あなたの健康はお金で買えますか・・・? 体が警告! 背中の痛みに潜む病気 早期段階では無症状の胆道がん 治療ではIVRが役立つことも多い
fc2ブログ

体が警告! 背中の痛みに潜む病気 早期段階では無症状の胆道がん 治療ではIVRが役立つことも多い

背中の痛みを引き起こす内臓の病気では、胆石症も関わることがある。今回は、肝臓で作られた胆汁を運ぶ胆道や、胆汁をためる胆のうと背中の痛みについて考える。

「胆石症では、必ずしも背中の痛みは伴いません。むしろ、胃炎と思って受診されて胆石が見つかるケースもあります。ただし、胆道がんで背中が痛むこともあるので注意が必要です」

こう話すのは、東邦大学医療センター大橋病院消化器内科の渡邉学臨床教授。肝臓や胆道などに関わる病気の診断・治療を数多く手掛けている。

胆汁をためる胆のうに、結晶化した石が生じる胆石と、胆のうの出口や胆管を詰まらせる胆管結石(または総胆管結石)で、痛みや黄疸(おうだん)などの症状を引き起こす。みぞおちや右脇腹付近の激痛が一般的な痛みの症状だが、背中に痛みを感じる人もいる。治療法は、外科的に胆のうを取り除く、あるいは、薬によって石を溶かすなど確立している。しかし、胆道がんは難しい。

「胆道がんは、胆道に沿ってがんが生じるため、早期段階では無症状のことが多い。がんで胆管が塞がる胆管閉塞で胆石のような症状(黄疸や痛み)が生じることで、見つかるケースも珍しいことではありません」

進行した胆道がんでは、手術ができない場合、薬物療法や放射線治療などが行われる。渡邉医師は、胆道がんで閉塞した胆道にステントという医療機器を入れるなど、胆汁の通り道を作るIVR(別項参照)治療を得意としている。

「IVRにはさまざまな治療法があります。肝胆膵領域のがん治療では、IVRが役立つことも多い。背中の痛みは、進行した膵がんでも見られますが、医療は日進月歩で進歩しています。医療機関を早めに受診していただきたいと思います」

胆石症のリスクは、脂質異常症や食生活の乱れ、急激なダイエットなどが関係するといわれる。

一方、胆道がんは、食生活との関連はよくわかっていない。ある種の化学物質を高濃度で浴びたときや、生まれつき胆管の出口と膵管の出口に異常がある場合、リスクが高いとされる。しかし、普通に生活をしていても発症する人はいる。

「胆道がんに関わらず、食生活の乱れは、さまざまな病気のリスクを高めるのでよくありません。脂肪肝を放置し、非アルコール性脂肪肝炎で70~80代で肝硬変になり、背中の痛みにつながるような病態を引き起こすこともあります。食生活の見直しは重要といえます」

暴飲暴食をしても「今は痛くないから大丈夫」と甘く考えていると、近い将来に激痛に見舞われることも…。あすさらに詳しく紹介する。 (取材・安達純子)

■渡邉学(わたなべ・まなぶ) 東邦大学医療センター大橋病院消化器内科臨床教授。1981年東邦大学医学部卒。米・南カリフォルニア大学肝臓病センター留学、東邦大学医療センター大森病院消化器内科准教授などを経て、2017年から現職。肝臓病の診断・治療、特にIVR(インターベンショナルラジオロジー)治療を得意としている。

■IVR治療とは

IVRはインターベーショナルラジオロジーの訳。X線やCT(コンピューター断層画像)、超音波などの画像診断装置で体内を見ながら、細い医療機器(カテーテルや針)を入れて標的となる病気の治療を行う。血管のつまりから、がん治療まで幅広く対応。さまざまな医療領域で欠かせない存在となっている。※日本インターベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会)資料より

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ