あなたの健康はお金で買えますか・・・? 原因不明の痛み・疲労・睡眠障害…「線維筋痛症」の診断法を開発
fc2ブログ

原因不明の痛み・疲労・睡眠障害…「線維筋痛症」の診断法を開発

原因不明のまま全身の痛みや疲労、睡眠障害などが起きる「線維筋痛症」について、北海道大学の若尾宏准教授(再生医学)らの研究グループが、科学的に診断する方法を開発した。9日、米国の科学雑誌に発表した。

 若尾准教授によると、この疾患は関節や筋肉などに慢性的な痛みがあるなどリウマチに似た症状で、国内に約200万人の患者がいるとされる。8~9割が女性という。

これまで診断方法は確立されておらず、医師に症状を訴えても診断までに数年を要することも多く、医師に病気だと認めてもらえないケースもあった。

 若尾准教授の研究グループは、「MAIT(マイト)細胞」と呼ばれる血液中に含まれるリンパ球の一種に着目。

細胞表面にある約60種のたんぱく質を分析したところ、線維筋痛症の患者は、健康な人に比べて特定の11種が多かったり少なかったりする特徴があることを突き止めた。

 また、MAIT細胞には複数の種類があるが、患者は特定の種類の細胞が多かったり少なかったりすることも分かった。これらを組み合わせることで、1~2週間での診断が可能になったという。

 若尾准教授は「診断方法を開発できたことで研究が進み、発症メカニズムの解明や治療法の開発にもつながる」と話している。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ