fc2ブログ
       

離婚して支給が停止した加給年金は、その後、一生もらえないのでしょうか?


今回は、離婚してもらえなくなった加給年金についてです。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。

Q:離婚して加給年金が支給停止に。もう一生もらえないの?

「離婚して加給年金が支給停止になってしまった場合は、今後、一生もらうことはできないのでしょうか?」(匿名希望)

A:離婚をして支給停止となった加給年金額は、その後、一生もらうことはできません

まず加給年金額とは、厚生年金保険の被保険者期間が20年(240カ月)以上ある厚生年金の加入者が、65歳に達した時点で、生計を維持している65歳未満の配偶者(前年の収入が850万円未満であること。または所得が655万5000円未満であること)または、18歳到達年度の末日までの間の子、または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子がいる等の要件を満たしたときに、加算される年金です。

加給年金額をもらえていた人が離婚した場合、支給停止になります。またその後、再度加算されることはありません。なぜなら、加給年金額がもらえるかどうかの判断は、厚生年金保険の被保険者期間が20年(240カ月)以上ある人が65歳に達した時点での家族構成が判断基準となるためです。

加給年金額をもらっていた人が離婚をし、その後結婚をして配偶者ができたとしても、加給年金額がもらえるか判断される65歳をすでに超えています。したがって、65歳以降の再婚後に、加給年金額が加算されることはありません。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)


関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ