あなたの健康はお金で買えますか・・・? 自由診療歯科医が教える歯のケア(1)フッ素入りジェルで磨き水でゆすがない
fc2ブログ

自由診療歯科医が教える歯のケア(1)フッ素入りジェルで磨き水でゆすがない

「健康で長生きしたい」と願うなら、理にかなった生活習慣を身に付ける必要がある。ならば、体が変化した今と若い頃とでは生活習慣や治療法を見直すことは当然だ。

 そこで、会社員の多くが一線から身を引く60歳を起点にどのような事柄を見直すべきなのか、さまざまな分野の専門家に指摘してもらう。初回は自由診療歯科医で「八重洲歯科クリニック」の木村陽介院長に「歯磨き」について聞いた。

 どんなにしっかり歯を磨いていても、年を重ねると誰しも歯肉がやせて下がっていく。長年の食事での噛み方や知らぬ間に身に付いた歯ぎしり、食いしばりなどで歯列も乱れる。当然、歯の磨き方も変えるべきだ。

「歯列がきれいで、歯と歯に隙間がなく、歯がピンク色でプリプリの歯肉に覆われ、細菌などから身を守ってくれる唾液がタップリ出ていた若い頃は、少々乱暴な歯磨きでも虫歯ができなかった人もいるでしょう。しかし、中高年は歯を守っていた、こうした機能が衰えてきて、ちょっとしたことですぐに虫歯ができてしまいます。その意識がないのは、多くの中高年は虫歯ができても痛みが出にくく、気がつきにくいからです」

 若い頃の虫歯は、目につきやすい歯冠、それも歯面にできやすいのに対し、60歳では歯肉が下がることで外からは見えにくい歯肉と象牙質がむき出しの歯根に隙間ができ、そこに虫歯ができる。

「歯は表面からエナメル質→象牙質→歯髄(神経)という3層構造になっています。歯肉と歯根との隙間ではエナメル質が象牙質を覆っておらず、食べカスがたまりやすい。そのため、虫歯ができ、簡単に歯髄に到達してしまう。結果、歯の根元の部分がダメになってしまうのです」

 では、歯磨きの仕方はどのように変えるべきか?

「まず、食後の歯磨きの前にフロスか歯間ブラシを使って歯と歯の間の食べカスをかき出すこと。そのうえで歯磨きをします。注意したいのは中高年は必ずフッ素入りの歯磨きジェルを使うことです。このとき、歯磨き後の水でのすすぎはしないで、吐き出すだけにしましょう。さらに、寝る前にフッ素入りの洗口液で口をゆすぐのがいいでしょう」

 そこまでやる必要があるのか、疑問に思う向きもあるだろう。

「年を取って歯列が乱れたり歯肉がやせると、歯磨きでは届かない部分が多くなり、唾液の質も変わって細菌などに対する防御力も低下します。それを補うには若い頃と同じ歯磨きだけではダメなのです」
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
QRコード
QR
★★互助会推薦★★
カテゴリ
ランキング
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ