あなたの健康はお金で買えますか・・・? 高齢者に多い脊柱管狭窄症、鎮痛剤服用は慎重に 根本的解決にならず、腎臓への負担も
fc2ブログ

高齢者に多い脊柱管狭窄症、鎮痛剤服用は慎重に 根本的解決にならず、腎臓への負担も

体が痛みを覚えた時、つい頼ってしまうのが鎮痛剤。薬や湿布など鎮痛剤に頼る人が多いのが腰痛だ。特に年を重ねると腰から下に痛みやしびれが出る「脊柱管狭窄症」に悩む人が増える。東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター特任教授の松平浩さんが解説する。

【イラスト付き図解】寝ながら行う「ひざ抱えストレッチ」。他、肩のストレッチ、「立つ時の力の入れ方」などにも言及する「痛みに負けない体を作る方法」

「太い神経が通っている背骨の中のトンネルである『脊柱管』が狭まることで腰痛や太もも、ひざより下の脚のしびれや痛みが出て歩きづらくなる状態のことを指します。加齢による腰椎や背骨の組織の変形が原因だとされており、70才を超えると患者数が一気に急増します。

 ロキソプロフェンやジクロフェナクナトリウムなどNSAIDsの、のみ薬や貼り薬、塗り薬を使っている人も多いですが、高齢者には腎機能が低下している人が多く、特にのみ薬は安易に使うと腎臓への大きな負担となる。夏場の脱水が起きやすい季節は、腎臓への血流が減少し腎機能が低下するため、危険度が増します」(松平さん・以下同)

 問題なのは、腎機能低下のリスクを伴ううえ、鎮痛剤が根本的な解決にならないこと。

「痛みそのものはわずかな時間取り除かれますが、体に変化があるわけではないため、再発の予防にはつながりません。一方で脊柱管狭窄症は、血流の改善によって一時的ながら症状が改善するため、運動やストレッチには効果がある。椅子に座って前屈みのポーズを取るだけでも狭窄を和らげることができますし、寝転がってできる『ひざ抱えストレッチ』も脊柱管を広げて神経の血流をよくしてくれます。こうして症状が和らいだ状態で体幹を鍛える運動を取り入れれば、再発予防の“貯金”ともいえる余裕ができる。試してみてほしい」

 並行して取り組むべきは生活習慣の改善だ。

「強い筋肉や骨を作るためには、たんぱく質と不足しがちなビタミンD摂ることが重要です。適度な日光浴とともに鮭や卵を積極的に食卓に取り入れてください。また、睡眠の質が低下すると痛みに敏感になりやすいという調査もある。『食事・睡眠・運動』の三位一体に留意したことで、当面手術を避けられたケースもあります」

股関節の痛みは“詰まり”から

 脊柱管狭窄症と並んで年を重ねると直面する人が増えるのは、股関節の痛みだ。

「股関節に痛みが出る原因は、使い方が悪いと筋肉が硬くなり、正しい動きができなくなってしまい、変形してしまうことにあります。通常、股関節は曲げる際に外転・外旋させて動かしますが、姿勢や歩き方が悪いと股関節まわりの筋肉が緊張して内側に内旋し、可動域が狭くなって変形したり、痛みにつながる。

 つまり、筋肉を緩め、詰まっている部分をほぐして正しい動きができるようにすれば痛みは和らぐということ。ひざ立ちで行う太もも前ストレッチやあお向けで行う股関節の筋トレを1日3セット行うことで、症状は大きく緩和されます」(宮岡さん・以下同)

肩こりの原因は肩以外にある

 急遽導入されたテレワークで、体に合わないデスクや椅子による首・肩の痛みを訴える人が増加している。湿布やマッサージ店のお世話になっている人も多いだろう。しかし、宮岡さんは首や肩の痛みやこりはその部分以外に原因があることがほとんどだと指摘する。

「そのため、首や肩そのもののマッサージや湿布で改善されないことがほとんどです。こりの本当の原因は、猫背や前屈みの姿勢を長時間続けることで肩甲骨についている筋肉や胸の筋肉が緊張し、肩が前に引っ張られ、首や肩の筋肉がぴんと伸ばされ負担をかけていること。正しい姿勢を体に覚えさせ、筋肉を緩ませると楽になる。壁を使ったストレッチが効果的です」

 日常生活を少し変化させることで痛みを軽減する方法もある。長澤さんが話す。

「肩こりに代表される整形外科的な痛みは、入浴によっても軽減が可能です。鎮痛剤によって起きる血管の収縮拡張を外部からの熱で発生させることで、痛みを取ることができる。実際にお湯にしっかりつかることで、筋肉痛や腰痛などが改善した例はよく聞きます。ポイントは、温度が高めのお湯につかること。43℃程度が最も血管拡張効果が高いとされています」

※女性セブン2022年6月23日号

関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ