あなたの健康はお金で買えますか・・・? 陣痛は寝ると遠のく?寝ると遠のく理由と陣痛を起こす方法
fc2ブログ

陣痛は寝ると遠のく?寝ると遠のく理由と陣痛を起こす方法

臨月に入り出産予定日が近づいてくると、気になるのはいつ陣痛が来るのかということ。下腹部を中心に陣痛のような痛みを覚えて「いよいよか?」と思ったら遠のいてしまい、出産は結局2日後だった、などといった先輩ママの経験談も耳にします。陣痛に関しては「寝ると遠のく」ともいわれますが、これは本当なのでしょうか。

陣痛が遠のく場合、それは前駆陣痛かも?

「痛」の字がつくことから「痛み」というイメージが強いです。陣痛は子宮が収縮することを指すため、分娩(ぶんべん)のときだけでなく、妊娠経過中でもしばしばみられます。お産が近づいてくると、陣痛はさらに頻繁に生じるようになります。そしていよいよ出産!となったときに起こるのが本陣痛です。

お産に備えて起こる陣痛もある…前駆陣痛

臨月に入ると、お産に向けての準備が進んでいきます。その中で、生理痛のような痛みや下腹部の張りなどが生じることがあります。この痛みは前駆陣痛と呼ばれているもので、子宮が収縮することによるものです。

前駆陣痛は、お産に備えて子宮下部や子宮頸管(けいかん)を柔らかくするために生じると考えられています。生じる間隔や持続時間が不規則であること、痛みの強さもまちまちであること、姿勢を変えることで痛みが治まる場合が多いこと、などが前駆陣痛の特徴です。

本陣痛は、痛みが次第に強くなっていく

したがって陣痛(本陣痛)のように感じられても、横になるなどして姿勢を変えたら痛みが遠のくようであれば、前駆陣痛である可能性が高いかもしれません。本陣痛は痛みが徐々に強くなってくるのが特徴です。痛みの範囲も広がっていきます。

下腹部からおなか全体、腰、下半身へと広範囲で痛みや重さを感じるようになり、姿勢を変えても痛みは治まりません。眠ろうと思っても痛みで眠れず、寝ていたのに痛みで起きてしまったという人もいるほど。「陣痛が寝ると遠のく」ここでいう陣痛が前駆陣痛のことであれば、たしかに寝る(姿勢を変える)と痛みが遠のく場合が多い、といえましょう。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ