あなたの健康はお金で買えますか・・・? 電気代“高騰”時代に知りたい「電気代」節約する家電の使い方
fc2ブログ

電気代“高騰”時代に知りたい「電気代」節約する家電の使い方

「ジメジメした梅雨が間近に迫り、冷房を使う機会が増えていますが、気になるのは電気料金。原油価格の高騰のあおりを受けて昨年9月から徐々に値上がっています。5月には、東京電力の平均モデルの電気料金が、昨年同月より約24%増、約1700円も高くなり、過去5年で最高水準となりました。先行き不透明なウクライナ情勢によって、燃料費はまだ高騰傾向にありますから、当面は電気代の値下げはないでしょう」

こう語るのは、家電ライターの藤山哲人さんだ。

たしかに毎月の電気料金引き落とし額を見ても、使い方に大きな違いがないのに、上がる一方。

「冬に次いで、夏は電気を使う季節。当たり前だと思っていた“家電の常識”が、じつは逆効果ということもありますので、いまのうちに正しい節電方法を知っておきましょう」

そこで、クイズ形式で正しい節電方法を勉強していこう。

■冷蔵庫

【Q1】冷蔵庫にはモノをどう入れるべき?

〈A〉冷蔵室はモノを半分まで、冷凍室はつめつめ

〈B〉冷蔵室はつめつめ、冷凍室はモノを半分まで

答え:A。冷蔵室は満杯より半分のほうが年間1180円安い。

「冷蔵室は、内部の通風口から冷たい風が流れて、全体を冷やします。つまり、ある程度の隙間が必要」(藤山さん・以下同)

『省エネ性能カタログ』(資源エネルギー庁)によると、満杯にした冷蔵庫に比べ、半分にした場合は年間1180円の節約になるとある。

「賞味期限の切れた調味料は捨てたり、常温保存できる未開封の瓶詰め商品は冷蔵室から出しましょう。逆に、冷凍室は、お互いが保冷し合うようにつめつめ気味に」

【Q2】カレンダーやレシピなどの紙を貼るなら、冷蔵庫のどこに貼るべき?

〈A〉側面

〈B〉正面ドア

答え:〈B〉。壁と適切な距離を作ると年間1220円お得。

「多くの冷蔵庫は、側面と天井から放熱する構造なので、レシピやゴミの日などのプリント類を貼るなら、正面ドア側が正解です」

『省エネ性能カタログ』では、壁から適切な距離で設置することで、年間1220円の節約になると報告されている。

「壁と冷蔵庫の隙間はほこりがたまりやすいので、こまめに掃除をすること。直射日光が当たる場合は、影を作るように窓にシートを貼るなどして対応を。気をつけたいのが、ホットプレート。冷蔵庫の上にしまっていませんか?」

■電子レンジ

【Q3】野菜の下ごしらえはどちらでやるのが安い?

〈A〉ガスコンロ

〈B〉電子レンジ

答え:〈B〉。電子レンジの多用で年間1000円超安い。

「電子レンジ」=「電気代が高い」と考えてしまいがちだが、じつはガスコンロのほうが非効率。『省エネ性能カタログ』でも、1日1回、電子レンジで100グラムの葉野菜(ほうれん草やキャベツ)を調理すると年間1140円、根菜(じゃがいも)で年間1120円、果菜(かぼちゃやブロッコリー)で1230円もの節約になるという。

「電子レンジだと、水溶性のビタミンも損なわれません」

■照明

【Q4】蛍光灯よりも購入費は高いLED。何年使い続ければ、蛍光灯より得?

〈A〉3年

〈B〉5年

〈C〉8年

答え:〈A〉。差額6600円が3年で消える

「毎日のように利用するシーリングライト。蛍光灯に比べ、LEDのほうが省エネとわかってはいるものの、値段が高いので買うのに勇気がいる人も多いはずです」

だが『省エネ性能カタログ』によると、LEDの消費電力は蛍光灯の半分のうえ、寿命は6倍以上。LED(約8700円)と、蛍光灯(約2100円)をそれぞれ1日5~6時間使用した場合、電気代と本体代を含めても、3年後以降はLEDのほうが得に。

■テレビ

【Q5】テレビの電気代を節約するにはどちらがお得?

〈A〉明るさ調整

〈B〉コンセントを抜く

答え:〈A〉。待機電力は年間10~30円。

昭和育ちはこまめにコンセントを抜きたくなるものだが、テレビの待機電力の電気代は年間10~30円程度とか。一方、『家庭の省エネハンドブック』(東京都)によると、テレビ画面(32型)を暗めに設定することで、年間720円得に。

「映画を見るための“ダイナミックモード”などは明るいので注意。スタンダードモードに切り替えたり、明るさを2~3割下げる設定を。レースのカーテンで部屋の明るさを調整してもいいでしょう」

■洗濯乾燥機

【Q6】衣類を乾かす場合の電気代。安い順に並べなさい

〈A〉縦置きの洗濯乾燥機

〈B〉ドラム式の洗濯乾燥機

〈C〉浴室乾燥機

答え:〈B〉→〈A〉→〈C〉。浴室乾燥機はドラム式の3倍の電気代

「自然乾燥がもっとも低コストなのは言うまでもありませんが、梅雨の季節、乾燥機に頼る機会も多いでしょう。コスト面では、ドラム式の乾燥機が1回30円ほどといわれています。縦置きの洗濯乾燥機は水も多く使うため1回60円ほど。浴室乾燥機は浴室全体を乾燥しなければならないし、時間もかかるので1回70~100円ほどかかるでしょう」

■節電ワザ

〈洗濯ものはまとめ洗いがお得です!〉

『家庭の省エネハンドブック』によると、洗濯機は容量の4割の洗濯物を2回洗うよりも、8割にして1回にまとめて洗うと、水と電気代を合わせ、年間4190円も安くなる。

「人気のドラム式洗濯機は節水効果があるし、洗剤の自動投入機能があれば、目分量よりも1.5倍洗剤を節約できるといわれています」

電気代の高騰が止まらないなか、どう使えば電気代は節約できるのか。今のうちに確認しよう!
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ