あなたの健康はお金で買えますか・・・? 『週刊現代』元編集長が語る変形性股関節症の過酷さ 発症から“卒業”まで
fc2ブログ

『週刊現代』元編集長が語る変形性股関節症の過酷さ 発症から“卒業”まで

 痛みでうまく歩けない、靴下が履けない、夜も眠れない──元『週刊現代』の名物編集長・加藤晴之氏(66才)が悶絶したのが「変形性股関節症」だ。 【写真&図解】名物編集長・加藤晴之氏の手術後の傷痕。他、股関節のセルフチェックリストなども

 脚の付け根にある左右の股関節は人体で最も大きな関節で、骨盤と大腿骨を繋ぐ“要”。周囲には大腿四頭筋や内転筋などがあり、「立つ」「歩く」「座る」など下肢を大きく動かす際に重要な役割を果たしている。

その股関節の軟骨がだんだんすり減って変形したり、骨同士がこすれて炎症を起こしたりする病気が変形性股関節症だ。加藤氏は言う。

「手術前は左の股関節が曲がらなくて、靴下を履くのも大変でハアハア言うようになった。足の爪を切ることも靴紐を結ぶこともできなくなりました。鎮痛剤を飲まないと痛みで眠れなかった。もっと早く手術を受けていれば、そう今は思いますよ」加藤氏は今年1月に左の股関節を人工股関節に換えたが、「痛みがなくなった」と言う。

股関節の痛みに襲われたのは講談社を60歳で退職し、フリーランスとして活動を始めた2017年頃。友人と計画した富士登山に向けてのトレーニングがきっかけだった。

「ジムの階段状のマシンで激しく運動したら、左の股関節がものすごく痛くなった。近所の整形外科を受診したら『変形性股関節症』と診断され、医師に『左股関節の軟骨がほとんどない』と告げられました。その際は、『鎮痛薬しか治療法はない』と薬を処方された。旧知の理学療法士に相談しても、『股関節周りの筋肉をほぐすくらい』と言われました」(加藤氏)

 その後、痛みが和らいだが、1日1錠の痛み止めの服用は続けたという。転機はコロナ禍だった。

「コロナ禍で運動不足になって体重が少し増えたせいかもしれません。2020年夏頃に痛みがひどくなり、鎮痛剤を追加しました。それでも痛みは治まらず、ついに股関節がほとんど曲がらなくなり、片足を引きずって歩くようになった。その姿を見た知人の勧めもあり、今年、手術を決断しました」(加藤氏)

 手術にあたって重視したのは、執刀する医師の“腕”だった。

「人工股関節の手術は医師の練度と手先の器用さなどで差があると思ったのです。それで症例数が多く一般向けにも解説記事を書かれている先生(済生会横浜市東部病院の船山敦医師)に連絡しました」(加藤氏)

 この「人工股関節置換術」とはどんな手術なのか。川崎医科大学附属病院整形外科教授で股関節外科が専門の三谷茂医師が解説する。

「50歳以上の患者さんで軟骨が失われた場合は、骨盤側の寛骨臼というお椀状の骨と大腿骨の両方に人工物を入れます。傷んだ関節を、金属やポリエチレンで作った人工関節に置き換えるものです。軟骨が残っていれば大腿骨を削るなどの『骨切り術』もありますが、股関節の痛みに我慢を重ねて症状が悪化したあとは、人工関節しか選択肢がなくなってしまいます」

 加藤氏は1月の手術後、退院後も週1回のリハビリに通い、3月中旬に“卒業”できたという。

「今は1万歩歩いても痛みはなく、股関節はよく動いて腰も良く回ります。歩くのも苦痛だったのが、スイスイ歩けて快適で、主治医からは『もうゴルフに行ってもいい』と言われています」(加藤氏)

 主治医からは、今後は手術の必要性は低いと言われているという。

「今の人工股関節の耐用年数は20年以上なので、入れ替えなどの必要もないだろうとのこと。もし右の股関節が痛み出したら、すぐに手術をしようと思います。我慢しても良くはならないことがわかりましたから」(加藤氏)

※週刊ポスト2022年5月20日号
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ