あなたの健康はお金で買えますか・・・? 電気料金値上げ時代の節約ポイント「契約アンペア見直し」「エアコン・冷蔵庫買い替え」等
fc2ブログ

電気料金値上げ時代の節約ポイント「契約アンペア見直し」「エアコン・冷蔵庫買い替え」等

 コロナ禍、ウクライナ侵攻、20年ぶりの1ドル=130円にも達した円安などの影響で、値上げラッシュが続いている。火力発電がメインの日本は発電所の燃料などに使う原油と天然ガスの高騰により、今後も電気料金の値上げが続くとみられる。電気料金を節約するにはどうすればよいのだろうか。

【一覧】さっそく始められることも! 光熱費を抑える生活のポイント

 選択肢となるのが電気契約という「根本」の部分の見直しだ。経済ジャーナリストの荻原博子さんはこう話す。

「電気の契約アンペア(A)を下げると、基本料金を抑えることができます。ブレーカーを気にして節電するようにもなるので一石二鳥です」

 都内で夫とふたり暮らしする60代主婦が笑顔で語る。

「ウチは東京電力の基本契約を60Aから40Aに変更しました。これで基本料金が572円安くなり、年間6864円の節約です」

 近年は電気とガスの自由化が進み、都市部を中心に新たな電力会社が登場した。光熱費を浮かすには、そうした新会社に乗り換えるのもひとつの手。

 参加者が電気を共同購入する「グループパワーチョイス」という手段もある。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが説明する。

「自治体などが呼びかけ、参加者が太陽光や風力など自然由来を含む電気を共同購入するしくみで、参加者が増えるほど電気代が安くなります。過去の実績では、平均で8~9%電気代が安くなった。実施するかどうかは自治体により異なるので、興味があるなら役所に問い合わせましょう」

 分譲マンションは、「一括受電」で電気代が安くなる。

「通常、マンションは各戸が個別に電気会社と契約を結びますが、『一括受電』では、マンションの管理組合などが電力会社と契約を結びます。これにより、各戸の電気料金が5~10%ほど安くなることが一般的です。ただし、入居者全戸の同意が必要などのハードルがあり、導入の際は住人同士の話し合いが欠かせません」(荻原さん)

電化製品は「ひとつ型落ち」に

 電気代を節約するには契約の変更だけでなく、製品の買い替えも有効だ。関西在住の70代主婦が語る。

「日本の電化製品は持ちがよく、もう20年以上同じモノを使っています。でも最近娘から“古い家電の方が、電気代がかかって損だよ”と買い替えをすすめられて、どうすべきか迷っています」

 実は昔ながらの家電を使い続ける家庭は、大損している可能性が高い。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが指摘する。

「家電のなかで最も電力消費が大きいのはエアコンですが、現在のモデルは10年前と比べて消費電力20%減。つまり、昔のモデルだと電気料金が2割増しになる。冷蔵庫もここ10年の断熱材の進化で、大きく性能をあげました。ちなみに“冷蔵庫は小型の方が電気代が安い”というのは間違いで、最新の250~300リットルの冷蔵庫は年間電気代9000円ですが、400~450リットルタイプは年7000~8000円。買い替える際は、大容量の方がお得になります」

 意外な節約ポイントとなるのが照明機器だ。

「一部屋の蛍光灯の電気代は年間5000~9000円ですが、LEDに変えると2500円ほどで、半額から3分の1以上下がる。さらにLEDは蛍光灯より40倍も寿命が長いとされます。初期費用はLEDの方がかかりますが、トータルでは蛍光灯より断然お得です」(安蔵さん)

 一方で炊飯器には注意。

「エコ機能のついた炊飯器もありますが、加熱機器はワット数をセーブすると、味が落ちます。その結果、製品の満足度も下がるので要注意です」(安蔵さん)

 さらに家電を買い替える際は「ひとつ型落ち」が狙い目だ。

「最新モデルは高値ですが、ひとつ型落ちの家電製品になると性能もあまり変わらずとも、ガクッと値段が下がります。特に月末は安くなりやすいので、買い替えのチャンスです」(荻原さん)

 すでに家庭にある家電の使い方にも気をつけたい。

「洗濯機の電気代は大したことないですが、乾燥機は1回60円程度かかるので、屋外に干せば節約できます。食器洗い乾燥機は便利ですが1回20円程度の電気代がかかる。軽い汚れならエコモードや手洗いで対応するのも手です」(安蔵さん)

※女性セブン2022年6月9日号

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ