あなたの健康はお金で買えますか・・・? もやしは袋ごと、ピーマンは丸ごと冷凍!覚えておきたい最新「食品冷凍術」
fc2ブログ

もやしは袋ごと、ピーマンは丸ごと冷凍!覚えておきたい最新「食品冷凍術」

「特売日のまとめ買いは家計の救世主だけど、生鮮食品は長期間保存できないし……」と思っていませんか? 正しく“冷凍”すれば、長期間おいしく保存できるうえ栄養価もアップしちゃうんですーー!

 

「肉や魚以外にも、野菜や食パン、卵なども冷凍保存すれば、冷蔵室で保存するよりも長持ちさせられますよ」

 

そう語るのは『野菜まるごと冷凍テクニック』(パイ インターナショナル)の著書もある、ラク家事アドバイザーの島本美由紀さん。

 

「カットした野菜なら1カ月ほど、丸ごと冷凍するなら、切り口から乾燥しないため、2カ月ほど保存できます」

 

あらゆる商品が値上がりする昨今。安いときにまとめ買いして、取っておくためにも“冷凍”は使いこなしたいテクニック。

 

そこで、島本さんに、食品をおいしく冷凍するためのポイントを教えてもらった。

 

■食品冷凍のポイント5

 

【1】新鮮なうちに冷凍する

新鮮なうちに冷凍することで、おいしいまま保存できる。

 

【2】水分をしっかりふき取る

余分な水分は、味が落ちる原因に。水分はキッチンペーパーでしっかりふき取ろう。

 

【3】冷凍用保存袋に入れる

庫内の乾燥から守るために、保存袋は冷凍専用のものを使用して。しっかり空気を抜くことで、乾燥と酸化を防ぎおいしさをキープすることができる。

 

【4】素早く凍らせる

凍らせるスピードが遅いと食感や風味が悪化。熱伝導のよい金属製のトレーにのせると素早く冷凍できる。

 

【5】冷凍した日を書いておく

冷凍してもおいしく食べられる期間には限度が。マスキングテープに中身と日付を記入して袋の上につけておくと見やすく便利。

 

さらに、冷凍によって、栄養価が高まる場合もある。イギリスのチェスター大学などの論文では、冷凍することで、にんじんではルテインが4倍に、ブロッコリーはβカロテンが冷蔵よりも4倍になったというのだ。


■野菜の種類別最適な冷凍方法

 

野菜はしっかり洗って水分をふき取ること。保存袋は、冷凍用保存袋を使用する。野菜の乾燥と酸化を防ぐために、保存袋の口を閉める際はしっかり空気を抜こう。

 

【キャベツ】カット→保存袋:保存期間1カ月

芯はうす切り、葉はざく切りにして、保存袋に平らに入れる。あまり大きく切ると、解凍したとき繊維が残るので注意。

 

【にら】カット→保存袋:保存期間1カ月

野菜室で保存すると1~2日でクルクルに。新鮮なにらを3センチいほどの長さにカットし保存袋に入れて冷凍すれば、色も香りもキープできる。

 

【小松菜】カット→保存袋:保存期間1カ月

アクが少ないので、生のままざく切りして保存袋に入れて冷凍できる。購入時の袋を利用してもよい。凍ったまま調理可能。

 

【ブロッコリー】房と茎を分けてカット→保存袋保存期間1カ月

房はひと口大、茎は皮をむいてスライスして、それぞれ保存袋に入れて冷凍。冷凍するとβカロテンが増えるという研究も。

 

【三つ葉】カット→保存袋:保存期間1カ月

使い切れず、余らせてしまいがちな三つ葉。ざく切りにして保存袋に入れて冷凍すれば、長期間、香りがキープできる。

 

【長ねぎ】カット→保存袋:保存期間1カ月

適当な長さにカットして保存袋へ。冷凍すると、とろりとした食感になり甘味が増す。薬味用に小口切りにしてもOK。

 

【トマト】ラップに包む→保存袋:保存期間2カ月

トマトは冷凍するとヒビが入りやすくなるので、1個ずつ丸ごとラップに包んで保存袋に。冷凍後、流水にさらすと簡単に皮がむける。

 

【きゅうり】ラップに包む→保存袋:保存期間2カ月

包んでから、数本まとめて保存袋へ。凍ったままおろし器でおろせば、そうめんや冷ややっこの薬味になる。

 

【ピーマン】丸ごと→保存袋:保存期間2カ月

ヘタもタネもそのままで、丸ごと水洗いした後、水分をふき取って保存袋に入れる。3~5分の常温解凍で簡単に切れる。

 

【オクラ】丸ごと→保存袋:保存期間2カ月

丸ごと保存袋に入れて冷凍。冷凍すると産毛が気にならなくなるので、手間も省くことができる。粘りも維持される。


■アボカドは切らずに丸ごと、もやしも袋ごと冷凍

 

【にんじん】カット→保存袋:保存期間1カ月

いちょう切りや細切りなどにした後、保存袋に入れて冷凍。料理の彩りにも使え、冷凍によってルテインが増加するという。

 

【アボカド】丸ごと→保存袋:保存期間6カ月

そのまま保存袋に入れて冷凍するだけ。皮が分厚いのでラップに包む必要なし。半解凍ではちみつをかければアイスクリームのような食感に。

 

【もやし】買ってきた包装のまま:保存期間3週間

スーパーなどで買ってきた袋のまま冷凍できる。しんなり食感になり味がしみ込みやすくなるので、煮物やスープに活用して。

 

【しいたけ】丸ごと→保存袋:保存期間1カ月

凍ったままでも切れるので、丸ごと保存袋へ。かさばる場合は軸とかさを分ける。いろんなきのこを混ぜて冷凍したミックスきのこは料理に便利。

 

【なめこ】買ってきた包装のまま:保存期間1カ月

袋のまま販売しているなめこは、そのまま冷凍室で保存してOK。半分に折り曲げた状態にしておくと、使用時に割りやすくなる。

 

【いちご】砂糖をまぶす→保存袋:保存期間3カ月

冷凍で甘味が弱くなるため、ヘタを取って保存袋に入れたら1パックあたり大さじ3の砂糖をまぶす。

 

【ブルーベリー】丸ごと→保存袋:保存期間3カ月

傷んだ実は取り除いて、丸ごと保存袋に入れる。冷凍すると眼精疲労を回復させるアントシアニンが増えるという研究結果も。

 

腐らないうえに、栄養も増える食品の冷凍保存で大値上がり時代を乗り切ろう!

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ