あなたの健康はお金で買えますか・・・? もはやダイエットの常識! 「食べないのにやせない」ではなく、「食べないから太る」
fc2ブログ

もはやダイエットの常識! 「食べないのにやせない」ではなく、「食べないから太る」

 「1日1200kcal以下に抑えているのにやせない」「炭水化物はほとんど食べず、野菜ばかり食べているのに逆に体重増」「食べる量が少なく、常にお腹がすいている状態……。

だけど体重に変化なし」といった、「食べていないのにやせない!」状態に悩んでいる方に、その理由と対策をご紹介したいと思います。

■「食べないのにやせない」ではなく、「食べないから太る」

 ダイエットによる栄養失調を体が察知するとカロリーをなるべく消費しないよう生命の防衛本能が働きます。結果、「カロリーを消費しない=脂肪を燃やさない」ダイエット効率の悪い体に。

 食べた物を消化、吸収、代謝するときに、体の中ではたくさんのエネルギーが使われるので、大量のカロリーを消費します。しっかり食べて胃腸を活発に動かせば、それだけでカロリーが消費できるのです。

■ゼロカロリー、ローカロリーばかりを食べない

 極力カロリーをとりたくないから、こんにゃくや寒天でお腹を満たす。サラダにかけるのはノンオイルドレッシングで、飲み物は水かローカロリー飲料。肉や油、炭水化物を極力食べずに、サラダばかりを食べる……。

 このような食生活だと必要な栄養が不足し、消化、吸収、代謝機能が低下します。ゼロカロリー、ローカロリーは熱量がない食材なので、体が熱を生み出せずに冷えていきます。

冷えると体は脂肪を蓄えようとするので、ますます脂肪を燃やすことは困難に。ゼロカロリー、ローカロリーをダイエットに活用するのがダメなのではなく、そればかりを食べるのが問題なのです。

■油はダイエットの味方。適度にとりましょう

 ダイエットに大敵と思われがちな油ですが、良質なものは強い味方になってくれます。良質とは、天然の植物性オイル(オリーブオイル、しそ油、えごま油、亜麻仁油、ごま油)など、原料を生で絞ったもの。

女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、ダイエットにありがちなイライラや暴飲暴食を防ぎ、ストレスのないダイエットができます。

 油は加熱すると酸化するので、ベストな摂取方法は生でとること。一日小さじ2~3杯程度の油を、サラダ、煮物、味噌汁、スープ、和え物に加えて食べましょう。

■肉を食べて痩せよう

 「肉=太る」という考えもNG。特に赤身の肉には、代謝をあげて脂肪を燃焼する働きのある成分、L-カルニチンが含まれています。L-カルニチンは牛・羊>豚>鶏の順に含まれているので、ダイエット中は、牛ヒレといった赤身の強い肉を選ぶのがポイント。

 肉には甘い物を食べたい欲求を抑える働きのあるチロシンも含まれています。ダイエット中にやたらと甘い物が食べたくなる人は、肉不足になっていないか食生活を見直しましょう。

■「お米は太る」は間違い

 若い女性の間では、お米は太るのでパンを食べる人が多いようですが、実はお米のほうが太りにくい食材です。昔から日本人が食べてきたお米は、私たちの体質にとても合っていて消化吸収もよく、普通に食べていれば太る心配はありません。

 逆に、パンやパスタ、うどんなどの小麦製品は体内で分解しづらく、分解できなかった成分は腸壁にたまるといわれています。そうなると、腸内の活動低下とともに代謝が鈍くなり、痩せなくなります。

 お米の中でも、玄米や雑穀米は白米に比べ、ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富なのでオススメ。慣れるまで白米に玄米や雑穀米を混ぜるとよいでしょう。

■我慢するダイエットはNG

 「甘い物や揚げ物はNG」「炭水化物はカット」といった我慢するダイエットを続けることは難しく、必ず失敗するといってもいいでしょう。体や心にストレスを感じると、脳は飢餓状態であると勘違いし、いざというときのために脂肪を蓄えようと働きます。ストレスは自律神経のバランスを崩す原因にもなり、これがさらに痩せにくい体を作ります。

 人間として当たり前の食生活を見直し、ストレスフリーの環境を作ることが、痩せやすい体作りに効果的です。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ