あなたの健康はお金で買えますか・・・? 視力の低下で「見えづらい」ときに有効な頭がい骨矯正術
fc2ブログ

視力の低下で「見えづらい」ときに有効な頭がい骨矯正術

「最近ますます視力が落ちてきた」「視界がぼんやりする」という人が増えている。それって、コロナ禍で重なった複数の悪条件が原因かも。あなたが整えるべきは頭がい骨のゆがみと、それを引き起こす日常の姿勢だったーー。

コロナ禍で視力の低下を訴える人が増えている。情報を得るためにスマホの使用頻度が増加し、整っていない環境でのパソコン操作が必要になり、ほかにも、動画配信チャンネルの視聴が慢性化するなど、目の酷使が主たる原因だと思われがちだが……。

「根本的な問題は、頭がい骨のゆがみ。それを正せば改善します」

そう提唱するのは、骨格矯正の第一人者にしてゴッドハンドの、清水ろっかん先生だ。

「最初に気づいたのは10年以上も前、もともとは、小顔矯正のために頭がい骨や眼窩(眼球のおさまった骨のくぼみ)を正しい位置に戻す施術がきっかけでした。矯正をした多くの方から『視界が広がってクリアになった』『視力が上がった』という声が届き、頭がい骨と視力の関係に着目するようになったのです。

研究を重ねるうち、頭がい骨のゆがみから眼窩が押しつぶされ、眼球に負荷がかかり、この状態が視力にまつわる不調を引き起こしている、という推測に至りました」

実際、施術に通う女優のなかには、視力が両目あわせて0.7も回復したという人も。また、近年はテレビ番組などで“若年性近視”が取り上げられるようになり、その原因として前述のようなメカニズムが解明されつつある。その際、キーワードとなるのが「眼軸長」だ。

眼軸長とは、角膜から網膜までの長さのこと。正常な長さなら網膜で焦点が合うが、眼窩によって押しつぶされた眼球が前に飛び出て眼軸長が伸びると、焦点が網膜より手前で合ってしまうため、遠くが見えづらくなる。

なお、眼球に負荷がかかった状態が引き起こすのは、視力の低下だけではない。ろっかん先生は著書『手のひらマッサージで目の不調がスッキリ整う 眼圧リセット』(飛鳥新社)のなかで、ドライアイや緑内障といった病気の引き金にもなる、と解説している。

「だからこそ、いつでも自分で矯正できることが重要です。私が施術する際は、ある程度、強い力をかけますが、人間の体とは不思議なもので、“気持ちいい”と感じることでこわばりが解け、骨は弱い力でも素直に動いてくれます。また、動きやすい方向もあるので、コツさえつかめば簡単ですよ」

■セルフ矯正は簡単3ステップ!

【1】押しつぶされた側頭骨を伸ばす

横につぶれて張り出しやすい側頭骨(こめかみの斜め上あたり)を正すことが、眼窩を広げる第一歩。指先を上に向け、手のひらを側頭骨に置く。頭頂部に向かって、頭皮をグイッと伸ばすような感覚で、気持ちいい程度に押し上げる。両ひじは机に置いて固定すると、力を加えやすい。

【2】垂れ下がった前頭骨を押し上げる

うつむき姿勢によって前に垂れ下がった前頭骨(眉間の上あたり)を正す。手のひらを前頭骨に向かって押し上げる。もう一方の手をひじに添えたり、ひじを机に置いても力を加えやすい。また、額にティッシュを当てるとすべらない。

【3】眼球を圧迫している眼窩を広げる

親指と人さし指で鼻骨(目頭のわき)をつかみ、鼻を押し下げる。同時にもう一方の手を頭頂部に向かって押し上げる。鼻骨をつかむ手は薬指を添え、前頭骨に当てるほうの手はひじを机に置くと力を加えやすい。目を大きく、鼻を高く見せる効果もある。

また、ろっかん先生によれば、頭がい骨がゆがむ根本原因は、姿勢の乱れ。ステイホームで座っている時間が増えたことに加え、スマホやパソコンの操作、不安やストレスでうつむきがちになることも悪影響をおよぼしている。

「“必然的に姿勢がよくなる”生活習慣を紹介するので、セルフ矯正と併せて実践してみてください」

■座骨クッション

座り方は特に大事で、よい姿勢を身につけるいちばん簡単な方法は、クッションや丸めたタオルを置き、座骨が当たるようにお尻の半分を乗せて座ること。これはお坊さんが座禅を組むときと同じ方法で、強制的に骨盤が立って姿勢がよくなり、しかも疲れにくい。

「頭がい骨のゆがみが解消されれば、目がパッチリする、目の下のクマが目立たなくなるなど、美的効果のおまけもついてきますよ」
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ