あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「18歳成人」でトラブル増加懸念 大学生を苦しめる「脱毛ローン」の実態
fc2ブログ

「18歳成人」でトラブル増加懸念 大学生を苦しめる「脱毛ローン」の実態

 民法改正により、4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられた。これまでは20歳未満は未成年とされ、高額な金銭契約など親の同意を得ずに契約した場合「未成年者取消権」によって契約を取り消すことができたが、今では18歳以上が“契約に対して責任を負う”立場になった。そうしたことから今後、契約に関するトラブルが増加することも懸念されている。

【写真3枚】一気に処理できる「全身脱毛」が人気だが、その契約には落とし穴も

 その一例となるのが、大学生が保護者の同意なく、「脱毛」の月賦払い契約を結び、月々の返済に追われるケースだ。若年層に広がりつつある「脱毛ローン」の実態とその問題点についてリポートする。

学生向けプランで「24回払い」「48回払い」を用意
 電車内を見渡すと複数の脱毛広告が目に留まる。特に女性に人気があるのは一気に全身のムダ毛を処理することができる「全身脱毛」のプランだという。関西の脱毛サロンで勤務していた元エステティシャンの女性・Aさん(27歳)が語る。

「全身脱毛プランの相場は、脱毛サロンならば15万~25万円ほど。医療脱毛を行うクリニックでは、30万~40万円ほどです。大学生が一括払いをするのは難しい金額ですよね。それでも、高額にもかかわらず、若年層の方が気軽に契約してしまう背景に、分割払い(ローン)の存在があります。実際、契約される方の多くがこの形態で支払いをしています。

 脱毛の場合はショッピングローンや医療ローンを組むことができ、前者の場合はクレジットカードを持っていなくても契約が可能。全身脱毛にかかる総額を、好きな回数に分割して払うことができるため、学生は『こんなに安く脱毛ができる』と思い込んでしまうわけです。

 なかには、サロン独自のローンやデビットカード払い、電子決済などを導入するところも増えているので、そこまで厳しい審査を経なくても契約ができるのが現状です。ローンの仕組みを知らない学生さんの中には、クレジットカードの分割払いよりも手数料が高い、サロン独自のローンを組んでしまうケースもあります」(Aさん)

 学生向けプランとして24回払い、48回払いなどのローンを用意しているサロンもあり、アルバイトで生計を立てているような学生も、「月3000円」「月1万円」といった言葉に釣られて契約書にサインをしてしまうという。そして、成人年齢が18歳に引き下げられたことで、18歳や19歳でも、保護者の同意なく契約が成立するようになった。

予算30万円だったのに結果的に50万円超に
 だが、脱毛サロンに通う場合、当初予定していた金額では収まらないケースは少なくない。全国にチェーン展開する脱毛サロンで勤務する女性・Bさん(30代)が明かす。

「一般的に医療クリニックで行われる施術は、照射力の高いマシンを使っており、痛みが出ることもありますが、目に見える結果が出やすいです。一方でエステサロンの脱毛は痛みこそ少ないものの、脱毛効果は医療脱毛に劣り、再び産毛が生えてくることも多いので、完全に毛を無くそうとすると、かなりの回数が必要になります。

 そのため、特にエステサロンの場合は、当初ローンを組んで契約していた回数、たとえば6回や12回プランをこなした後も毛が生えてきてしまう。そこで多くのサロンが部分脱毛の回数券を追加購入するように提案します。利用者の方も『ここまで毛が薄くなったのだから、せっかくならツルツルにしたい』と、追加料金を払うことになる。結果的に、当初想定していた金額以上の料金がかかるケースは多いです」(Bさん)

 さらに全身脱毛プランを提供するエステサロンや医療クリニックの中には、「顔脱毛」「うなじ」「VIO(デリケートゾーン)」といったパーツを、「全身」のなかに含めていないケースもある。そうなると、これらのパーツを脱毛しようとすると、別途料金がかかってしまう。

 なかでも人気パーツである「VIO」は毛質が濃いために、より多くの回数を重ねなくては効果が実感しづらい。こうして当初30万円程度を想定していた場合でも、結果的に「顔」や「VIO」脱毛を含めると50万円を超えることになるという。前出のBさんは、こう続ける。

「12回、24回払いなどで契約して、4年間、月々1万~2万円を払い続けている学生さんは多いです。家賃を払い、友達と遊ぶお金を確保しつつ、月々の引き落としがあるのは痛手でしょう。なかには『バイトの掛け持ちをして頑張って払っています!』というお客さまもいました。

 私自身、業界で働く身であり、また一人の消費者として全身脱毛を経験した人間でもあります。その立場から言えることは、脱毛は自己処理の手間が省けるメリットがあるものの、安い買い物ではないということ。自己責任で支払えるようになってからでも遅くはない、と思います。

 法律的には学生さんでも保護者の同意なくローン契約できるようになっていますが、やはりローンを組む際は、保護者と相談したほうが安心だと思います。ローンに反対されるのであれば、“都度払いサロン”を選ぶことで、必要以上の出費を抑えることもできます」(Bさん)

 成人年齢引き下げにともない、脱毛に限らず保護者の同意がなくともさまざまな契約が可能になった。学生が安易に契約書にサインをし、トラブルに巻き込まれないように、家族や学校でローンの仕組みや問題点を話し合う機会を持つことが必要ではないだろうか。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ