あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「自覚症状ないが、治療は必要?」糖尿病の基本を名医に聞いた!
fc2ブログ

「自覚症状ないが、治療は必要?」糖尿病の基本を名医に聞いた!

糖尿病を患う人は少なくなく、予備群を含め、患者は2千万人以上と推定される。順天堂大学順天堂医院 糖尿病・内分泌内科科長の綿田裕孝医師と横浜市立大学病院内分泌・糖尿病内科部長の寺内康夫医師にこの病の特徴と治療法について聞いた。

Q:病院で糖尿病と言われました。何も自覚症状がないのに、治療が必要ですか?

A:「血糖値が非常に高い場合、口の渇きや多尿、全身倦怠などの自覚症状が表れます。一方、それほど高くない場合は、自覚症状はほとんどありません。

しかし症状が出ない程度の高血糖でも、年月が経つと血管や神経がダメージを受けて、神経障害や網膜症、腎症などの重い病気を引き起こします。心筋梗塞や脳卒中も招いてしまいます。それらの合併症の症状が出ると、障害を元に戻すことは極めて難しいのです。

 したがって、自覚症状がない段階でも病院に通い、合併症予防のために血糖コントロールするほうが賢明です。医師から薬を処方された場合は、飲む回数やタイミングなどをきちんと守ってください」(綿田医師)

Q:糖尿病は完治しないといわれています。ずっと薬を飲み、注射も打たないといけませんか?

A:「糖尿病の初期段階では、治療の基本は生活習慣の改善です。過食や運動不足を見直し、血糖値がコントロールできれば薬は不要です。しかしできなければ、内服薬や注射薬を使うことになります。

 ただ、生活習慣の改善は大切ですが、それが患者さんの過度な負担になるのは問題です。糖尿病は長く付き合っていかなければならない病気だからです。

生活習慣の改善はできる範囲でおこない、あとは薬でカバーしましょう、と私は患者さんにお話ししています。治療薬が限られていた時代とは違い、現在は患者さんに合った薬が選べるようになっています」(綿田医師)

Q:SGLT2阻害薬は死亡例の報道もありました。安全な薬でしょうか?

A:「医薬品を管理・規制する独立行政法人の指示で、製薬メーカーによる調査が2014年以降におこなわれました。対象はSGLT2阻害薬を使った65歳以上の全患者。そのうち『スーグラ錠』(商品名)では、約7千人の中間解析結果が公表されました。

 それによると、副作用の報告は既知のものばかりでしたが、その中に死亡例があったのは事実です。ただ、糖尿病の患者さんはもともとさまざまな血管障害が進行していることが多く、ハイリスクで、すでに広く使われている糖尿病薬でも死亡例はあります。

医師が、SGLT2阻害薬の効果が大きく、デメリットが少ない患者さんかどうか見極めて処方する。患者さんも適切に使用すれば、大きな問題は避けられると思っています」(寺内医師)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ