あなたの健康はお金で買えますか・・・? ホワイトニングだけじゃない!歯ぐきの色も明るくケアしよう
fc2ブログ

ホワイトニングだけじゃない!歯ぐきの色も明るくケアしよう

最近では「審美歯科」という言葉が普及し、白く美しい歯を目指してホワイトニングする人も増えてきました。

歯と同様に気にしたいのが、「歯ぐき」の色。笑ったときなど意外と人目に触れることの多い部分なので、忘れずにケアしたいところです。

◆歯ぐきの色が悪くなる理由
健康な歯ぐきとは、淡いピンク色で歯肉が歯と歯の間にきれいな三角形を成しており、適度な弾力があるもの。こんな歯ぐきなら、顔全体が明るくなって若々しく見えます。

しかし、中には歯ぐきが黒ずんでいたり赤紫色になったりしている人がいます。これは紫外線や喫煙、歯周病などによって色素沈着が起こるため。

例えば、タバコに含まれるタールが歯ぐきに染み込んで黒く染まったり、ニコチンと一酸化差炭素によって歯ぐきの血流障害が起こり、血色が悪くなったりします。

また、虫歯治療で金属の被せ物を長年入れていると、時間の経過によって次第に酸化し始めるため、銀合金の成分が少しずつ溶け出してその周囲の歯茎が黒ずむこともあります。

さらには、歯周病によって歯ぐきが炎症を起こすことで、歯ぐきの色が暗くなる場合があります。

◆タバコや歯周病はシャットアウト
タバコや歯周病が原因の場合、まずその原因を取り除くことが必要です。つまり、タバコをやめること、歯科医で歯周病を治療することです。それだけで歯ぐきの色が自然ときれいなピンク色に戻る場合も多々あります。

また、金属の被せ物による黒ずみの場合は、被せ物を取り外して代わりにオールセラミックの歯にするという方法があります。ただし、セラミックの歯は保険適用外なので費用が高くついてしまうのがデメリットです。

◆歯ぐきのマッサージも効果的
原因を取り除くとともに、歯肉マッサージで血行をよくして代謝を促進すると、ピンク色の歯ぐきが戻ってきます。やり方はとても簡単で、人差し指の腹で前歯側から奥歯側に向かって円を描くように歯ぐきをマッサージするだけ。

強く圧迫する必要はなく、気持ちいいと感じるくらいの力加減ですべての歯ぐきをまんべんなく刺激します。夜寝る前や歯みがきのついでに毎日マッサージする習慣をつけるといいでしょう。

◆審美歯科で治療する手も
原因を取り除き、マッサージを繰り返してもなかなかきれいな色に戻らない、あるいはもっと手っ取り早く歯ぐきの色をよくしたいという人は、歯科医院で治してもらう方法もあります。

審美歯科医院で行われている「歯肉ホワイトニング」あるいは「ガムピーリング」と呼ばれる施術で、これには専用の薬剤を塗布する方法とレーザーを用いる方法があります。

これらによって色素沈着を起こした歯茎の表面の細胞が剥がれ落ち、新しくきれいな歯ぐきに生まれ変わります。費用は医院によって変わりますが、5000円~1万円程度というところが多いようです。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ