fc2ブログ
       

高血圧は「若い頃の運動量」と関連が どのくらい運動すれば予防になる?


心筋梗塞や脳卒中の原因にもなる高血圧。高血圧が若い頃の運動量と関連することが研究でわかりました。どのくらいの運動をするのが良いのでしょうか。

この記事を要約すると…
・アメリカの研究で、高血圧を予防するためには、若い頃に高いレベルで運動し維持することが重要と示唆された。
・週5時間の運動をしている人は高血圧のリスクを大幅に低下させ、特に60歳まで運動習慣を維持した場合には、その効果が大きいことがわかった。

※この記事は、M3 USAが運営する米国医師向け情報サイトMDLinxの記事「Here’s how much exercise works best for keeping your blood pressure in check」を自動翻訳ツールDeepLで翻訳した記事です。内容の解釈は原文を優先ください。

心臓の健康のための運動は、人生の早い時期にピークを迎えないようにしたいものです。新しい研究によると、年齢を重ねても高血圧から身を守りたいのであれば、中高年になっても運動レベルを維持し、長い目で見ていく必要があります。

しかし、社会的な要因によって、これが他の人よりも難しい人もいることが、米国の4つの都市の5,000人以上を対象とした研究で明らかになりました。

「研究著者であるカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の疫学者Kirsten Bibbins-Domingo氏は、「10代や20代前半の人は身体活動が活発かもしれませんが、こうしたパターンは年齢とともに変化していきます。

運動が血圧を下げることは多くの研究で明らかにされていますが、今回の研究では、高血圧を予防するためには、「若い成人期に、これまで推奨されていたよりも高いレベルで身体活動を維持することが、特に重要である可能性が示唆されました」とBibbins-Domingo氏は述べています。

高血圧は、世界中で何十億人もの人々が罹患している深刻な疾患です。高血圧は、心筋梗塞や脳卒中の原因となるだけでなく、後年になって認知症を発症する危険因子でもあります。

世界保健機関(WHO)によると、男性の4人に1人、女性の5人に1人が高血圧であるとされています。しかし、高血圧のほとんどの人は自分が高血圧であることに気づいていません。そのため、高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれています。

しかし、高血圧を好転させる方法はあります。今回の研究では、運動に焦点を当てました。

この研究では、5,100人以上の成人が募集され、身体評価と運動習慣、喫煙状況、アルコール摂取量などのアンケートにより、30年間の健康状態を追跡しました。

各臨床検査では、血圧を1分間隔で3回測定し、データ分析のために、参加者を人種と性別で4つのカテゴリーに分類しました。

その結果、18歳から40歳までの間に、男性、女性、人種を問わず、身体活動量が低下し、その後の数十年間で高血圧率が上昇し、身体活動量が低下していることがわかりました。

研究者らは、この結果から、中年期の高血圧を予防するために、運動量を増やす健康増進プログラムを実施するには、若年層が重要な窓口であることが示唆されるとしています。

UCSFの若年成人医学の専門家である筆頭著者のJason Nagata氏は、「若年成人期の参加者の半数近くが最適ではないレベルの身体活動を行っており、それが高血圧の発症と有意に関連していたことから、身体活動の最低基準を引き上げる必要があることがわかりました」と述べています。

成人期初期に、現在成人に推奨されている最低量の2倍である週5時間の中等度の運動をしていた人を調べたところ、このレベルの活動は高血圧のリスクを大幅に低下させ、特に60歳まで運動習慣を維持した場合には、その効果が大きいことがわかりました。

研究者らは論文の中で、「現在の成人の最小(身体活動)ガイドラインの少なくとも2倍を達成することは、単に最小ガイドラインを満たすよりも、高血圧の予防に有益である可能性がある」と書いています。

しかし、人生の転機となる決断や責任感の高まりの中で、毎週の身体活動量を増やすことは容易ではありません。

「特に高校卒業後は、大学進学、就職、子育てなどで身体活動の機会が減り、余暇の時間が減ることが考えられます」と永田教授は述べています。

また、黒人男性と黒人女性は、白人男性と比べて、健康状態が大きく異なることも明らかになりました。40歳の時点で、白人男性と女性の身体活動レベルは横ばいであったのに対し、黒人参加者の活動レベルは低下し続けていました。

45歳までに、黒人女性の高血圧率は白人男性を上回り、一方、白人女性の高血圧率は中年期まで最も低かった。

また、60歳までに、黒人男女の80~90%が高血圧であったのに対し、白人男性では70%弱、白人女性では約半数でした。

研究チームは、このようなよく知られた人種間の格差は、多くの社会的・経済的要因によるものだとしています。この研究では、高校教育については言及されていますが、これらの要因は評価されていません。

永田教授は、「黒人男性の若者はスポーツへの参加率が高いかもしれませんが、社会経済的要因、近隣環境、仕事や家庭での責任などが、大人になっても運動を続けることを妨げている可能性があります」と述べています。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ