fc2ブログ
       

「お金を貯めたくても貯まらない…」私たちが失敗した貯金方法の落とし穴


 先行き不透明な時代、不測な事態や将来の備えとして少しでもお金を蓄えておきたいもの。順調に貯金できている人もいるだろうが、その一方で、貯めたくても貯金の方法が自分に合っておらず、貯金できないどころか、かえって散財してしまう人もいるようだ。そんな「貯めたくても貯まらない」経験をした人たちは、どこで失敗しているのだろうか?

銀行に小銭を入金する時に手数料が!

「余った小銭を貯金箱に入れれば、お金が貯まるのではないかと単純に考えていました。500円玉貯金はハードルが高いけど、全硬貨対応ならイケるかなと」

 そう明かすのはメーカーで働く30代女性・Aさんだ。財布を三つ折りに変えたAさんは、小銭入れのスペースが非常に小さくなったことから、「財布に小銭を溜めっぱなしにしない」ことを決めた。それがおつり貯金の第一歩だった。しかし、それが裏目に出てしまったという。

「思ったより小銭が貯まらないので、次第に何を買うにも現金派になっていました(笑)。キャッシュレス決済が多くなったことで小さい三つ折り財布にしたのに、完全に本末転倒です」(Aさん)

 さらには貯まった後の小銭の処理を想定していなかったため、一苦労があったという。

「私が利用する銀行では、枚数が多くなると、硬貨を入金するのに手数料はかかるようになっていました。そのわりに想定額よりもかなり少なく、あまり貯まっていなくて……。今は貯金箱は全然使っていません。私には、天引きで貯金されて、天引き後の額でのやりくりするみたいな方法が合ってるんだなと思います」(Aさん)

スマホゲームに「課金したつもり貯金」で失敗

「つもり貯金」が失敗に終わった人もいる。PR代理店で働く30代男性・Bさんは、「スマホゲームに課金するせいで貯金できない」と考えて、対策を講じた。

「ゲームで戦力的に十分であっても、あれこれ理由をつけて課金してしまっていたので、課金したつもりで、その分を貯金できないかと考えました。考えたのは、新キャラが登場するたびに、YouTubeでガチャ動画を見て、ガチャを回したつもりになって貯金する方法でした」(Bさん)

 Bさんが「課金したつもり貯金」を始めてから3か月が経ったところで、事件が起こった。

「せっかくそれまで我慢していたのに、私の好みにドンピシャなキャラが登場したことから、理性が壊れてしまいました。しかも久しぶりに課金したのに、お目当てのキャラが手に入らず……。

 そもそも本気で貯金したいなら、スマホゲームを引退すればいい話なのですが、それは無理。やっぱり月々数千円くらいの課金は娯楽費として僕には必要なのかもと思い、今よりも安い家賃の家に引っ越すとか、サブスクを解約するとか、何らかの固定費を削減して、その分を貯金にまわそうかなと考え中です」(Bさん)

支出を減らすんじゃない。収入を増やせばいい

 支出を減らしてお金を貯めることを諦めて「収入を増やす」という考えに至った人もいる。IT企業で働く30代男性・Cさんは、今の給与からお金を貯めるのではなく、収入を増やせば自然に増加分はお金が貯まるはずだ、と考えて実践を試みた。

「平日は会社で働き、土日や祝日は副業やアルバイトをしていた時期がありました。確かに収入は増えましたが、体だけでなく精神も悲鳴を上げてしまい、半年でギブアップ。確かにお金は少し貯まりましたが、疲れた後に暴飲暴食して出費も増えました。さらには腰痛持ちになったことで、医療費までかかるという結果に……。現在は、少し余裕ができた分を投資に回しています」(Cさん)

 貯金の失敗にも、いろいろなケースがあるようだ。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ