あなたの健康はお金で買えますか・・・? 認知症と似てる老人性うつ 見つけ方と対処法
fc2ブログ

認知症と似てる老人性うつ 見つけ方と対処法

 うつ病は、子どもから高齢者まで幅広い年代にみられる病気だが、実は老年期の発症は他の年代よりも確率が高い。厚生労働省の2014年の患者調査によれば、65歳以上の高齢者でうつ病で入院した患者は全国で1万人。

64歳以下の合計が8000人と比べて多い。高齢者のうつ病は「老人性うつ」と呼ばれている。精神科医として長年、さまざまな精神疾患を治療してきた「ストレスケア日比谷クリニック」(東京・千代田区)の酒井和夫院長に、「老人性うつ」の見つけ方と対処法を聞いた。

病気じゃないのに体の不調にこだわるの老人性うつの症状

 老人性うつで怖いのは、やはり自殺です。内閣府の『平成26年版高齢社会白書(全体版)』では、2013年の60歳以上の自殺者数は1万1034人。年代別に見ると70代以上が年々増加しています。

 そもそも、老人性うつとはどのような病気なのか説明しましょう。

 老年期のうつ病と他の年代のうつ病には、本質的な違いはありません。私のクリニックには、小中学生から60~70代の方まで様々な患者さんがいらっしゃいますが、基本的にうつ病の症状は、喜びの喪失、意欲の低下、思考力の低下、この三つの条件に当てはまります。加えて、老人性うつの患者さんには、原因不明の身体的な症状を訴えるケースが多いという特徴があります。

 検査で病気がないと判明しているのに、体の不調を訴え続けることが多いのです。

 たとえばこんな高齢者の例があります。歯の噛み合わせが悪いと感じ、歯医者で治療してもらったにも関わらず噛み合わせが悪いと主張。さらに別の歯医者で診てもらったのに「良くなった」といわないのです。これは老人性うつである可能性が高いといえます。

 頭痛や胃痛、腰痛といった症状の場合も同様で、痛みの原因となるような病気がないのです。

 また、老人性うつは、認知症と見分けがつきにくい病気でもあります。

 私は1年ほど前からクリニックでの診察のほかに在宅診療も行っているのですが、私の診療の中では認知症よりも老人性うつの方が多いと認識しています。認知症との一番の違いはひどい物忘れが見られないことです。認知症と疑う前に、老人性のうつである可能性も視野に入れてください。

 以下の状態が2つ以上ある場合は、老人性うつの前兆かもしれません。

・食欲がなくなった
・好きなテレビを観なくなった
・出かけることが少なくなった
・笑顔が少なくなった
・落ち着きがなくなった
・便秘がちになった

 欲求がなくなるのは注意信号です。また、態度や活動状態の変化もうつの兆候ですので注意が必要です。

 また、以下が1つでも当てはまる場合は、すぐに精神科を受診するようにしましょう。

・不眠を訴えるようになった
・不安や焦燥感を口にする
・特に悪いところはないのに身体のどこかが悪いと悩む

原因となるのは死別、独居、引っ越しなどの環境

 うつは、何の原因もなくなるわけではありません。引き金となるのは主に環境です。次にあげるようなことはありませんか?

 老人性うつの引き金になる環境をチェックしましょう。

・特に仕事をしていない
・没頭できる趣味や気晴らし法がない
・子どもが独立して夫婦だけの生活になった
・配偶者を亡くした
・長年一緒にいたペットが死んだ
・家族・親戚・知人などがあまり訪ねてこない
・がんなど再発しやすい病気をした
・腎臓病など改善が難しい病気を持っている
・住み慣れない土地に引っ越すことになった
・炭水化物が多いバランスの悪い食生活をしている

 このような状況で「喪失感」や「不安」があるようなら、老人性うつへの進行に注意しておいたほうがいいでしょう。

バランスの良い食生活で老人性うつ対策を

 食事にも注意が必要です。

 一人暮らしや高齢で食事を作れなくなった世帯では、コンビニ弁当などを食べる機会が増えるかもしれません。そうした食生活ではどうしてもサンドイッチやおにぎり、パスタなど炭水化物に偏りがちです。

 炭水化物は体内でブドウ糖に変換されてエネルギーとなる物質です。ブドウ糖は脳のエネルギー源でもありますから、もちろん欠かすことはできません。しかし、脳を働かせるにはエネルギーだけでなくビタミンやミネラル、たんぱく質や脂質といった栄養素も必要です。

ですから、野菜や豆類、肉や魚、海藻類といった食材もとらなければならないんです。いくら高級な車でも、ガソリンばかり補給して燃焼させては焼け付いてしまいます。オイルや電気系統など細部を整えてこそ、快適な走りを実現できます。脳の働きも、それと同様なんです。

 バランスの良い食生活を心がけることは、老人性うつを避ける対策の一つになります。

治療の効果を上げるカウンセリングを使うべし

 治療については、うつ病は抗うつ剤などの薬物療法が基本で、老人性うつも同様です。ただし老人性うつの場合、抗うつ剤の使い方が難しいという面があります。ひと口に抗うつ剤といってもいろいろな種類があり、中には副作用で血圧を上げてしまうものや、尿が出にくくなるもの、頻脈が生じるものなどがあります。

つまり、高齢者に向かない抗うつ剤が結構あるということです。高齢になると緑内障になっている方も多いのですが、緑内障の患者さんには使えない抗うつ剤もあります。

 実は薬物療法がすべてを改善させているわけではなく、患者さんは「病院に通う」ことで状態がよくなることがあるんです。病院では、医師が治療に通じる情報を引き出すためにいろいろな質問をしますし、患者さんは看護師と軽い世間話をすることもあります。実はこれだけで老人性うつは改善に向かうことがあるのです。若い年代の患者さんは「他人にかまわれることが苦痛」なので逆効果なんですが、高齢者はかまってもらえることがうれしいからです。

 場合によっては精神科よりもカウンセリングのほうが効果を上げることがあります。精神科医の世界では、カウンセリングは薬物治療の二の次とされることが多いのですが、そうともいえないのです。精神科医は自覚症状や既往歴などを中心に話を聞くことになりますが、カウンセラーはその人の現在と未来など人生を一緒に考えます。

若い人には当たり前のように現在と未来がありますから、カウンセリングをしてもなかなか前に進まないことがあります。しかし人生の残り時間が少ない高齢者にとって、今後の人生を考えることは違った意味を持ちます。カウンセリングによって老人性うつの程度が軽くなれば、薬を多く処方しなくてもすみます。

 おしまいに、両親や祖父母が老人性うつと診断されたとき、家族はどのように接すればいいかをお話ししましょう。

 体の不調を訴えているのであれば「つらいね」「大変だね」と、その主張を認めてあげることです。間違っても「そんなのは気のせいだ」といった、否定や反論をしないこと。怒ったり檄を飛ばしたりしたいところですが、受け入れてあげることが最善なのです。認知症は現代の医学では治すことはできませんが、老人性うつは治療すれば改善できる病気です。老人性うつのお年寄りを介護しているご家族には、希望を持ってもらいたいと思っています。

酒井和夫(さかい・かずお)
ストレスケア日比谷クリニック院長。精神科医。医学博士。日本精神神経学会精神科専門医、指導医。東京大学文学部・筑波大学医学部を卒業後、長谷川病院を経て平成8年にストレスケア日比谷クリニックを開業。院長として精神科の一般臨床に携わる。精神医学、心理学に関する著書も多く、獨協大学・筑波大学等数か所の大学においても非常勤講師として精神保健一般についての講義を行ってきた。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ