あなたの健康はお金で買えますか・・・? 若い女性に急増中「固定電話恐怖症」を克服する方法
fc2ブログ

若い女性に急増中「固定電話恐怖症」を克服する方法

スマートフォンの急速な普及により、1人1台携帯電話を持っているのが当たり前の時代になりました。

また、LINEやFacebookなどのコミュニケーションツールが発達し、家族や友人と連絡を取るのも手軽になり、不便さを感じることも少ないのではないでしょうか?

このように、個人的なやりとりは携帯電話で済んでしまうという便利さの反面、”固定電話離れ”が進行しているのはご存知でしたか? 

近年、就職したての若い女性を中心に「電話をかけるのが怖い」「電話に出るのが怖い」と深刻に悩む“固定電話恐怖症”が急増しているんです。

今回は、固定電話が怖くなくなる克服法をご紹介していきたいと思います。

■固定電話が怖いと思う理由

固定電話恐怖症は社会人の多くにみられる症状だそうです。

特に、就職したてでオフィスで電話対応をする機会が多い女性によくみられるそうで、「電話をかけるのが怖い」「電話に出るのが怖い」という気持ちから、仕事に支障をきたすこともあるのだとか。

電話に出られるのに出ず、留守番電話を聞いて心の準備をしてから折り返す人や、電話対応に自信がないという理由から席を離れ、部屋のすみでコッソリと電話をする人もいるそう。

電話は声だけが頼りのコミュニケーションなので、相手の姿や表情が見えず、不安な気持ちになることがありますよね。

さらに、会社でとる電話は自分宛てのものではなく、誰かに取り次がなくてはいけないものがほとんどのため、「何を話しているのかわからない」「対応で失敗したらどうしよう」「自分の対応を立ち聞きされているんじゃないか」という思いから、症状が悪化してしまう傾向があるのです。

固定電話恐怖症の症状が悪化すると、携帯電話に出るのも怖くなり、日常生活に影響してきます。そうならないためにも、電話対応は怖くないと思えるように克服したいですよね。

■電話対応が怖くなくなる克服法 

会社の電話をとるときは誰でも、「電話がかかってきちゃった、どうしよう!」と焦った経験があるのではないでしょうか。

ですが、態勢を整えておけば焦らずスムーズな対応をすることができます。電話対応が苦手という人は、下記の心構えを参考にし、実践してみてください。

(1)電話がかかってきたときによく使う言葉を頭に入れておき、言葉につまらないようにしておく

(2)様々なシチュエーションを想像し、シミュレーションをする

(3)相手が話した内容をしっかりと把握するために、メモの準備をしておく

(4)電話に出る前に深呼吸をして、気持ちを落ち着ける

(5)聞き取れなかったことはそのままにせず、再度話してもらう

コツを覚えてしまえば電話対応は怖くなくなります。経験を重ねて電話上手になりましょう!
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ