あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【痛くて辛い口内炎】を1日でも早く治す方法
fc2ブログ

【痛くて辛い口内炎】を1日でも早く治す方法

●アフタ性口内炎って何?

「アフタ性口内炎」というと、あまり聞いたことがない名前だと感じるかもしれませんが、私たちにとって、もっとも身近な口内炎が、このアフタ性口内炎です。

その特徴は、赤く縁取られた2~10ミリ程度の円形や楕円形をした白い潰瘍ができること。そして、焼けつくような痛みを伴い、とくに塩分や酸味の強い食べ物が患部に触れると、しみて痛みむことがあります。

●アフタ性口内炎の原因

アフタ性口内炎ができる原因は、まだはっきり分かっていない部分もありますが、ストレスや過労、睡眠不足などによる免疫力の低下や、暴飲暴食、ビタミン不足などが積み重なっていたり、

口の中を噛んでしまったり、熱いもので火傷をしたりしたときなどに、起こりやすいといわれています。

●アフタ性口内炎を早く治すには?

アフタ性口内炎は、何もせずに放っておいても、大抵の場合は、10日から2週間ほどすれば自然に治り、あとが残ることもありません。

しかし、食事や歯磨き、場合によっては、話をするだけでも痛むことがあるので、もっと早く治したいもの。

そのためには、まず、口の中の清潔に保つことです。痛くて歯磨きが億劫になるかもしれませんが、食事をとった後は、必ず歯を磨くようにしましょう。

その上で、殺菌効果があるうがい薬やマウスウォッシュなどを使って、口の中を定期的に殺菌しましょう。

20秒のブクブクうがいを3回行うと、口の中の細菌を10分の1程度にまで、減らすことができると言われています。
マウスウォッシュを使う場合アルコール入だと痛いのでアルコール無しの低刺激のもので行うと良いです。

殺菌を目的としたうがいは、食後だけでなく、起床直後や帰宅後、寝る前などにもするのがオススメです。

ただし、傷がある場合は、殺菌成分が細胞にダメージを与えてしまい、傷の修復を遅らせる可能性があるので、うがい薬やマウスウォッシュでうがいした後に、水でもう一度うがいをしたほうが良いでしょう。

また、傷ついた組織の修復や再生は、睡眠中に行われるので、なるべく早い時間に就寝し、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です。

(この記事の監修: 池袋ガーデンクリニック 医師 / 丸山直樹 先生)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ