あなたの健康はお金で買えますか・・・? 中高年はCT必須! 早期発見できる人間ドッグのオプション検査
fc2ブログ

中高年はCT必須! 早期発見できる人間ドッグのオプション検査

長引くコロナ禍で健康診断、人間ドックなどの受診を控えて、病気の進行を招いてしまったというケースが後を絶たない。

 

「2人に1人ががんにかかると言われているのに、忙しいからとがん検診を後回しにすることは、リスクを無視しているのと同じことです。早期発見して適切な治療を受けること。でも、私は一般的ながん検診や人間ドックは患者さんにおすすめしていません。精度の高い部位別のオプション検査を受けるほうが早期発見できます」

 

そう語るのは、糖尿病の専門医として年間3千人以上の患者を診ているAGE牧田クリニックの牧田善二院長。特に、糖尿病の患者はがんの罹患率が高まるため、早期発見できる精度の高いがん検診をすすめているという。

 

「血液検査、尿検査、血圧測定という基本項目は、健康診断で受けておきましょう。それにプラスして、脳はMRI(磁気共鳴画像)、首から下腹部まではCT(コンピュータ断層撮影)検査で体内を輪切りにして見る、胃と腸は内視鏡カメラで粘膜を直接見る、この3つで全身をチェックできます。CT検査による放射線の被ばく量は少ない量ですが、どうしても心配という方には、MRI検査に変えるプランもあります。私のクリニックでは毎年50人弱の患者さんにがんが見つかりますが、早期に治療につなげることができているので、大事に至らずに済んでいます」(牧田院長・以下同)

 

■認知症の早期発見に脳MRIとVSRAD

 

読者世代は家族の健康を優先して、自分のことは後回しにしがちだが、いつまでも元気で過ごすためにも健康なときに体の隅々をチェックしておきたい。そこで、牧田院長に50代以降が受けておきたいおすすめオプション検査を教えてもらった。

 

まず、脳MRI検査では、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍のほか、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の兆候など、すべてがわかる。

 

「認知症を早く見つけるためには、脳MRI検査と同時にVSRAD(ブイエスラド)という画像診断装置で脳の海馬が萎縮しているかどうかを確認するとよいでしょう」

 

最近、大気汚染などの影響があり、肺がんで亡くなる女性が増えている。がん部位別死亡数(厚生労働省「2020年人口動態統計確定数」)で肺がんは2位だった。

 

「胸部エックス線検査では小さな肺がんは写りません。最初から胸部CTで検査しておけば、早期発見できます。肺がんの摘出手術は肋骨を取り除いて大がかりになりますが、早期であれば体にダメージが少ないロボット手術を受けることができ、元の生活に戻れる確率も上がります」


■乳腺MRI検査で小さながんも発見

 

大腸がんは女性の死亡数1位で、患者はここ50年間で約6倍にも増えているという。

 

「一般的に大腸がんの検査は便潜血検査で陽性反応(出血)があれば、内視鏡検査を行いますが、早期がんの見落としもあります。初めから内視鏡検査を行えば、早期がんを見つけやすく、ポリープがあればその場で切除もできます。肛門から内視鏡を入れるのに抵抗を感じるのであれば、大腸CTがおすすめです。ポリープの切除はできませんが、内視鏡では観察しづらい大腸のひだや曲がり角の裏なども観察できます」

 

おなかの中で臓器は重なり合っていて、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓では、5年生存率の低いがんができる可能性がある。

 

「腹部CTではエコー検査では見つかりにくい深部臓器の状態がわかります。がんの有無だけでなく、腹部リンパ節への転移の有無などを確認します。上腹部MRIに置き換えることもできます」

 

国は乳がん検診を推奨するが、マンモグラフィーは痛みを伴う。

 

乳房MRI検査は、小さながんを発見できるうえ、10分程度、横になって寝ているだけで終了する。子宮・卵巣も、全体の異変を察知できるMRIがおすすめ。

 

「がんのほかにも、心筋梗塞を予防するために冠動脈の狭窄を正確に知ることができる冠動脈CT、肩や腕のしびれ、腰の痛みや足のしびれの原因を見つけるためには頸椎、腰椎MRI検査が有効です」

 

一度に全部の検査を受けると費用がかかってしまうが、脳MRIは、5年に一度のペースで受診し続け、CT検査はできれば毎年受けておきたい。また、検診センターに直接申し込む方法もあるが、かかりつけ医の先生と相談して申し込んだほうが安心できる。


■「基本的検査」にプラスしたい、牧田先生おすすめオプション検査

 

【基本的検査】(血液検査、尿検査、身体計測など)

夫が会社員で健康保険組合に加入していれば、扶養家族は毎年特定健診が受けられる。自営業者は国民健康保険に加入しているので、毎年自治体の健康診断が受けられる。

 

【脳MRI、MRA(VSRAD)】

費用の目安は約3万5,000円~(自由診療、以下同)

 

【胸部CT】

肺や気管支にある小さな異変を発見できる。費用の目安は約1万3,000円~。

 

【腹部CT】

腹部にある臓器、主に肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などを観察。費用の目安は約1万3,000円~。

 

【大腸CT】

内視鏡を使わず大腸の内部を隅々まで観察する。費用の目安は約3万円~。

 

【上腹部MRI、MRCP】

上腹部MRIで肝臓、胆のう、膵臓を観察。さらにMRCPで膵管、胆管も同時に観察。費用の目安は約2万9,000円~。

 

【胃と腸の内視鏡】

内視鏡検査で直接、消化器の粘膜を見る。胃の内視鏡検査ではのど、食道、胃、十二指腸まで観察。腸の内視鏡検査では大腸と小腸の一部を観察。費用の目安は約4万円~。

 

【マンモ(乳房)MRI】

乳腺の密度に関係なくしこりを画像化できる。費用の目安は約2万9,000円~。

 

【子宮・卵巣MRI】

子宮と卵巣にある病変を見つけることができる。費用の目安は約2万9,000円~。

 

【冠動脈CT】

心筋梗塞を予防するため冠動脈の狭窄を正確に知る。医師の紹介状ありで約1万2,000円~。

 

【頸椎・腰椎MRI】

肩や腕の痛みやしびれ、腰の痛み、足のしびれなどの症状の原因である、頸椎・腰椎を検査。医師の紹介状ありで9,000円~。

 

「忙しい」を理由にしないで、今こそ自分の体と向き合おう。

 

【PROFILE】牧田善治

糖尿病専門医、医学博士。AGE牧田クリニック院長。ダイエットの分野でも活躍。『人間ドックの9割は間違い』(幻冬舎新書)など著書多数

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ