あなたの健康はお金で買えますか・・・? O型が狙われる? 「蚊に刺されやすい人」のウソ・ホントを徹底検証!
fc2ブログ

O型が狙われる? 「蚊に刺されやすい人」のウソ・ホントを徹底検証!

不思議なことに、同じ場所にいても蚊に刺される人と刺されない人がいます。「O型は蚊にさされやすい」「ストレスと関係がある」など、都市伝説化しているものもあります。「蚊に刺されやすい」のウソ・ホントを医学的観点から検証してみました。

■O型は蚊にさされやすいってホント?

 答えは、「本当ですが理由は不明」です。

 害虫防除技術研究所の白井良和先生は、蚊はO型の血液型を好むと報告しています。

蚊に刺される頻度がO型で83.3%、A型で46.5%と、O型の血液型の人が刺されやすいことがわかっています。蚊の腸内の吸った血液型を調べるとO型、B型、AB型、A型の順に多かったとの報告もあります。

 残念ながら、これら理由については不明です。O型の人の体温や二酸化炭素、汗などが、他の血液型と若干異なる可能性があるのかもしれません。

■肥満の人は蚊に刺されやすいってホント?

 答えは、「本当」です。

 肥満の人は体表面積が広く、その分蚊に刺される範囲も広いということなので、確率的に刺されやすいということです。また、肥満の人は汗をかきやすいので、蚊が対象を発見しやすいということもあるでしょう。

■妊婦は蚊に刺されやすいってホント?

 答えは、「本当」です。

 肥満の人と同じく、妊婦も体表面積が広くなるためです。それに加えて、妊娠後期では肺がお腹で圧迫され、呼吸数が多くなり、その分二酸化炭素を発しやすくなることも挙げられます。また、体温も高めであり、そのことでも蚊を引きつけてしまいます。

■ストレスのない人は刺されやすいってホント?

 答えは、「ウソ」です。

 ストレスがあるかないかでは関係ありません。しかし、ストレスによって汗をかいている場合は、蚊を引きつける可能性があります。

■子どもは刺されやすいってホント?

 答えは、「本当」です。

 子どもは体温が高く、代謝がさかんであること、そして汗をかきやすいことから、蚊を引きつけてしまいます。

■アルコールを飲むと刺されやすいってホント?

 答えは、「本当」です。

 飲酒することで、皮膚の血管が拡張します。すると体温が上昇するうえ汗をかくので、蚊を引きつけてしまいます。

■黒い服を着ていると刺されやすいってホント?

 答えは、「本当」です。

 イエカは夜行性のため、暗い色を好むといわれています。そのため、黒い服はイエカを引きつけてしまう可能性があります。

 上記を分析したところ、蚊に刺されやすくなる主な要因は、「汗をかく」「体温が高い」「体表面積が広い」の3点にまとめられると思います。これを受けて、蚊に刺されない対策を考えましょう。

■身の周りの蚊を減らそう

 蚊に刺されない対策としてまず考えられるのが、自分の身の周りの蚊自体を減らすことです。

 蚊の幼虫であるボウフラは水の中で生息するので、身の周りに水を溜めておかないことが大事です。

雨水などが溜まった容器はそのままにしないようにしましょう。また、屋内であれば蚊の侵入を防ぐために、網戸に虫よけスプレーをしましょう。もちろん屋外に出るときも、蚊に刺されないように虫よけスプレーをしておくとよいでしょう。

■汗に気をつけよう

 体温が上がると汗をかきやすくなります。汗をかいたらなるべく早めに拭きとり、可能であれば汗を洗い流しましょう。

制汗スプレーを上手に使うのもよいでしょう。蚊がいるような環境ではなかなか難しいとは思いますが、理想としては汗をかかないような冷房のある環境にいるのがいいでしょう。

■体表面積を減らそう

 なんといってもやせることです。やせるためには食事と運動が大事ですが、運動では汗をかき、蚊を集めてしまいます。本来であれば、涼しい時期に運動しておき、少しでも体重を減らしておくことが理想です。

■肌の露出を減らそう、黒い服は避けよう

 蚊は足を刺しやすいので、できるだけ足を露出させないほうがいいでしょう。また、イエカは暗い色を好むため、明るい色の服を着ましょう。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ