あなたの健康はお金で買えますか・・・? 銀歯は古い!? デジタル技術で変わる歯科医療 歯科医療の現場にもウクライナ侵攻の余波 腐食でイオンが溶け歯茎に黒ずみ 金属アレルギー発症の恐れも
fc2ブログ

銀歯は古い!? デジタル技術で変わる歯科医療 歯科医療の現場にもウクライナ侵攻の余波 腐食でイオンが溶け歯茎に黒ずみ 金属アレルギー発症の恐れも

ロシアによるウクライナ侵攻の余波で日本の歯科治療の現場が揺れている。銀歯の材料の一つであるパラジウムの値段が高騰してさまざまな影響が懸念されているからだ。

ただ、ロシア情勢とは別に、銀歯からレジン(樹脂)やセラミックスなどの代替材料に置き換える動きも進んでいるという。過渡期にある歯科治療について最前線に立つ専門家に現状と見通しを聞いた。

パラジウムの高騰が話題となっているのはその主な産地がロシアであり、銀歯は、銀だけでなく金やパラジウムなどでつくられている合金だからだ。金属修復(銀歯など)の弱点が露呈した形だが、その少し前から、日本の歯科医療界で注目される学会が動き出していた。

日本デジタル歯科学会だ。同学会を率いる末瀬一彦理事長はデジタルの技術によって最新の代替材料を導入し、歯科医療を変革しようとしている。

末瀬氏は次のように語る。

「虫歯や歯周病、外傷などで失われた歯に対してクラウン(冠)やブリッジ、入れ歯などの人工材料を用いて修復する補綴(ほてつ)治療も公的医療保険で給付され、安心して歯科医療が受けられます。この補綴治療は歯科医療費の約半分を占め、国民皆保険制度として歯科医療の根幹をなしています」

ただし、「銀歯などの金属は、薬機法(旧薬事法)で承認された材料なので安全性は確保されていますが、パラジウムや金が相場の影響を受けやすいこと以外にも次のような問題点があります」と指摘する。

(1)金属修復は審美的に悪い

(2)土台になっている歯や周囲の歯茎が変色する

(3)金属を土台にした歯が破折する

(4)金属アレルギーを発症する可能性がある

このうち、(2)と(4)の実情は該当者にはショッキングな内容かもしれない。末瀬氏は歯科医療界の変革と発展のために包み隠さず解説する。

(2)については。

「口腔内で使用される歯科用金属の多くは、加工のしやすさ、強度向上のためにいくつかの金属を混合させて合金として用いられています。

口腔内は唾液や飲食物の摂取によって金属が腐食しやすい環境にあり、場合によっては合金から微量のイオンが溶出する可能性があります。

特に異なる性状の金属との接触などの環境下では耐食性や化学的安定性が維持できないことがあり、イオンの溶出によって土台となっている歯や冠が装着されている歯の周囲の歯茎が黒く変色することがあります」

(4)について。

「口腔内の金属は唾液や飲食物によってイオン化しやすい傾向にあり、溶出した金属イオンは口腔の粘膜から直接吸収されて血液を介して全身に送られます。特定の金属に対して過敏な反応を生じる素因を持っている方は、同じ種類の溶出した金属イオンに接すると全身にアレルギー症状として発赤や湿疹、掻痒(そうよう)感などが発症します。口とはかなり離れた手や足、背中などにそうしたアレルギー症状が出ることがあります」

心当たりのある人は、皮膚科でどの金属に対して過敏な反応をするか検査することもできるという。

「歯科医療は今、先進的な治療法や材料によって『金属修復からの脱却』(メタルフリー修復)が図られようとしています」と末瀬氏は話す。

あすは、金属に替わる新しい材料について。 (取材・佐々木正志郎)

■末瀬一彦(すえせ・かずひこ) 大阪歯科大学卒、同大学大学院修了(歯科補綴学)。同大学歯科技工士専門学校・歯科衛生士専門学校校長、同大学歯科審美学室教授などを歴任。現在、一般社団法人・日本デジタル歯科学会理事長、奈良県歯科医師会会長。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ