あなたの健康はお金で買えますか・・・? 1000万人以上が悩む!?「気象病」の原因と症状を天気痛ドクターが解説
fc2ブログ

1000万人以上が悩む!?「気象病」の原因と症状を天気痛ドクターが解説

雨の日や気候が変わるタイミングで、頭痛などの不調に悩まされる人は少なくありません。

でも、不調があってもそれが天気のせいだと気づいていない人も多いと、日本で初めて気象病・天気痛外来を開設した『1万人を治療した天気痛ドクターが教える「天気が悪いと調子が悪い」を自分で治す本』(アスコム)の著者・佐藤純さんは話します。

そこで、「気象病」の症状と、体調不良の原因を自覚することの必要性について教えてもらいました。

天気の影響で起こる気象病と天気痛

天気の影響を受ける病気や症状は気象病という総称で呼ばれています。その不調は、肩こりや首こり、めまい、腰痛など直接痛みが現れるもの、だるさや気分の落ち込み、うつ症状といったメンタルに関与するものなど、多岐に渡ります。なかでも、もっとも多いのは頭痛です。

気象病のなかでも、とくに痛みにまつわる症状を私は「天気痛」と名付けています。頭痛のほかに、関節痛などがそれにあたります。

◆気象病に悩む日本人は「1000万人以上」

以前、愛知県尾張市に住む20歳以上の住民6000人を対象に、アンケートを行いました。「体のどこかに3か月以上続く慢性的な痛みがありますか?」と言う質問に、約39%の人が「はい」と答え、そのうち約25%は天気が悪いとき、あるいは天気が崩れるときに症状が悪化するとも回答しています。

この割合を日本の20歳以上の人口に当てはめると、実に1000万人以上が天気の影響を受けていることになるのです。各地でさまざまな異常気象が観測される昨今、それに伴い気象病・天気痛外来を受診する患者さんも増えています。

◆自分では気づきにくいやっかいな気象病

気象病の症状には個人差があり、ひどい場合は動くことすら難しくなりますが、自分では判断がつきにくいのがやっかいなところです。例えば、雨の日に体調を崩しやすかったり、気分が落ち込んでしまったりする傾向があっても、それが雨のせいだと自覚できていないことも多々。

不調を感じても、はっきりした病気でないから頑張るしかないと無理をしてストレスを溜め込み、うつや不眠といった症状を誘発する原因になることもあります。

さらに、気象病のつらさは自分以上に他人にはわかりにくいので、仮病やサボりと思われ、他人からの懐疑のまなざしに心を病んだり、人間関係にまで影響が出たりするケースもみてきました。

とくに思い当たる原因がないのに、調子がおかしいと思ったら、天気との因果関係を疑ってみましょう。原因が天気だとわかり、誰にも理解してもらえなかった不安が取り除かれたことで、症状がよくなった事例もあります。

また、どんな天気のときにどんな痛みの症状が出るのかについて、部位、程度、時間帯など、具体的に日誌につけて、医師に相談するときに持っていくといいですよ。

気象病はなぜ起こるのか?原因と症状
気象病は医学的な“病名”ではなく、天気の影響を受けて体に慢性の痛みが生じたり、症状が悪化したりする病気の総称です。

◆タイプ別気象病の特徴

気象病には「気圧タイプ」「気温タイプ」「湿度タイプ」、そして複合型の「気圧・気温タイプ」の4つがあります。「気圧タイプ」は天気の崩れに弱く、めまい、倦怠感、眠気などが現れ、その後に頭痛などの痛みに襲われます。天気が悪いときではなく回復に向かうときに体調を崩す人もいます。

「気温タイプ」は寒暖差に弱いです。片頭痛は暖かくなると悪化し、肩こりや緊張型頭痛は寒くなると悪化します。気分の浮き沈みに気温が影響することもあります。

「湿度タイプ」は湿度が低いときより高いときに症状が出やすくなるので、梅雨になると体調が悪くなりがちです。湿度の影響をもっとも受けやすい病気が関節リウマチといわれています。

◆ストレスが気象病の原因

「気圧」「気温」「湿度」の変化を感じると体がストレスを受け、呼吸や血液循環など生命活動をつかさどっている自律神経が影響を受けることが気象病の原因となります。

日中など活動中に優位になる交感神経は、睡眠中などリラックスしている時に優位になる副交感神経と対になって機能し、この2つを自律神経といいます。交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまくできなかったり、どちらかが過剰に働いていたりするのが、自律神経が乱れている状態ということです。

頭痛、肩こり、耳鳴り…代表的な気象病の症状

自律神経の乱れは、ストレス社会に生きる現代人の体調不良にも大きく関わっており、すでに起こっている不調に天候によるストレスが加わることで、より重い症状となって現れることもあります。代表的な症状をチェックして、当てはまるものに悩んでいる人は気象病を疑ってみてください。

◆頭痛

こめかみ周辺がズキズキ、ドクドクと脈打つように痛むのが特徴の「片頭痛」と首(広頸筋群)、頭部(側頭筋)、肩・背中(僧帽筋)などの筋肉の緊張で起こる「緊張型頭痛」が主に該当します。片頭痛は、痛みを脳に伝える三叉神経が血管の拡張で刺激されることによって生じると考えられています。

片頭痛では、症状が出る数日~数時間前から「眠い」「気分が悪い」「生あくびが出る」などの予兆があり、その予兆が天気の変化(気圧の変化)と連動している場合が多く見受けられます。

緊張型頭痛は、微妙な気圧の変化が身体的ストレスとなって交感神経の働きが優位になり、首や肩の血管が収縮して血流が低下し、引き起こされると考えられます。

◆首痛・首のこり

首の筋肉の弱い人やスポーツ等で首を痛めたことのある人に現れることが多い症状。首周りの筋肉が緊張し、血行が悪くなることで起こりやすいです。気象病の症状と深く関わっている自律神経は、脳の視床下部から首を通って全身に張りめぐらされているので、首にダメージがあると自律神経にも影響がおよびやすいと考えられます。

◆肩痛・肩こり

首の痛みやこりと同様のメカニズムで、筋肉の硬直と血行不良が主な原因です。デスクワークの時間が長く、前傾姿勢になりがちな人に多く発症します。

◆めまい

体のバランスを保つ感覚をつかさどる耳と脳のシステムに異常が発生することによって起こる症状で、内耳にあるセンサーが気圧の変化に反応することが原因と考えられます。ストレートネックで首が不安定な状態になり、めまいが起こるケースもあります。

◆気管支喘息

突如として呼吸が苦しくなり、せきが出て止まらなくなってしまう病気です。ハウスダストや花粉などによるアレルギー反応が起こると、症状が出始めます。気温と気圧が大きく下がる秋口などの季節の変わり目は、とくに悪化しやすいので要注意です。

◆関節リウマチ

免疫機能の誤作動によって自分の体を攻撃してしまう「自己免疫疾患」の一種。膠原病(こうげんびょう)のひとつとされ、手足の関節に痛み、腫れ、こわばりなどが生じる病気です。昔から「雨が降ると症状が悪化する病気の代表例」と認識されていて、気圧や湿度の変化が痛みを悪化させるという研究結果も出ています。

また、ひざ痛や関節痛も気圧の変化で悪化すると言われています。

◆うつ・不安症

マイナス思考が進み、仕事をはじめとする行動に対する集中力が落ち、無気力、不眠、食欲不振などをもたらす心の病です。場合によっては頭痛を引き起こすこともあります。

うつは、脳内の神経伝達物質に異常が生じることで起こるとされており、治療には神経伝達物質のバランスを調整する抗うつ剤などが用いられます。気圧の微妙な変化が症状と関連していることがわかってきています。

◆耳鳴り

原因不明とされることが多い耳鳴りですが、中耳炎などの疾患が原因となったり、ヘッドフォンなどで大音量の音楽を聴いたりすることで起こることもあります。精神的・身体的ストレスによる自律神経の乱れで起こりやすい傾向があり、気圧の変化による自律神経への影響で起こっている可能性があります。

◆教えてくれたのは:天気痛ドクター・医学博士・佐藤純さん
日本慢性疼学会認定専門医。中部大学生命健康科学研究科教授。愛知医科大学客員教授。1983年に東海大学医学部を卒業後、名古屋大学大学院での研究、米ノースカロライナ大学での留学や名古屋大学教授を経て、2005年より愛知医科大学病院・いたみセンターで日本初の「気象病外来・天気痛外来」を開設。30年以上にわたり、気象と痛み、自律神経との関係を研究。2020年にウェザーニューズと共同開発したアプリ「天気痛予報」をリリース。メディア出演も多数。著書に『1万人を治療した天気痛ドクターが教える「天気が悪いと調子が悪い」を自分で治す本』(アスコム)など。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
スポンサーリンク
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ