あなたの健康はお金で買えますか・・・? トップ病院の名医が語る「いい医師」「いい病院」の見つけ方 手術数と治療成績は相関する
fc2ブログ

トップ病院の名医が語る「いい医師」「いい病院」の見つけ方 手術数と治療成績は相関する

「いい病院」ムック創刊20年記念セミナーの第1部を要約してお届けします© AERA dot. 提供 「いい病院」ムック創刊20年記念セミナーの第1部を要約してお届けします

 大切な人や自分が大きな病にかかったとき、限られた時間で膨大な情報の中から、適切な治療法やいい病院を見つけ出すのは大変なことです。だからこそ、もしもに備えて知っておきたいことがたくさんあります。週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院」の創刊20年を記念して4月24日に開催したオンラインセミナーでは著名な4人の医師が登壇。第1部では「名医対談“トップ病院”の取り組みと最新治療」と題して順天堂大学順天堂医院 心臓血管外科特任教授の天野篤医師と国立がん研究センター中央病院呼吸器外科長の渡辺俊一医師が対談しました。前編に続いて、その内容をお届けします。(以下、敬称略)

*  *  *

■「いい病院」のデータはかなり正確に調べられている

渡辺:手術数と治療成績の関係について、天野先生はどう思われますか?

天野:それは間違いなく相関していると思います。特に突出した一人の外科医の執刀経験が多いことは、ポイントだと思います。

 病院によっては同学年の医師が横並びで手術の経験数を増やしているところもありますが、これは特殊な医療になったときには弱点をさらけ出します。ある程度、一人の診療経験が抜きんでている医師がいて、その下でチームができ、管理体制ができ、ボトムアップの姿勢でやっていくという状況が大事なのではないかと思います。

渡辺:心臓病、肺がんなど胸部の領域では、手術数の多い病院のほうが術後の合併症が低く、生存率が高い、ということはほぼ明らかです。大きな理由の一つは外科医の質が上がることです。当科の場合、一般的な病院の10倍くらいの手術を年間でやりますので、普通だと10年に1回しか経験しないような合併症を毎年、経験することになります。こうしていろいろな経験を積むことで研修医あるいは看護師もレベルが上がり、早く異変に気付くことができる、という具合にチーム全体のレベルが上がっていきます。

 天野先生が「手術数でわかるいい病院2022」の記事の中で言われていた、「いい医師のいるところには、いいチームがある可能性が高い」は、まさしくその通りだと思います。

 天野先生はこのムックに記載されている手術数の調査、いわゆるランキングについてはどのように受け止められていますか?

天野:DPC(診断群分類別包括評価、病名や診療内容に応じて定められた1日当たりの定額の点数で、入院診療費を計算する制度)や学会のアンケートにのっとった形でデータ収集されているのでアンケートに協力しやすいですし、手術数など客観的なデータを載せてもらえるので、私は好意的に受け止めています。

渡辺:データについてはかなり正確に調べられていますし、さきほどお話ししたように、特に胸部の領域においては手術数が多いところが、一般的には手術が上手であるとか、合併症が少ないということにつながりますので、患者さん、あるいは患者さんの家族にとっては参考になるかと思います。

■外科医が考えるいい病院、いい外科医とは!?

渡辺:では、セミナーをご覧になっている皆様から事前にいただいた質問に答えていきたいと思います。最初の質問は、「外科医が考えるいい病院、いい外科医とは?」というものです。

天野:難しい質問ですが、いい病院は患者さんの安全を守ることをきちんと前面に打ち出して、感染対策などの管理も厳重に、かつ患者さんに負担をかけない形でおこなっているというのが大前提ではないでしょうか。

 その中で外科医が大規模な研究データやそこから出されるエビデンス(科学的根拠)にのっとって、治療計画を立ててくれること。具体的には患者さんの受ける手術について、過去にどういう形で症例として学会に報告されているか、経験として報告されているかをもう一度、きちんと調べる。効果やリスクを点検してくれる、そういう作業をしてくれる外科医がいる病院であることが大事です。その上で医師に技術や経験があることですね。

 これらのうち、技術と経験に関しては「手術数でわかるいい病院」などのムックや雑誌、インターネットから得られる情報を参考にしていただければいいのかなと思います。

渡辺:いい外科医であり続けるためには、さきほどの河崎先生のコラムの話につながりますが、医師は常に勉強し、最先端の知識を入れるべきですね。私も「昼間手術をしたら、夜もよく勉強しなさい」と若い医師にはよく言っています。

■医師に質問するときは、どんな聞き方がいいのか?

渡辺:次の質問は、「困った患者さんとはどんな人でしょうか?」「医師に質問する際には、どんな聞き方がいいのでしょうか。いろいろ聞くと、嫌われるのではないかと心配になります」というものですが、いかがでしょうか?

天野:まず、患者さんが最も困っていること、重いテーマに思っていることを解決する姿勢がない医師はダメだと思います。医療機関の「3分間診療」はよく言われますが、例えば「ここが痛いです」という患者さんの訴えに対して、その場では治せなくても、痛みを解決する方法を探すことは3分でできます。

 ほとんどの医療者はこのような姿勢で取り組んでいますので、患者さんの側で我慢したり、制限したりせず、伝える姿勢を持ち続けてほしいなと思いますね。

 また、われわれはこのような患者さんを困った患者さんだとは思っていないことも知ってください。きちんと治療成績を出している医療機関であれば、患者さんの情報(心配なこと、困っていること)をないがしろにできません。そのようなことをしていては、いい成績を出せないからです。つまり、患者さんの情報をきちんと取るという意味で、いろいろな質問をされて困ることはないはずなのです。

渡辺:がんと言われて本人も家族も不安になって、病気についていろいろと調べて来られるわけですから、質問に対してはしっかり受けとめる。専門知識を持つ私たち医療者側が適切に答えることが責務です。ですから質問ができないような雰囲気を作ってしまっていたとすれば、医療者に問題があると言えるでしょう。

■いい病院に行くためには、いい開業医を見つけることが第一

渡辺:最後に、「これから病院を選ぶ患者さんやその家族に伝えたいことは?」という質問です。

天野:大きな病院に行くには紹介状が必要ですから、まずは入り口である診療を含め、一連の手続きをきちんとやってくれる開業医、主治医を見つけることが第一です。具体的には紹介先の病院の実績を示してくれるとともに、紹介先に患者さんの病状を客観的かつ詳しく伝えてくれる開業医であること。いい開業医が推薦する病院は、おそらくいい病院だと思います。もちろん、私たち病院側も、「あそこはいい病院だ」と言ってもらえるように、努めなければなりません。

渡辺:病院選びにおいては、セカンドオピニオンは絶対に受けたほうがいいと私は思います。他院でセカンドオピニオンをとりたい、と聞いて怒り出すような医師がいる病院は避けたほうがいいと考えます。

天野:その通りだと思います。情報提供をいとわないという医師の姿勢は大事です。自分の病院に患者さんを誘導するような医療機関はまずは避けることですね。また、病院全体の評価で言えば日本医療機能評価機構の病院機能評価や、国際的な医療機能評価(JCI)の認証を受けていることも大切なポイントです。

渡辺:そろそろ時間がきましたので、このあたりで終わりにしたいと思います。天野先生、本日はありがとうございました。外科医としてあるいは病院の管理職としてトータルな視点からいろいろなことを聞けまして、私自身も非常に勉強することができてよかったと思います。

天野:私はファーストキャリアが終わり、これからセカンドキャリアに入りますが、その中で外科医としてどのようなことをやっていくべきか、本日、一つの灯りが見えたような気がします。また、がんについては、自分も患者になるかもしれない病気ですから、一個人としても非常に勉強になりました。ありがとうございました。

(構成・狩生聖子)

※週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院」創刊20年記念セミナー「医師が本音でトーク“いい治療”は病院選びで決まる!」の第1部を要約

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ