あなたの健康はお金で買えますか・・・? 女性の老後リスク「少ない年金」「長生き」「介護」。老後生活安定のため<年金増額>を実現する3つのポイントとは
fc2ブログ

女性の老後リスク「少ない年金」「長生き」「介護」。老後生活安定のため<年金増額>を実現する3つのポイントとは

厚生労働省の発表によれば、2020年の日本人の平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳。その男女差は6.10年となり、前年より0.06年広がりました。つまり、女性の多くは「おひとり様」になる可能性が高いと言えるのかもしれません。しかし老後を支える柱の一つ「年金」の受給額を考えれば、男性より少ないケースも見られ、女性ほど老後資金は不足しがちとも言えます。お金にまつわる情報を発信しているファイナンシャルプランナー・長尾義弘さんによれば、年金の受給額を増やすために気を付けるべきポイントが3つあるそうで――。

* * * * * * *

【図】長寿時代に合った老後資金準備法は「貯蓄」「年金」、どっち?

老後のお金に関しては女性のほうが高リスクと言えるワケ

「人生100年時代」と言われ、みんな長生きをする時代になりました。この傾向は女性も男性も一緒です。

しかし、老後に関しては、女性のほうがより問題は大きいといえます。なぜなら、男性に比べて多くのリスクが待ち受けているからです。

主な要因として、次の3つがあげられます。

●年金が比較的少ない

●男性より長生き

●健康寿命と寿命の差が大きい

もちろん、これらは男性にも降りかかってくる問題ではあります。ですが、リスクが高いぶん、女性はいっそう念入りに準備しておく必要があるのです。

こうしたリスクに対処するためのキーワードは「お金」です。備えが足りないと、長い老後を苦しい状態で過ごすことになりかねません。

リスク(1)受け取れる年金額がそもそも少ない

高齢になれば年金がもらえます。では、いったいどのくらいの額を受け取れるのでしょうか。

女性の厚生年金の平均受給額は約11万円です。それに対して男性は約17万円。約6万円もの開きがあることに驚いたかもしれません。

その理由は、出産や育児のために、女性は仕事に就いている期間が短いことがひとつ。さらに、そもそも男性に比べて平均賃金が低いのです。厚生年金の受給額は加入期間や収入によって変わりますから、受け取る年金が少なくなってしまうわけです。

さらに、ずっと専業主婦だった人は基礎年金だけになります。基礎年金の受給額に男女格差は少ないものの、女性の平均受給額は約5万円です。

夫婦の年金を合わせればなんとか生活できますが、一人になったあとはかなり厳しいと思います。というのも遺族年金は、夫の年金が丸ごと入ってくるわけではないからです。

一般的に女性の年金は少ないのが現状です。「年金があるから老後は大丈夫」などと思っていると、痛い目に遭うかもしれません。

リスク(2)男性より長生きする確率が高い

2020年の平均寿命を見ると、男性は81.64歳、女性は87.74歳です。女性のほうが6年ほど長く生きています。これが何を意味するかわかるでしょうか。

『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(著:長尾義弘/河出書房新社)
© 婦人公論.jp『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(著:長尾義弘/河出書房新社)

生きていれば、必ずお金がかかります。どんなに切り詰めても、支出を0円にはできません。つまり、男性よりも長生きするぶん、多くのお金が必要になってくるのです。

夫婦二人で歩んできても、最後は女性が一人暮らしになる可能性は高いでしょう。一人になったあとは、あなたが自分で生活を支えていかなければならないのです。

シングルだから関係ない? いいえ、長生きリスクはどなたにも当てはまります。

2060年には、女性の平均寿命が91歳まで延びるとも予測されています。「女性は100歳まで生きることが当たり前」の時代は、すぐそこまで迫っています。100歳まで生きるとなったら、それだけ生活費もかさむでしょう。

高齢単身者の平均的な生活費は、月に約15万円と言われています。それを何十年分も用意しなければならないのです。

リスク(3)平均寿命と健康寿命の差が12年もある

「健康寿命」という言葉をご存じでしょうか。これは健康上の理由で何らかの制限を受けることなく、日常生活が送れる時間をいいます。

図1:女性の老後に待ち受けている大きなリスクとは?(図:『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』より)
© 婦人公論.jp図1:女性の老後に待ち受けている大きなリスクとは?(図:『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』より)

人生の最後まで健康でいられればいいのですが、そううまくいくとは限りません。実際、健康寿命と平均寿命の間には差があります。男性は約9年、女性は約12年です。

12年、もしくはそれ以上の年月を、不具合を抱えながら過ごさなければならないのです。

また、男性に比べ、女性は高齢になるほど認知症を発症するリスクが高くなることがわかっています。つまり、介護の可能性も高まるわけです。

介護が必要になった場合は公的介護保険が使えますから、介護サービスは原則1割の自己負担で受けられます。それでも、介護のための自己負担は確実に増えます。調査によれば、介護にかかる費用の総額は約800万円ともいわれています。

さらに、有料老人ホームへの入居を希望すれば、自己負担はもっと大きくなるでしょう。なお、特別養護老人ホーム(特養)など公共の老人施設は、要介護の条件があります。

豊かな老後を送るためには年金が有効

女性の老後がいかにリスクに満ちているか、おわかりいただけましたか。こうした不安を軽くするためには、お金の備えが最強の武器となります。

「わかった。できるだけ老後資金を貯めるわ!」

その姿勢はとても大事です。

しかし、十分に使っても余りが出るほど、潤沢に貯められるケースは少ないのではないでしょうか。

仮に1500万円の老後資金があったとしても、毎月6万円ずつ取り崩せば、21年で底をつきます。65歳から使いはじめたら86歳まで。平均寿命にも届きません。おまけに、あなたはもっと長生きするかもしれないのです。何千万円貯めればいいのかと思うと、気が遠くなるでしょう。

そこで考えたいのが年金です。

老後生活のなかで、もっとも大きな収入は公的年金です。しかも、生きている限り、ずっと受け取ることができます。100歳だろうが110歳だろうが、年齢制限はありません。長生きする可能性の高い女性にとって、これは最大のメリットです。

たとえば、65歳からの年金が毎月10万円だとすると、100歳までに4200万円を受け取れます。おそらく老後資金より年金の受給額のほうが多くなるでしょう。

年金の受給額を増やすには

すべてを自分で準備する必要はないのです。年金で足りない分を、貯めていた老後資金で補うという考え方をします。したがって、年金の受給額は多いに越したことはありません。

「女性は受給額が低いんでしょ。だったら、年金なんて当てにならないじゃない!」と思われるかもしれません。それはこのまま何も手を打たなければ、の話です。

やり方しだいで、年金の受給額を増やすことができます。その大きな柱は次の3つです。

●給料を上げる!

●長く働く!

●受け取る時期を遅らせる!(繰下げ受給をする)

年金は老後生活の要です。しくみを知って上手に活用し、受給額を増やしましょう。それが安定した暮らしにつながっていくはずです。

※本稿は、『私の老後 私の年金 このままで大丈夫なの? 教えてください。』(河出書房新社)の一部を再編集したものです。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ