あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【科学で解明】あなたの禁煙が失敗する本質的な理由
fc2ブログ

【科学で解明】あなたの禁煙が失敗する本質的な理由

ダイエット、禁煙、節約、勉強──。何度も挑戦し、そのたびに挫折し、自分はなんて意志が弱いのだろうと自信をなくした経験はないだろうか?目標を達成するには、「良い習慣」が不可欠だ。そして多くの人は、習慣を身につけるのに必要なのは「意志の力」だと勘違いしている。だが、科学で裏付けされた行動をすれば、習慣が最短で手に入り、やめたい悪習も断ち切ることができる。

その方法を説いた、アダム・グラント、ロバート・チャルディーニら一流の研究者が絶賛する1冊、『やり抜く自分に変わる超習慣力 悪習を断ち切り、良い習慣を身につける科学的メソッド』(ウェンディ・ウッド著、花塚恵訳)より一部を公開する。

知識と意志は禁煙の手助けにならない
 喫煙者にタバコのリスクを伝えても、喫煙率には少ししか影響しなかった。1964年のSGRで危険性が報告されてもなお、アメリカにおけるタバコの売上は1980年まで右肩上がりが続いた。習慣を制御するうえで、知識は手段として弱いのだ。

 意志の力も大した助けにはならない。ニコチンの力にはとうてい及ばない。CDCの報告によると、喫煙者の68パーセントが完全な禁煙を望んでいるという。しかし、試みた人はたいてい失敗する。禁煙に完全に成功するのは、実際のところ10人に1人だ。ほとんどの人は、禁煙を始めてだいたい1週間もしないうちに、またタバコを吸ってしまう。30回以上挑戦してやっと成功した人もいる。

 成功するまで繰り返し禁煙に挑戦するには、超人的な自制を要する。はっきり言って、30回以上も挑戦する喫煙者については、失敗の数の多さは問題ではない。むしろそれは、類いまれな粘り強さが備わっている証であると理解すべきだ。それだけ挑戦し続ける彼らの意志の力は、本当に強力だ。それほどの粘り強さを持つ人々は少数派だ。

 では、そうではない大多数の人々はどうやって成功したのか? 知識と意志の力が答えでないのなら、何が功を奏したのか? ごくふつうの多くのアメリカ人は、どうやって禁煙を成し遂げたのか?

 1970年、世界中の人々がテレビに貼りついた。その時代を象徴する「アポロ13号」のテレビ中継を観るためだ。最初は恐る恐る観ていたものの、その後驚きに襲われ、最後には安堵した。このような放送は、もう二度と観ることがないだろう。

 そして、アメリカ人がもう二度と観ることがないものがもうひとつある。その年の12月に放送された、「やっとここまできたね」のメッセージを携えたテレビCMだ。その内容は、喫煙を女性の解放になぞらえて、ギルバートとサリヴァンのオペレッタの曲がBGMで流れるなか、19世紀の服装をした婦人参政権に否定的な人々に向かって女性の解放と女性の参政権を唱えるものだった。このバージニアスリムのCMは、アメリカのテレビで最後に放送されたタバコを宣伝するCMとなった。

 そうなったのはニクソン大統領のおかげであり、公衆衛生喫煙法に署名した彼に感謝したい。ほかにも、ニコチンの常用を公的に認める措置が次々に消えた。タバコの自動販売機があったことを覚えているだろうか? 昔は、ビーチでも、電車でも、オフィスでも、喫煙が認められていた。

禁煙に効果的な環境は?
 タバコ規制法により、アメリカでタバコを吸う人々の環境は様変わりした。この法律はさまざまな意味で、喫煙環境を文字どおり小さく遠いものにした。いまではタバコを吸おうと思ったら、エレベーターで1階まで降りて屋外で列をなすことになる。環境が変わったとたん、人々の習慣も変わった
]

これについては実験にもとづく検証ができる。アメリカでは州によってタバコを規制する法律が異なるため、比較できる可変要素がいくつもある。つまり、自然実験のような条件が整っているので、効果のある方針を特定できるのだ。

 たとえば、職場、レストラン、バーでの喫煙を禁じる州は少なくとも28あり、都市や郡単位で禁じているところもたくさんある。そのため、アメリカ人の約60パーセントは、タバコを吸いたくても自宅や自家用車以外にほとんど吸える場所がない。この種の禁止令には効果があるようだ。

 喫煙率が最低の10州のうち9州に、職場、レストラン、バーでの喫煙を禁じる法律がある。喫煙率トップの3州(ケンタッキー、バージニア、ミシシッピー)に、そうした法律はない。この3州では、住民のほぼ3人に1人がタバコを吸う。禁止令が出ても欲求は変わらない。だが、その法的措置は喫煙習慣と真っ向から衝突し、習慣がそれに勝てる見込みはない。

 その本質がよく表れているのが、英国のパブにいた65名の喫煙者が参加した実験だ。その実験の参加者たちは、喫煙が規制されてからは、タバコを吸ったら罰金が科されると理解していた。だが、タバコに火をつけるいつもの合図(パブに入って酒を飲む)が、彼らにいつもの行動を促し続けた。

 実験に参加した半分近くの人が、パブに入ったら意図せずにタバコを吸い始めた。彼らにとって、喫煙は自動的に行うことであり、「パブに入る-タバコに火をつける」はワンセットなのだ。参加者たちの話には、彼らの苦悩が見て取れる。

「ええ、タバコに火をつけたとたんに思い出して、外に出ました」「はい、先週やってしまいました。何年もやってきたことだし、古くからの習慣は簡単にはなくなりませんよ」「タバコを口にくわえはしたが、火をつける前に思い出す。そういうことが何度かありました」

 彼らの苦悩はニコチンとはあまり関係がない。なぜなら、ふだんたくさん吸っていたか、たまに吸うだけだったかに違いが見受けられなかったからだ。吸う量が多いからタバコに火をつけてしまうのではない。元凶はただひとつ、彼らの習慣だった。

喫煙の規制がもたらしたもの
 実験の参加者たちは、タバコが規制される前の調査で「考えることなく自動的にタバコに火をつける」とパブで答えていた。つまり、彼らは習慣としてタバコを吸う人々だ。禁止令が出されると、喫煙習慣が身体に染みついている彼らは、うっかりタバコに火をつけた。彼らの習慣は、新たな法律を気にもとめなかったのだ。

 喫煙を禁じる類いの禁止令は、習慣の自動で「合図を知覚し、その反応を行動で示す」メカニズムを破壊する。禁止令が出されれば、オフィスやレストランが喫煙の合図となっていた人々に、自動的な反応を抑制する法的な理由が生まれる。それは、環境が合図となってタバコを吸うという行動を意識的に抑制するのに、十分な動機となる。

 習慣(喫煙)と自覚している認識(違法であるという認識)の衝突は、時間とともに薄れていくはずだ。禁止令に繰り返し従っているうちに、習慣は新たに繰り返しタバコを吸うようになった新たな場所と結びつく。パブでの喫煙を法律で禁じられると、パブでタバコを吸う習慣は健全に不便さが増す。吸おうと思ったら、会話をやめて飲み物を置き、立ち上がってパブの外に出て、英国ならではのどんよりとした空の下で数分過ごすことになる。

 喫煙習慣を抑止するもうひとつの手段がタバコ税だ。アメリカで販売されているタバコのコストはいまや、平均して一箱につき約半分を、連邦税、州税、地方税が占める。課税額が高い州になると、喫煙する住人の数が減る。

 2018年の時点でもっとも税率が低かった州はミズーリだ。一箱につき17セント課徴され、住人の22パーセントが喫煙者だった。もっとも高い税を課していたのはニューヨークで、その額は4ドル35セントになる。同州の喫煙者の割合は14パーセントにとどまっていた。一箱に課される税が10パーセント上がるごとに、成人の喫煙率は平均して4パーセント下がる。ここに特別なからくりはない。価格が高くなれば、買える人の数は当然減る。規制によって喫煙にまつわる環境がどう変わったかは明白だ。

 タバコ会社がテレビCMから締め出されたことは先に述べたが、規制はそれだけにとどまらない。ほとんどの店舗では、タバコの広告を提示できないし、顧客が自由に手に取れる場所にタバコを置くこともできない。タバコを買いたい人は、店員にその旨を伝える必要がある。レジの列に並んでいるときに、「キャメルブルーを。いや、99じゃなくて、いや、それでもなくて、その右上の、そう99ライトを」と店員にたどたどしく説明する人を待った経験は誰にでもあるだろう。毎回そういう説明をしていれば、それもまた喫煙への障害となる。

禁煙に失敗した本当の理由
 では、ここまであげてきたような変化を起こせば、タバコのように依存性の高いものでも確実にやめられるのか? ニコチンはすぐに人を夢中にさせる。不便さをいくらか強いる程度で、本当に対抗できるのか?

 ワシントンD.C.で、禁煙に積極的な喫煙者475名を対象に、タバコを吸う合図を前にしたらどうなるかを検証する実験が行われた。実験の参加者たちは、タバコを吸いたくなった度合いを1ヵ月にわたって毎日報告した。

 ご想像のとおり、参加者の多くが禁煙を断念し、喫煙欲求が高まったときにタバコをまた吸い始めた。顕在意識が渇望でいっぱいになり、渇望が吸う決断に向かわせたのだ。

 ただし、この実験の肝は別にある。禁煙への熱意が高い参加者は、携帯電話の位置情報を提供することに同意した。ワシントンD.C.はジオコーディング化(住所に地理座標を紐づけ)されている地域なので、参加者がタバコを販売する店の近くにいれば、そうとわかった。

 そういう店に行った理由はさまざまで、ガソリンを入れるためや食品を買うため、なかにはタバコを買うためと報告した人もいた。禁煙に失敗する喫煙者というと、たいていは「吸いたい欲求が長く続いた末にタバコを1本取り出す」場面を想像する。欲求が募ったあげく、闘いに敗れたと思うだろう。調査員たちも、参加者の欲求に購入の機会が加わったときに再び吸い始めると予想していた。

 彼らとちょうど反対のケースは、熱心にダイエットしたがっていた私のいとこだ。痩せようという彼女の意欲は、彼らの吸いたい欲求とは反対に衰退し、のんびりしていたいという欲求との闘いに負け続けている。どちらも説得力のある話だが、こうしたケースは習慣で行動する経緯を表すものではない。むしろ、瞬間的な誘惑にどう反応するかを示したものだと言える。

 禁煙の失敗の現実は、次のようなものだった。禁煙中の参加者は、吸いたい欲求がゼロだと報告しつつ近所の店に入ることがあった。欲求がゼロとは、「いま現在、どの程度タバコを吸いたいか?」という質問に、「ゼロ」か「まったくない」と答えたことを意味する。その店がタバコを扱っていれば、彼らは慣れ親しんだ購入の合図を目にした。誰かがタバコを買っている姿を見た人もいれば、レジカウンターの後ろにいつものように並んでいるお気に入りの銘柄に目をやった人もいた。

 そういう各自にとっての合図だけで禁を破るには十分で、彼らはタバコを手に店をあとにし、喫煙者に戻った。タバコにまつわる健康政策に意味があることは明白で、店頭での合図を制限する法律は称賛されるべきだ。

 レストランにタバコの自動販売機はもうない。タバコの画像が表示される広告も、もうない。バーでタバコに火をつける人も、もういない。ニコチンの依存性が高いのは事実だが、人がタバコを吸うかどうかは、日常的な環境に潜む合図にかかっている。

 行動を起こす状況が、意識的な自己にそうと気づかせない形で、喫煙しやすくもしにくくもするのだ。喫煙時の舞台装置を破壊すれば、喫煙行為も破壊される。

 喫煙という身体にダメージをもたらす行為に対抗したいなら、タバコの最大の武器である依存の性質を真っ向から攻めるのは得策ではない。依存の問題は避け、無視したほうがいい。タバコの抑制は素晴らしい成果をあげた。ここから学べることは多い。

【本記事は『やり抜く自分に変わる超習慣力 悪習を断ち切り、良い習慣を身につける科学的メソッド』(ウェンディ・ウッド著、花塚恵訳)を抜粋、編集して掲載しています】
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ