あなたの健康はお金で買えますか・・・? 5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術 たった3日間の休みで体内時計は変化 仕事モードに戻すためには「早寝早起き」「1日3回の食事」が役立つ
fc2ブログ

5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術 たった3日間の休みで体内時計は変化 仕事モードに戻すためには「早寝早起き」「1日3回の食事」が役立つ

ゴールデンウイークが明けて1週間も経つのに、仕事へのやる気は失われたまま、朝の目覚めもスッキリしない。そんな「長引く休みボケ」は、たった3日間の休みの後でも起こりうるという。

週休3日制が勧められる中、今後はそれが長引く休みボケのリスクになる可能性もある。解消術について専門医に話を聞いた。

今年のGWは4月29日から5月8日まで、10連休の長期休暇の人もいた。コロナ自粛や職場環境の変化など、強いストレスを感じていた人にとっては、ゆっくり羽を伸ばす好機だったろう。

仕事は頭の隅に追いやり、外食、旅行、帰省など、思う存分楽しんだ人もいる。さあ、リフレッシュできたし、バリバリ仕事をこなすぞ…と言いたいところだが、心身の切り替えがうまくいかないケースも少なくない。

朝起きるのがつらく、だるい、仕事に集中できないなど、いわゆる「休みボケ」の状態に陥った人はどうすればいいのか。

「GWで気持ちも身体も緩んだ状態は、生活リズムに悪影響を及ぼし、体内時計も乱します。一度乱れてしまった体内時計は、すぐに元に戻すことが難しいのです」

こう指摘するのは、杏林大学名誉教授の古賀良彦医師。精神科医として診断・治療はもとより、さまざまな研究を行い、休みボケ対策にも詳しい。

「朝起きて活動的に動き、仕事に集中できるのは、体内時計のなせる業です。また、体内時計は、体温、脈拍、血圧、ホルモン分泌などさまざまな機能に関与しているため、それが乱れると、体調も優れなくなります」

仕事がある時の日常生活は、たとえばこうだ。午前9時から仕事に取り組み、正午から午後1時の間が昼休み、5時の終業時間を目安として生活リズムが整えられ、体内時計も同調して働く。

ところが、長い休みなどで起床時間がバラバラ、夜も遅くまでワイワイ騒ぐなど生活リズムが乱れてしまうと、体内時計も遊びモードに変化してしまう。この状態でいきなり仕事モードになろうとしてもうまくいかない。結果、起きられない、つらい、仕事に集中できないといった「休みボケ」になってしまう。

「3日間休むだけで体内時計は変わり、身体のバランスも悪くなるといわれます。これまで慣れていた職場のストレスにも、対処することが難しくなる場合もあるので注意が必要です」

つまり、週休3日制でも休みボケになる恐れが十分あり、それを治すには、体内時計を仕事モードに戻すことが必要になる。だが、以前と同じように出勤して1週間が経過しても、調子はいまいちという場合は、どうすればよいのか。

「早寝早起き、1日3回の食事が役立ちます。まずは寝室のカーテンと窓を開けて、朝日を浴びて外の空気を吸いましょう。目もしっかり開けてください。そして、きちんと朝食もとりましょう」

古賀医師お勧めの体内時計の整え方(別項)をぜひ参考にして、まずは身体バランスを整えよう。 (取材・安達純子)

■古賀良彦(こが・よしひこ) 杏林大学名誉教授。1976年慶應義塾大学医学部卒。医学博士。99年、杏林大学医学部精神神経科学教室主任教授を経て、2016年より現職。うつ病や睡眠障害など精神科領域の診断・治療・研究を数多く手掛けている。

古賀医師お勧めの「体内時計調整法」

□朝起きたときに寝室のカーテンと窓を開ける

□朝日を浴びることと、外気による新緑の香りなど、五感を刺激する

□ご飯、味噌汁、目玉焼き(トースト、サラダ、目玉焼き)など、1人前の朝食をしっかり食べる

□食欲がないときには、具たくさんの温かいスープを活用する

□出勤時は、地下鉄からオフィスではなく、外の空気を吸うため道をちょっと歩く

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ