あなたの健康はお金で買えますか・・・? 米国神経学会がアルツハイマー病治療薬アデュカヌマブのレビュー結果を発表
fc2ブログ

米国神経学会がアルツハイマー病治療薬アデュカヌマブのレビュー結果を発表

アルツハイマー病患者へのアデュカヌマブ使用に関するエビデンスが米国神経学会(AAN)ガイドライン小委員会により報告され、「Neurology」4月12日号に掲載された。

米メイヨークリニックのGregory S. Day氏らは、早期症候性アルツハイマー病患者へのアデュカヌマブ使用について検討された臨床試験データのシステマティックレビューを実施。クラスIと評価された臨床試験1件、クラスIIと評価された臨床試験3件のデータを用いた。

その結果、クラスI研究では、1回用量が30mg/kgまでのアデュカヌマブは安全で、忍容性が高いことが示された。また、クラスII研究の3試験全てにおいて、プラセボ群に比較してアデュカヌマブ群で1年後、脳のPET画像でアミロイド蓄積が減少するというエビデンスが示された。

クラスII研究での有効性データは用量と評価項目によってばらつきが見られたが、アデュカヌマブはClinical Dementia Rating Sum of Boxesスコアの平均変化量で効果なし、またはプラセボ群に比較して悪化が少ない(臨床的重要性は不確か)という結果となった。アミロイド関連画像異常が見られたのは、プラセボ群の10%に対し、アデュカヌマブ群では約40%だった。

Day氏は、「新たな研究データが利用可能になるまでは、現在のデータを集中的に理解することが、医師、患者とその家族がアデュカヌマブによる治療を行うかどうかを議論し決定する上で重要である」と述べている。

なお、数名の著者は、製薬業界および医療業界との利益相反(COI)を開示している。(HealthDay News 2022年3月3日)

https://consumer.healthday.com/report-presents-evidence-for-aducanumab-use-in-early-alzheimer-s-2656751965.html

Abstract/Full Text (subscription or payment may be required)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ