あなたの健康はお金で買えますか・・・? 種には毒?びわを長持ちさせる保存の仕方や美容に役立つ栄養素について解説
fc2ブログ

種には毒?びわを長持ちさせる保存の仕方や美容に役立つ栄養素について解説

初夏の時期に旬を迎えるびわ。やさしい甘みとほのかな酸味がおいしい果物ですが、出回る時期が短いので、見かけときにはぜひ味わってほしいフルーツの1つです。では、買うときにはどんなものを選べばいいのか、さらに栄養価などについて、野菜ソムリエプロの福島玲子さんに教えてもらいました。

【写真7枚】新鮮なびわの”証拠”「産毛」が生えているびわの写真。他、皮をむいたツルンとしたびわ

* * *

フレッシュなびわの見極めポイント&保存のコツ

新鮮なびわを見極めるポイントは産毛です。びわの表面の産毛がしっかり生えているものは鮮度がよく、産毛がないものは完熟し過ぎです。

色は濃いほうがよく、左右対称の形をしているものは、バランスよく栄養が行き渡り、順調に成長した証拠といえます。また、ヘタが折れ曲がったりせずにしっかりとしていること、表面に傷や茶色くなった部分がないことをチェックしましょう。

買ったあとの保存は、冷暗所で乾燥を避けるのがコツ

びわはデリケートなフルーツで、さわったりキズをつけたりするとすぐに傷んでしまうので、できるだけ早めに食べましょう。手に入れた当日に食べられないときは、乾燥を避けるために新聞紙に包んで、風通しのいい冷暗所に置くといいですよ。高温多湿に弱いので、注意してくださいね。

保存の目安は2~3日程度ですが、どうしても2~3日以内に食べられないというときは、コンポートやシロップ煮に加工するのがおすすめです。

褐変に注意&皮を剥くときは下部から

びわは褐変(かっぺん)するフルーツです。皮をむいたあと、そのまま放置すると、黒ずんで茶色がかった色に変化してしまいます。りんごと同じように、塩水やレモン水に浸すといくらか色止めができますが、皮をむくのはできるだけ食べる直前にしましょう。

また、皮をむくときはお尻側からはがすときれいにむけますよ。

健康果実と呼ばれるほど高い、びわの栄養価

びわは栄養が詰まっていて、健康果実と呼ばれることもあるほどです。昔からびわの木には薬効があると言われていて、3000年前のインドの古い仏典では「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」という名で登場するほど。日本でも、江戸時代から漢方薬や民間療法として使われてきたそうです。そんな、昔から健康のために重宝されてきたびわにはどんな栄養があるのでしょうか。

β-カロテンとβ-クリプトキサンチンが豊富

強い抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑えて取りのぞく働きがあるβ-カロテンが豊富です。肌に潤いを与えるなど、アンチエイジング効果が期待できます。また、β-クリプトキサンチンは、内臓脂肪低減や美肌に効果があるという研究結果があります。

ほかにも、余分なナトリウムを体外に排出して、摂り過ぎた塩分を調節する働きのあるカリウムや、抗酸化作用の高いポリフェノールも多く含んでいます。

びわは葉にも栄養がたっぷり!

びわの葉は昔から腰痛や腹痛など、幹部に当てると痛みに効くと、民間療法に利用されてきました。びわの葉茶などが販売されていますが、これはシミのもとを抑えたり、肌のハリを保つコラーゲンの生成を促進したり、ニキビ予防につながる抗菌作用があるそうです。

びわの種には毒がある

うれしい栄養素を多く含むびわですが、あんずの種などと同じ、アミグダリンやプルナシンという青酸を含む有害な天然のシアン化合物が含まれています。体に毒となる物質なので、ジュースやスムージーを作るときには、ミキサーなどで一緒に粉砕しないように注意しましょう。

ちなみに、近年では千葉県産の種無しびわも販売されるようになりました。

◆教えてくれたのは:野菜ソムリエプロ・福島玲子さん

ふくしま・れいこ。野菜ソムリエプロのほか、アスリートフードマイスター2級、ジュニア食育マイスター、食の検定1級、ベジフルカッティングスペシャリスト、エコクッキングナビゲーターなど多数の資格を持ち、日本野菜ソムリエ協会創立 20 周年記念事業『野菜ソムリエ名鑑 vol.1』に掲載されている。現在は、“野菜や果物から健康に”との考えを大切に講演・セミナー講師、イベント・セミナー運営サポート、コラム、料理教室、レシピ開発や監修・ジュニアアスリートの栄養指導・など、多岐にわたって活動中。

構成/イワイユウ

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ