あなたの健康はお金で買えますか・・・? 2024年から「相続登記」が義務化 トラブルを回避するための正しい手順
fc2ブログ

2024年から「相続登記」が義務化 トラブルを回避するための正しい手順

 大改正が相次いでいる相続制度。全国の人に大きな影響を及ぼすルール変更が目前に迫っている。2024年4月1日からの「相続登記」の義務化だ。

【表】まずは基本を押さえる!死後の相続手続きのステップ

 相続登記とは、土地や建物の所有者が亡くなった際に、その名義を亡くなった人から取得した人へと変更する手続きだ。『トラブルの芽を摘む相続対策』の著書がある相続コンサルタントの吉澤諭氏が解説する。

「これまで相続登記に期限が設けられておらず、名義変更せずに放置しても罰則はありませんでした。しかし、2024年4月からは相続人が相続の開始を知り、かつ不動産の所有権を取得したことを知った日から3年以内に正当な理由なく相続登記を怠った場合、10万円以下の過料が科されるようになるのです」

 ポイントは、この新しいルールが遡って“過去の相続”にも適用されることだ。親が亡くなって不動産を相続したのに「名義変更」をせずに放置してきた人たちも、処分の対象になる。

「通常は法律が施行されるとその日以降に発生したものが適用対象となりますが、今回の改正では施行前に相続登記が未了となっている不動産についても適用されます。背景には、相続登記をしていない不動産があちこちに存在して、“所有者不明の土地”だらけになっているという実情があります。

 相続登記をすると登録免許税などの費用がかかるし、名義変更しなくても亡くなった親宛てに固定資産税の納付書が送られてくるので、それを納付しておけば行政から指導されることもなかった。それゆえ、売却予定のない田畑や自宅の登記を放置してしまう人が多かった。今回はそこに新たに網が掛けられるということです」

 身内が亡くなった後は葬儀などの手配とともに、数々の手続きを期限内に済ませなければならない。主な27の手続きを表にまとめたが、原則として相続放棄の判断は3か月、相続税の納付までは10か月以内といった“タイムリミット”がある。そうしたなか、これまでは当面そのままにできた不動産の相続登記にも期限が設けられるわけだ。

共有名義はダメ、絶対
 相続時に不動産の名義変更を済ませておかないと、過料を科されるばかりでなく、様々な面倒が生じるリスクがある。

「問題が複雑になるのは、亡くなった親の不動産がさらに“先代の名義”のままになっている場合です。ずっと前に亡くなった祖父や曾祖父の名義のままというケースもある。そうなると、名義変更するためには遡って“先代や先々代の遺産分割協議書”を作成しなくてはならない。

 父の兄弟姉妹やその子供たち、祖父の兄弟姉妹やその子・孫たちといった具合に権利を持つ人がねずみ算式に増えて、大量の関係者の同意と印鑑が必要になってしまうのです」(吉澤氏)

 吉澤氏が相談に乗った事例のなかには遺産分割協議書に33人のハンコが必要というケースもあったという。

「すぐにハンコを押してくれる人ばかりとは限らないし、認知症の人がいれば家庭裁判所が関与してくる。相続税の申告期限である10か月以内に手続きが完了できなくなり、税務署にとりあえず“未分割の申告”をしなければならないなど面倒が生じます」(吉澤氏)

 そうしたトラブルをなくすために必須となる相続登記。手順について吉澤氏はこう説明する。

「まずは死亡届を提出し、相続人を確定させて遺産分割を話し合います。遺言書がある場合は話し合う必要はありません。そのうえで関係書類を用意します。親など被相続人が亡くなったことを証明する除籍謄本、住民票の除票、さらに相続人が誰かわかるように被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍をすべてつなげて準備する。遺産分割協議書には相続人全員の実印と印鑑証明書が必要です。こうした書類は銀行預金などすべての名義変更に共通して必要となります」(吉澤氏)

 専門家に相談する場合、登記については司法書士に依頼するのがよいという。報酬額は「概ね5万円から10万円程度」(吉澤氏)が相場だ。

「相続登記に際しては、前妻の子や養子になっている孫など相続人に漏れがないかに注意を払いましょう。そのうえで、ひとつの不動産を複数の相続人の“共有名義”にすることを避ける。将来、共有する相続人同士の足並みが揃わず、建て替えや売却ができずに不動産を塩漬けにしなくてはならないトラブルに発展しやすいからです」

 自分自身、そして子や孫の代になってからトラブルに巻き込まれることがないように、「名義変更」を正しく進めることが大切だ。

※週刊ポスト2022年6月3日号
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ