのは、「体形」が変わったから。単に「体重」が増えたと思い込んで【食べる量】を減らしても体は引き締まりません。

もちろん、体型を整えるために食事を調整することは必要ですが、食事を減らすだけできれいにやせることができるのは10代・20代まで。これ以降の年齢になったら、単純に食べる量だけを減らす食生活を続けていると、体を引き締める役割を持つ筋肉が落ちてしまい、たるんで老け感が増してしまう可能性もあるのです。

「体型が崩れてきたな」と思ったら、もう一度、よく全身を鏡に映して見て、チェックしてみましょう!
お腹がぽっこり出ていたり、背中の肉がたわんでいたり、腕がたぷたぷしていませんか? 体重は変わってないのに、すんなり着られた服が入らない…など思い当たりませんか?

一見、太ったと思い勝ち考えがちですが、太ったのではなく「たるんでいる」のかもしれません。

残念なことに筋肉は加齢とともに落ちていき、40代になるとの20代のころより10%以上も減ってしまいます。この加齢による筋肉量の減少を【サルコペニア】といいます。普段から運動不足なのに、痩せようと食事の量を減らすと、筋肉の材料となるタンパク質が不足して、筋肉がさらに減ってしまいます。

加齢とともに筋肉量が減ると、姿勢がくずれ、皮膚がたるみ、見た目の老化が進むうえ、腰痛や肩こり、冷えなどの不調も起きやすくなります。なので、筋トレで筋肉の強さを保つことはとても重要。代謝を上げるためにも必要です。ストレッチと筋トレを習慣にして、しなやかさと強さを保つことが、20代からのボディを健康で美しく保つ秘訣なのです。

加齢でたるみやすい下半身を引き締めるトレーニングをご紹介します。ズボンが緩くなった!お尻が痩せた?も要注意。お尻が垂れているサインかもしれません。若々しい体型をキープするために、まずはヒップアップを目指しましょう!

お尻・腰回りのたるみを引き締めるエクササイズ
1.うつ伏せで肘をついて上体を起こします。脚は腰幅に開きましょう。

2.つま先を伸ばし、骨盤は床につけたまま、脚を持ち上げ、下ろします。リズミカルに10回行います。

3.ももを浮かせたまま、膝の曲げ伸ばしを10回、リズミカルに行います。反対側も行いましょう。

膝上のたるみを引き締めるエクササイズ
膝上も加齢と共にお肉がついたり、たるんだりしやすい部分。意識的にトレーニングして、スッキリした印象の脚をキープしましょう。

1.手を後ろについて膝を曲げて座り、片足のつま先を伸ばし、少し床から浮かせます。

2.そのままつま先の曲げ伸ばしを10回行いましょう。

3.左右の膝の高さを揃えて脚を持ち上げます。この状態でつま先の曲げ伸ばしを10回繰り返します。反対側も行いましょう。

今日から、体重を減らすことではなく、体を引き締めることを意識してみましょう!

ライター/ひるかわえみこ
劇団四季にて数々の舞台でメインキャストとして出演。ヨガ、フィットネス、エステを学び、現在はヨガインストラクター/モデルとして活動。 自身がダイエットに悩み15キロ痩せた経験から、【自分だけのベストバランスを手に入れる】をテーマに、女性のキレイを応援する動画を配信している。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
admax
="">
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ